のいち駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
のいち駅
のいち駅駅舎
のいち駅駅舎
のいち - Noichi
GN38 立田 (2.8km)
(2.3km) よしかわ GN36
所在地 高知県香南市野市町西野
駅番号 GN37
所属事業者 土佐くろしお鉄道
所属路線 阿佐線(ごめん・なはり線)
キロ程 5.7km(後免起点)
電報略号 ノチ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2002年平成14年)7月1日
備考 無人駅(実質は簡易委託駅
駅ホーム

のいち駅(のいちえき)は、高知県香南市野市町西野2056番地2にある、土佐くろしお鉄道阿佐線(愛称:ごめん・なはり線)の香南市の代表駅である。駅番号はGN37

駅構造[編集]

交換設備のある相対式2面2線のホームを持つ高架駅である。1番線を上下主本線、2番線を上下副本線とした一線スルーとなっており、設備も両方向の入線・発車が想定されているが、現在のところホームは方向別に使い分けられている。

駅員無配置ではあるが、駅舎内の売店で定期券回数券を販売しており、乗車券自動販売機も設置されている。そのため、業態としては簡易委託駅に近い。入口は西入口と北入口があるが、時間帯によっては北入口は閉鎖される。

朝夕の混雑時を中心に、後免駅 - のいち駅間では、ワンマン扱いの列車にも車掌が乗り込むことが多い。

ホーム 路線 方向 行先
1 ごめん・なはり線 上り 安芸奈半利方面
2 ごめん・なはり線 下り 後免高知方面

※上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

駅周辺[編集]

駅の開業によって、駅の西側を南北に走る道路が整備され、その道沿いに様々な店舗の出店が相次いだ。ショッピングセンターが隣接しているほか、周辺にはレストランやコンビニエンスストアなどがある。

北側[編集]

南側[編集]

その他[編集]

  • 計画当初の仮称は漢字で「野市駅」だった。
  • 土佐電鉄安芸線の時代は、野市駅と日章駅(現・立田駅)間に「西野市駅」があった。

歴史[編集]

イメージキャラクター[編集]

Noichindonman.jpg

名称は「のいちんどんまん」。野市町で行われるちんどんコンクールにあやかったキャラクターで、ピエロのような服装をしている。

なお、このキャラクターのモニュメントは北入口付近に設置されている。

隣の駅[編集]

土佐くろしお鉄道
ごめん・なはり線(阿佐線)
快速
後免町駅(GN39) - のいち駅(GN37) - あかおか駅(GN35)
普通
立田駅(GN38) - のいち駅(GN37) - よしかわ駅(GN36)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]