ヴェルナー・フォルスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Werner Forssmann nobel.jpg
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1956年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:心臓カテーテル法に関する発見、および血液循環系に生ずる病理学上の変化関する発見

ヴェルナー・テオドル・オットー・フォルスマン(Werner Forssmann、1904年8月29日 - 1979年6月1日)は西ドイツエーベルスヴァルデ出身の医師。人間の心臓に初めてカテーテルを通した人物として知られている。マインツ大学医学部名誉教授。

1929年、彼は腕を切開し、自身の心臓の右心房に尿カテーテルを通した。その後、自ら放射線医学の部署まで階段を降りて行き、レントゲン写真を撮って心臓にカテーテルが入っていることを確認した。彼はこの一件で病院を解雇されたが、心臓の研究への貢献により、1956年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

フォルスマンはベルリンで生まれ、ベルリン大学を1929年に卒業した。ベルリン大学を去った後はシュヴァルツヴァルトの辺境地で開業医として働いていたが、ノーベル賞の受傷後はデュッセルドルフ大学教授に招聘された[1]

出典[編集]

  1. ^ わが身にカテーテルを通す”. 日本心臓財団. 2013年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]