暖色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

暖色(だんしょく)は、の種類で、視覚から暖かい印象を与える色。黄色オレンジ色などから受ける。比較的進出して見えるので、別名を進出色という。

暖色の作用[編集]

暖色は人の感情を高揚させ、脈拍呼吸血圧が高まり、自律神経を刺激するため、性ホルモン分泌を促進、筋肉緊張の増大、食欲空腹感の増進効果がある。また、時間の流れが早く感じる作用もあるとされる。

関連項目[編集]