安芸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安芸駅

  1. 土佐くろしお鉄道の駅。本項で詳述。
  2. 高知鉄道(後の土佐電気鉄道安芸線)の終着駅。現在の土佐くろしお鉄道球場前駅の南方約100mにあった。営業期間は1930年4月1日1974年3月31日

安芸駅
Aki station.jpg
あき - Aki
GN28 球場前 (1.5km)
(2.7km) 伊尾木 GN26
所在地 高知県安芸市東浜294
駅番号 GN27
所属事業者 土佐くろしお鉄道
所属路線 阿佐線(ごめん・なはり線)
キロ程 27.7km(後免起点)
電報略号 アキ
駅構造 高架駅
ホーム 島式 1面2線
開業年月日 2002年平成14年)7月1日
備考 有人駅
みどりの窓口設置駅
安芸駅配線図
vSTR-ENDEa d
dSTR vSHI2gl-
vÜSTr vSHI2gl- d
v-SHI2gr vSTR vKDSTe- d
vBHF dSTR vSHI2l-
v-SHI2g+r dSTR vENDEa-STR vKDSTa
d vSTR vSTR-ENDEe vSHI2g+l-
v-STR vÜSTr dSTRc2 vSTR3-
v-STR vSHI2g+l dSTRm+1 STRc4
vÜSTl vSTR- d
dSTR vSHI2g+l-
vSTR-ENDEe d
ホーム

安芸駅(あきえき)は、高知県安芸市東浜294番地にある、土佐くろしお鉄道阿佐線(愛称:ごめん・なはり線)のである。駅番号はGN27

普通列車を中心にこの駅での折り返し列車が多数設定されている。阿佐線のCTCセンターなど運行本部が設置されており、同線の中枢的な役割を担う駅である。

駅構造[編集]

交換設備を備えた島式1面2線のホームを持つ盛土駅であり、有人駅となっている。2つのホームが上り下りに関係なく使用されるため、発車番線には注意が必要。駅北方には検車区も備え、夜間滞泊が設定されている。

駅舎内にはぢばさん市場という売店があり、物産品のほかにもごめん・なはり線関連グッズや、プロ野球阪神タイガース関連グッズも取り扱っている。

のりば
1 ごめん・なはり線(下り) 後免高知方面
2 ごめん・なはり線(上り) 奈半利方面

※基本的には上記の通りであるが、2番線から後免方面列車の発車もある。

駅周辺[編集]

駅前風景

市役所、警察署、税務署、消防署などの公共施設が付近にあり、安芸市の自治における中心となっている。また、量販店のほか、飲食店も比較的多くある。駅南方を国道55号線が走っており、この道路に沿うようにヤマダ電機テックランド高知安芸店(徒歩10分)など各種店舗が並んでいる。

おもな観光スポットとしては内原野公園、安芸城趾、安芸市立書道美術館、野良時計、岩崎弥太郎生家跡がある。

歴史[編集]

接続するバス路線[編集]


  • 安芸市(元気バス)
    • 大井・古井・別役方面
    • 江川・八ノ谷方面
    • 寺内・畑山方面
    • 一ノ宮・尾川方面
    • 内春野・一ノ宮方面循環
    • 江川・宮田岡方面循環

イメージキャラクター[編集]

あき うたこちゃん

名称は「あき うたこちゃん」。音符が描かれた着物を着ている女の子である。

なお、このキャラクターのモニュメントは駅舎手前付近に設置されている。

隣の駅[編集]

土佐くろしお鉄道
阿佐線(ごめん・なはり線)
球場前駅 - 安芸駅 - 伊尾木駅
※快速は球場前駅から奈半利方向各駅に停車。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]