御厨人窟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
五所神社・神明宮
Mikurodo 01.JPG
御厨人窟(左)と神明窟(右)
所在地 高知県室戸市室戸岬町
位置 北緯33度15分5.32秒
東経134度10分48.95秒
座標: 北緯33度15分5.32秒 東経134度10分48.95秒
主祭神 大国主命(御厨人窟)
大日孁貴(神明宮)
別名 御厨人窟
テンプレートを表示

御厨人窟(みくろど)は、高知県室戸市室戸岬町にある弘法大師伝説の残る海蝕洞である。御蔵洞とも表記される。日本の音風景100選四国八十八箇所番外札所の一つ。隣接する神明窟(しんめいくつ)についても記述する。

概要[編集]

御厨人窟と神明窟は国道55号沿いの室戸岬東側に位置する隆起海蝕洞である。洞窟前の駐車スペースとなっている場所は波食台であり洞窟上部の崖は海食崖である。御厨人窟の向かって右側に神明窟がある。それぞれ祠が祀られており、御厨人窟には五所神社があり祭神は大国主命、神明窟は神明宮があり祭神は大日孁貴となっている。

御厨人窟は平安時代初期、当時青年であった弘法大師がこの洞窟に居住したと伝えられている。この洞窟から見える風景は空と海のみで、ここから「空海」の法名を得たとされる。

また、神明窟で難行を積んだと伝えられる。難行の最中に明星が口に飛び込み、この時に悟りが開けたと伝えられている。神明窟は2012年秋より、落石のため立入禁止となっている。

洞窟の中で聞こえる豪快な波の音は「室戸岬・御厨人窟の波音」として環境省の残したい「日本の音風景100選」に選定されている。

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 高知県高等学校教育研究会歴史部会/編 『高知県の歴史散歩』 山川出版社/刊 2006年 208ページ
  • 宮崎建樹/著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編 へんろみち保存協力会/刊 2007年(第7版)