ラグナー・グラニト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ragnar Granit.jpg
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1967年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:視覚の化学的生理学的基礎過程に関する発見

ラグナー・アーサー・グラニト(Ragnar Arthur Granit、1900年10月30日 - 1991年3月12日)は、フィンランドヘルシンキ生まれの科学者で、ハルダン・ケファー・ハートラインジョージ・ワルドとともに1967年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

グラニトは1927年にヘルシンキ大学の医学部を卒業した。そして冬戦争でフィンランドがロシアから攻められた時には、安心して研究ができる環境を求めてスウェーデンストックホルムに移住した。1935年からヘルシンキ大学教授、1946年からはカロリンスカ研究所教授を歴任した。

1940年の夏にグラニトはスウェーデンに帰化し、1945年まで続いたフィンランドでの戦争を気にせずに研究に専念できるようになった。しかし同時にフィンランドの国籍も捨てず、生涯を通じてフィンランドへの愛国心を保った。フィンランドとロシアの間の戦争が終ると、グラニトはフィンランドとスウェーデンの両方で生活を送った。

グラニトは、自身の受賞したノーベル賞はフィンランドとスウェーデンで半分ずつだと語っている。