フランク・マクファーレン・バーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Burnet in 1945.jpg
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1960年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:後天的免疫寛容の発見

フランク・マクファーレン・バーネット(Frank Macfarlane Burnet、1899年9月3日 - 1985年8月31日)は、免疫の研究で知られるオーストラリアウイルス学者。ビクトリア州トララルゴンに生まれた。バーネットは1924年にメルボルン大学で医学博士号を、1928年にロンドン大学で博士号を取得した。彼はバクテリオファージウイルスの研究に進み、これらの生態、複製、免疫系との関連に関して数々の発見を成し遂げた。

業績[編集]

1950年代より、彼は免疫学の分野で研究を始め、白血球がどのように抗体を破壊の目標にするのかを説明するクローン選択説の確率に大きく関わった。バーネットとピーター・メダワー免疫寛容の獲得の研究で1960年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。免疫寛容に関する彼らの研究は、臓器移植の技術の基盤となった。

彼は1956年に研究所を出、その後退官する1978年までメルボルン大学で働いた。この間、彼は31の著書と500を超える論文を書いた。バーネットはオーストラリアの医療政策の決定にも重要な役割を果たし、オーストラリア科学アカデミーの設立にも関わって後に会長を務めた。

栄誉[編集]

彼はオーストラリアで最も偉大な科学者の一人に上げられている。また彼は1960年に初代のオーストラリアン・オブ・ザ・イヤーに輝き、1978年にはオーストラリア勲章を受勲してナイトに叙せられた。またノーベル賞の獲得の他に、1952年度のアルバート・ラスカー基礎医学研究賞、1947年度のロイヤル・メダル、1959年度のコプリ・メダルを受賞している。

参考文献[編集]