配色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

配色(はいしょく)とは、を配置、構成すること。[1]

自然の中に存在する色は「ただ美しい」が、生産し消費される色の社会は、色彩の科学的な基本を充分に考慮し、感覚面での効果、作用に注目して「配色」されている。

「配色」、つまり色の組み合わせ方を考えることは、感覚面での個性をふまえると同時に、色相明度彩度(色の三属性)の異なる色の無限の組み合わせに挑戦し、選択するという意味であり、グラフィックデザインの根幹をなす仕事であるとも言える。

歴史[編集]

三原色だけで表現されたピエト・モンドリアンライクな作品。

日本には、沈金銀砂幽玄に見られる無彩色の美があり、また一方では十二単歌舞伎などに表現される「多色」の世界にも理解を示してきた。西洋でも中世の禁欲的な色の時代から、ルネッサンスを経て、近代社会、現代社会へと進むにつれて、色彩と配色が、あらゆる場面で「表現の手段」として使われるようになってきた。

フランク・ステラピーター・セッジリーオプ・アートで幾何学的な構成と色彩の階調を表現。さらにピエト・モンドリアンが幾何学的な形態三原色の配置だけで感情を表現し、ジョセフ・アルバースヴィクトル・ヴァルサリが色の組み合わせの美しさを色の正確の変化とシンプルな形で見せた。「影の部分は、隣接する明るい部分の補色に分解される」とする独自の色彩対比による点描を生み出したジョルジュ・スーラ。拡大した印刷の網点をモチーフにする現代アートのロイ・リキテンスタイン。彼らは色彩と配色の科学者であったと言えるかもしれない。

色分解製版という現代印刷の高度化が進み、また光の三原色をディスプレイに表示する技術は、情報化社会へのきっかけをつくりだした。この中で私たちは常に色彩美学や視覚現象に浸っている。

色の対比[編集]

マンセルの色相環
同時対比 (Simultaneous Contrast)
色と色とが一緒につけて並べられたり、大面積の上に小面積の色が置かれたりすると、お互いに相手の色の影響を受けること。
明度対比 (Value Contrast)
明度の異なる2色を並べるときは、明るい色はより明るく、暗い色はより暗く見えること。同じ明るさの灰色を白地の上に置いたときと黒地の上に置いたときとでは、白地の上の灰色は暗く、黒地の上の灰色は明るく感じられる。
彩度対比 (Chroma Contrast)
彩度の高いあざやかな色と彩度の低い濁った色を並べると、あざやかな色は一層明るく、濁った色は一層濁って見えること。色相対比がはっきり出てくるのは、色相距離の近い状態のときである。
色相対比 (Contrast of hue)
色相が異なる2色を並べると2色の色相はいずれも色相環上の反対の方向に移ったように見えること。同じ橙色を赤地の上に配した場合と、黄地の上に配した場合とでは、赤地の上の橙色は黄がかり、黄地の上の橙色は、反対に赤みがかって見えて同じ橙色とは感じられない。
補色対比 (Complementary Contrast)
赤と緑、青とオレンジ色のような補色同士を並べると互いに他の彩度を強調し合うため一層あざやかに見えること。
継続対比 (Successive Contrast)
1色を見た後、他の色を見るときに起きる現象のこと。前に見た色が後に見た色に影響を与える。黒地の上の緑の円形を、しばらく見つめ続けてから目を白地に転ずると白地の上にくっきりと赤の円形が現れて見える。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ カラー・コーディネート、カラー・コンビネーション、カラー・マッチング、カラー・プランニング、カラー・スキーム、カラーリング、カラー・コンディショニング、カラー・コミュニケーションなどとも言う。

参考文献[編集]