フリッツ・アルベルト・リップマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1953年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:代謝における高エネルギーリン酸結合の意義、およびコエンザイムAの発見

フリッツ・アルベルト・リップマン(Fritz Albert Lipmann, 1899年6月12日 - 1986年7月24日)は、ドイツアメリカ人生化学者。1945年に補酵素Aを発見した。この研究により、ハンス・クレブスとともに1953年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

ドイツのケーニヒスベルク(現ロシアカリーニングラード)でユダヤ人の家庭に生まれた。ケーニヒスベルク大学英語版ミュンヘン大学ベルリン大学で医学を学び、1924年にベルリン大学で卒業した。その後彼はハンス・メーアヴァインの元で化学を学ぶためにケーニヒスベルクに戻った。1926年、博士号を取るため、ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム研究所のオットー・マイヤーホフに師事した。博士号取得後は、マイヤーホフについてハイデルベルクのカイザー・ヴィルヘルム医学研究所へ移った。

1939年からはアメリカ合衆国に拠点を移して研究を行い、1949年から57年にかけてハーバード・メディカルスクールで生化学の教授を務めた。1957年からはニューヨークロックフェラー大学で教えた。1966年にアメリカ国家科学賞を受賞した。

外部リンク[編集]