室戸市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
むろとし
室戸市
Cape-Muroto-20100526.jpg
Muroto Kochi chapter.JPG
室戸市章
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 高知県
団体コード 39202-2
面積 248.30km²
総人口 13,719
推計人口、2014年7月1日)
人口密度 55.3人/km²
隣接自治体 安芸郡東洋町奈半利町北川村
市の木 ウバメガシ
市の花 ハマユウ
市の鳥 メジロ
室戸市役所
所在地 781-7185
高知県室戸市浮津25番地1
北緯33度17分23.8秒東経134度9分7.3秒
Muroto city-office.jpg
外部リンク 室戸市 ホームページ

室戸市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
室戸岬
最御崎寺
吉良川町重要伝統的建造物群保存地区・松本邸

室戸市(むろとし)は、高知県の東南部に位置する

太平洋に突き出した室戸岬があり、水産業ホエールウォッチングで知られ、近年では海洋深層水で知られる。夏から秋にかけては台風の通過が多く、枕崎市潮岬などと並び台風銀座の一つである。

基幹産業の水産業の衰退、人口流出等による過疎化が進行しており、人口高知県内11市で最も少なく、北海道の4市を除くと国内で人口の最も少ないである[1]

地理[編集]

  • 山: 野根山 (983m)、小坂山 (748m)、大角山 (703m)
  • 河川: 室津川・佐喜浜川・羽根川
  • 岬: 室戸岬・羽根岬

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

経済[編集]

産業[編集]

室津港
津照寺から眺める室戸市中心部・室津の街並み

姉妹都市・提携都市[編集]

日本国外[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography39202.svg
室戸市と全国の年齢別人口分布(2005年) 室戸市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 室戸市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
室戸市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 27,445人
1975年 26,660人
1980年 26,086人
1985年 25,309人
1990年 23,308人
1995年 21,430人
2000年 19,472人
2005年 17,490人
2010年 15,210人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

室戸マリンスタジアム

市独自の奨学金制度として「室戸市奨学資金貸与条例」が定められている。なお、奨学金は返還義務がともなう。

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 室戸市立佐喜浜中学校
  • 室戸市立室戸中学校(2010年室戸岬中学校を、2011年室戸東中学校を統合)
  • 室戸市立吉良川中学校
  • 室戸市立羽根中学校
  • 室戸市立中川内中学校

小学校[編集]

  • 室戸市立佐喜浜小学校
  • 室戸市立三高小学校
  • 室戸市立室戸岬小学校
  • 室戸市立室戸小学校
  • 室戸市立元小学校
  • 室戸市立吉良川小学校
  • 室戸市立羽根小学校
  • 室戸市立中川内小学校

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

市内を通過する鉄道路線はない。なお、阿佐線が計画され路線の一部が着工または開業したが、市内の区間は1971年に室戸駅から奈半利駅間の工事実施計画が認可されたものの、着工されないまま未成線となった。

路線バス[編集]

一般路線バス[編集]

都市間バス[編集]

高知龍馬空港高知駅方面への直通便は2007年(平成19年)3月をもって、大阪方面への夜行高速バスは2008年(平成20年)5月をもって廃止されている。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

室戸岬・中岡慎太郎像

出身有名人[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高知県室戸市"都市再生整備計画 高岡地区"平成18年2月(2010年11月14日閲覧。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]