ハワード・マーティン・テミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1975年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:腫瘍ウイルスと遺伝子との相互作用に関する研究

ハワード・マーティン・テミン(Howard Martin Temin、1934年12月10日 - 1994年2月9日)は、アメリカ合衆国遺伝学者ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。

経歴[編集]

レナート・ドゥルベッコデビッド・ボルティモアとともに、1970年代にウィスコンシン大学マディソン校逆転写酵素を発見し、1975年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。さらに彼は、腫瘍ウイルスが逆転写酵素を使って宿主の細胞の遺伝情報をどのように書き換えるかということを明らかにした。またこの発見は、フランシス・クリックが提唱し、広く信じられてきたセントラルドグマの概念に修正を迫るものであった。クリックや当時の他の分子生物学者は遺伝情報は、DNARNAタンパク質と一方向にのみ流れるものだと信じていたが、テミンはある種の腫瘍ウイルスが、逆転写酵素を使ってRNA→DNAの方向に遺伝情報を伝えることができるということを示した。この現象は、同じ頃テミンと一緒にノーベル賞を受賞することになるデビッド・ボルティモアによっても、独立に発見されていた。逆転写酵素は、エイズを引き起こすHIVウイルス性肝炎の原因となるB型肝炎ウイルス (HBV) などのウイルスも持っているため、この酵素の発見は近年の医学における最も重要な発見の一つとなった。また分子生物学におけるPCRや医療診断に使われる重要なツールにもなっている。テミンは1992年にアメリカ国家科学賞を受賞した。

長い間、喫煙の反対論者であり、59歳で肺癌のため死去したが、彼自身はタバコを吸わなかった。ウィスコンシン大学マディソン校の散歩道には彼の名前が付いている。彼は1955年にスワースモア大学で生物学の学士号を取得し、1959年にカリフォルニア工科大学で博士号を取得した。

テミンの弟のピーター・テミンはマサチューセッツ工科大学経済学の教授であり、経済学部の元学部長である。