寝覚の床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木曽川と寝覚の床
紅葉と寝覚の床(下流側より)
寝覚の床とJR中央本線

寝覚の床(ねざめのとこ)は、長野県木曽郡上松町にある景勝地。国の名勝に指定されている。

概要[編集]

木曽川の水流によって花崗岩侵食されてできた自然地形である。1923年(大正12年)3月7日に国の名勝に指定されている。かつては急流であったが、上流に設けられた木曽ダム1968年に運用開始)などにより水位が下がったために、水底で侵食され続けていた花崗岩が現在は水面上にあらわれている。水の色はエメラルドグリーンである。

中山道を訪れた歌人等によって歌にも詠まれ、長野県歌「信濃の国」の4番にも「旅のやどりの寝覚の床」とうたわれている。

寝覚の床の中央にある「浦島堂」は、浦島太郎弁才天像を残したといわれている。

周囲は公園として整備されている。また川沿いの高所を走るJR中央本線の列車の車窓からも一望できる。中央西線の特急「しなの」では、列車によっては車掌が近くを通過する際にアナウンスをすることがある。

浦島太郎伝説[編集]

寝覚の床には、浦島太郎竜宮城から帰ってきた後の伝説が残っている。

浦島太郎は竜宮城から地上へ帰るが、まわりの風景は変わっており、知人もおらず、旅に出ることにした。旅の途中、木曽川の風景の美しい里にたどり着き、竜宮の美しさを思い出し、乙姫にもらった玉手箱をあけた。玉手箱からは白煙が出て、白髪の翁になってしまう。浦島太郎には、今までの出来事がまるで「夢」であったかのように思われ、目が覚めたかのように思われた。このことから、この里を「寝覚め」、岩が床のようであったことから「床」、すなわち「寝覚の床」と呼ぶようになったという。

その他[編集]

  • 木曽ダム建設時には景観保存が問題となり、1965年(昭和40年)関電が上松町に対し3,990万円の一時補償を行ない、異議求償を求めない契約が結ばれた。

交通[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度46分21.53秒 東経137度41分58.02秒 / 北緯35.7726472度 東経137.6994500度 / 35.7726472; 137.6994500