アーネスト・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーネスト・ジョーンズ
Ernest Jones
後列、中央がジョーンズ
人物情報
生誕 アーネスト・ジョーンズ
Ernest Jones
1879年1月1日
イギリスの旗 イギリスウェールズスウォンジー
死没 1958年2月11日(満79歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
居住 イギリスの旗 イギリス
カナダの旗 カナダ
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身校 ロンドン大学医学部
学問
研究分野 精神医学
精神分析学
テンプレートを表示
         精神分析学のシリーズ記事         
精神分析学
photograph

アーネスト・ジョーンズ: Ernest Jones1879年1月1日 - 1958年2月11日)は、イギリス医学者精神科医精神分析家[1]

略歴[編集]

1879年1月1日ウェールズスウォンジー生まれ。1900年ロンドン大学医学部卒業。

人物[編集]

フェレンツィの分析を受け、フロイトユングと交流を持ち、後にフロイトの亡命を助けた。またイギリスにメラニー・クラインを招聘している。1906年には患者への性的逸脱行為を疑われ、1909年から3年間はカナダで働いている。後にイギリスに戻り、精神分析英語圏に広め、定着させることに大きく貢献した[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小此木啓吾 他(編) 『精神分析事典』 岩崎学術出版社2002年ISBN 9784753302031 p.523

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]