コンラート・ローレンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンラート・ツァハリアス・ローレンツ
Konrad Zacharias Lorenz
人物情報
生誕 1903年11月7日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ウィーン
死没 1989年2月27日
オーストリアの旗 オーストリア ウィーン
居住 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ドイツの旗 ドイツ国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ナチス・ドイツの旗 ドイツ国オーストリアの旗 オーストリア
出身校 ウィーン大学
学問
研究分野 動物行動学
研究機関 ケーニヒスベルク大学英語版マックス・プランク研究所
博士課程
指導学生
イレネウス・アイブル=アイベスフェルト
主な受賞歴 ノーベル賞 (1973)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1973年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:個体的および社会的行動様式の組織化と誘発に関する研究

コンラート・ツァハリアス・ローレンツKonrad Zacharias Lorenz, 1903年11月7日 - 1989年2月27日)は、オーストリアの動物行動学者。コンラッド・ローレンツとも表記される。刷り込みの研究者で、近代動物行動学を確立した人物のひとりとして知られる。息子は物理学者のトマス・ローレンツ。父より先に死去した。

生涯[編集]

1903年、オーストリア=ハンガリー帝国時代のウィーン近郊アルテンベルクに生まれる。ノーベル賞受賞に際して書かれた自伝的エッセイで、両親が「私の動物への尋常ではない愛情に対して、おそろしく寛容だった」こと、そしてセルマ・ラーゲルレーヴの『ニルスのふしぎな旅』がガンへの情熱を満たしたことが科学者として重要だったと認めた。はじめウィーン大学医学部で学び医師の資格を得、さらにウィーン大学で動物学を学ぶ。

父アドルフ・ローレンツの願いで、1922年コロンビア大学で医学を学び始めた。しかし1923年にはウィーンに戻り、ウィーン大学で研究を続けた。1928年に医学博士となり、それから解剖学研究所で1933年まで助教授を務めた。1933年に動物学で二つ目の博士号を取得した。1936年に本能に関する国際シンポジウムで重要な友人であり同僚となるニコ・ティンバーゲンと出会った。二人はともに野生の、家畜の、そして雑種のガチョウを研究した。

「腐敗の同様のプロセスは文明化された人間の中でも起きる」のではないかと疑い、恐れ始めた。1940年ケーニヒスベルク大学英語版の心理学の教授となった。1941年にドイツ国防軍に徴兵された。ローレンツはバイクの整備士を望んだが、軍医として配属された。軍務についてすぐにソ連軍の捕虜となり、1942年から1948年まで捕虜収容所で拘束された。そのあいだも医者として働き、「ほとんどは医者だったが、何人かのロシア人ととても親しくなった」。解放された時、書きためていた本の原稿とペットとしていたムクドリを持ち帰ることを許された。ローレンツは「無傷の鳥と原稿を持って」アルテンベルクに戻った。原稿は『鏡の背面』に使われた。

1950年にマックス・プランク協会はDülmenで行動心理学ローレンツ研究所を設立した。1957年にはミュンヘン大学動物学科の名誉教授となった。ローレンツは1958年にはマックス・プランク行動心理学研究所に移籍した。1969年Prix mondial Cino Del Ducaの最初の受賞者となった。

1973年ニコ・ティンバーゲンカール・フォン・フリッシュと共にノーベル医学生理学賞を受賞した。いずれも動物行動学の同僚研究者である。同年にマックス・ブランク研究所を退職したが、アルテンベルクやGrünau im Almtalに住み、研究と執筆活動を続けた。1974年にオーストリアに戻り、オーストリア科学アカデミー動物社会科学研究所の所長になる。

業績[編集]

ティンバーゲン(左)とローレンツ(右)。1978年。

ティンバーゲンとともにローレンツは固定的動作パターン(本能行動)を説明するために生得的解発機構の概念を発展させた。二人は大きな卵や偽のくちばしが固定的動作パターンをより強く引き出すことができること(超正常刺激)を発見した。ウィリアム・マクドゥーガルのアイディアに影響され、ローレンツは行動の動機の「心理流体学的」なモデルを考案したが、それは1960年代に影響力があった「種の維持」論の傾向があった。エソロジーへのもう一つの貢献は「刷り込み」に関する研究である。彼の著作は一般大衆と若い世代に影響を与えた。

ローレンツの最も大きな功績は、動物行動の観察という当時は軽視されていた古典的な手法を厳密に用い、科学の名に値するものに仕立てたことである。生理学解剖学などからはわからない、動物の行動を直接研究する分野が生まれることになった。その中で特に有名なのはニシコクマルガラスハイイロガンの観察研究である。自ら様々な動物を飼育し、解剖したり傷つけたりするような実験は好まなかった。刷り込み現象の発見は、自らのハイイロガンの雛に母親と間違われた体験に端を発したものである。また、そのガンに関する写真集なども出している。だがその説に対しては、後にあまりにも擬人化しすぎているとの批判が向けられた。

ローレンツは、動物の行動は種を維持するためにあると考えていたが、その後、社会生物学の発展などにより動物の行動は種のためではなく自分自身のためであると解釈されるようになっていった。動物行動学は彼が第一線から退く頃には大きく変貌していたが、ローレンツは個体のためという新しい視点の受け入れには消極的だった。変革の立役者の一人であるE.O.ウィルソンは著書の中でローレンツらを論理が粗雑だと批判しながらも、動物の行動が生物の他の形質と同じように進化自然選択の文脈で扱えることを我々に納得させたと評価している[1]

政治的見解[編集]

ローレンツは1938年にナチ党に入党しナチ体制下で大学の職を手に入れた。NSDAPへの入党申請書には「私の研究の全てが国家社会主義思想のために捧げられると、私は言うことができます」と書いた。当時の出版物は、ナチへの共感によって研究が汚されているという非難を後に引き起こすことになる。その頃の出版物の中には疑似科学的な比喩によって表現されていたナチの「人種衛生学」への支持も含まれている。人生の終わり頃には立ち上がったばかりのオーストリア緑の党を支持し、1984年にはハインブルク近くに建てられることになった発電所に反対する草の根運動を支持し、住民投票の象徴となった。

エピソード[編集]

  • イカに関して、「イカは人工的な飼育ができない唯一の生物」と発言していたこともあり、1975年松本元ヤリイカの飼育に成功したことを知ったときは、来日して実際にイカが水槽内で生きている様を一週間見届けるまで信じなかったという。また、その水槽を「全ての水産生物の未来を変える」と評した。
  • ハムスターを「神が都会に住む哀れな動物好きの為に作った動物」と絶賛したが、後々には、脱走したときに家具を破壊されないように注意すべしという旨の話を書いている。
  • 彼は相当な都会嫌いであったといわれている。
  • コンラートは公私ともに、沢山の動物を飼育していた。家中に動物を放し飼いにしていたと、自著などには書かれている。
  • ローレンツの長女・アグネスが幼い頃、放し飼いの生き物に怪我をさせられないよう、妻のマルガレーテは「逆檻の原理」を利用してアグネスを檻に閉じ込めてしまったという。
  • 放し飼いの動物によって、かなりの数の家具などを汚されたり壊されたりした。それでも我慢してくれた両親と妻に感謝していたと自著に述べられている。
  • 子供の頃、ミジンコを手製の網で捕まえた経験から、自然の世界に美しさと不思議があることを知った。それが自然科学に興味を持ったきっかけのひとつだったという。
  • コンラートとその妻・マルガレーテは、互いの飼っている犬の性格が気に入らず、夫婦喧嘩をした。結局、コンラートの飼い犬・チト(シェパード)の息子であるブビが、マルガレーテの飼い犬・ピギ(チャウチャウ)と結婚したことで、けりがついた。この時からコンラートは、チャウチャウとシェパードの雑種の育種をはじめた。その雑種の中で最も忠実だったのは、第二次世界大戦前~その戦時中まで飼っていた、雌犬のスタジだと自著で述べた。

その他にも様々なエピソードが存在する。

ローレンツアクアリウム[編集]

概要[編集]

バランスドアクアリウムとよばれるアクアリウムの一種であるが、ローレンツが著書『ソロモンの指環』の2章で紹介し、有名になったことから、ローレンツアクアリウムと呼ばれることが多い。

これは、バイオスフィア2のような、完全に独立した生態系を作ろうというものではない。ポンプやろ過装置など水質維持用の機材を用いず、水槽内に暮らす生物同士のバランスで水槽内の環境を保つことを目的とするものである。

システム[編集]

  1. 魚などの動物が二酸化炭素や排泄物を出す
  2. 水草藻類など植物体が、それらを吸収して生育する。
  3. 植物による浄化作用で水が浄化される。

こういった生体同士で行われる物質のやり取りを利用する。

作り方[編集]

『ソロモンの指環』の説明より。

  1. 衛生的に問題がない砂をガラス鉢の底に少量敷く。
  2. 数リットルの水を注意深く注ぐ。
  3. 水草の茎を数本入れる。
  4. 適度な光量の窓辺に置く。
  5. 水草が生長を始めたら、適宜動物を入れる。

邦訳著書[編集]

  • 『攻撃 悪の自然誌(1・2)』(みすず書房, 1970年)
  • 『人イヌにあう』(en)(至誠堂, 1972年)
  • 『文明化した人間の八つの大罪』(思索社, 1973年/新思索社, 1990年)
  • 『鏡の背面 人間的認識の自然誌的考察(上・下)』(思索社, 1974年-1975年)
  • 『ヒトと動物』(新思索社, 1975年) 
  • 『行動は進化するか』(講談社[講談社現代新書], 1976年)
  • 『動物行動学』(思索社, 1977年-1980年/筑摩書房[ちくま学芸文庫], 1997年/新思索社, 2005年)
  • 『自然界と人間の運命(1・2)』(思索社, 1983年/新思索社, 2005年)
  • 『人間性の解体』(思索社, 1985年)
  • 『ソロモンの指環 動物行動学入門』(早川書房, 1987年)
  • 『ガンの子マルティナ』(芸林書房, 1988年)
  • 『モラルと武器』(芸林書房, 1988年)
  • 『ハイイロガンの動物行動学』(平凡社, 1996年)

共著[編集]

  • F・クロイツァー 『生命は学習なり わが学問を語る』(思索社, 1982年)
  • カール・R・ポパー 『未来は開かれている アルテンベルク対談』(思索社, 1986年)
  • オスカル・ハインロート 『なぜそんな嘴なのか(上・下)』(マグロウヒル出版, 1990年/筑摩書房 ちくま学芸文庫, 1997年)

参考文献[編集]

  • 『コンラートローレンツ著 日高敏隆・訳 ソロモンの指環 早川書房 2004年7月31日発行版』
  • 『コンラート・ローレンツ著 人イヌにあう 至誠堂』
  • 『ローレンツフォトグラフ』

脚注[編集]

  1. ^ 『社会生物学』,1975

関連項目[編集]