チャールズ・ハギンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1966年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:前立腺がんのホルモン療法に関する発見

チャールズ・ブレントン・ハギンズ(Charles Brenton Huggins、1901年9月22日 - 1997年1月12日)は、カナダ出身のアメリカ合衆国生理学者外科医前立腺癌の専門家としてシカゴ大学でガンの研究を行った。ホルモンによりある種のガンの転移が抑えられることを発見し、ペイトン・ラウスとともに1966年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。この発見は、ガンが化学物質で制御できることを示す初めての成果だった。

ハギンスはカナダのノバスコシア州ハリファックスで生まれ、1920年にアカディア大学を卒業した。彼はその後ハーバード大学に進学し、1924年に医学博士号を取得した。1997年にイリノイ州シカゴで亡くなった。

外部リンク[編集]