コンラート・ブロッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンラート・エミル・ブロッホ、1965年
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1964年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:コレステロール、脂肪酸の代謝と調節の機構に関する研究

コンラート・エミル・ブロッホKonrad Emil Bloch, 1912年1月21日 - 2000年10月15日)は、ドイツ出身のユダヤ系生化学者

生涯[編集]

ドイツ帝国のナイセ(現在のポーランドニサ)にて生まれる。ミュンヘンの Technische Hochschule (現ミュンヘン工科大学)にて学ぶ。

ユダヤ系のため、1934年にナチスを避け、スイスダボスの Schweizerische Forschungsinstitut へと向かう。

1936年、アメリカ合衆国に移住する。イェール医学校にて、生物科学部を選ぶ。1938年、コロンビア大学にて生物学のPh.D.を取得する。1939年から1946年までコロンビア大学にて教育を行う。その後、シカゴ大学に移り、その次には1954年にハーバード大学にて生化学の Higgins Professor に就任する。1982年の引退までここで研究を続ける。引退後は、フロリダ州立大学の人間科学部門の上級研究職にあった。1988年にはアメリカ国家科学賞を受賞した。

ニサにあるブロッホの銘板

フェオドル・リュネンと共に、コレステロール脂肪酸の代謝と調節の機構に関する研究により、1964年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

マサチューセッツ州バーリントンにて鬱血心不全により、2000年に死去。