ブンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザボン
Buntan.jpg
土佐文旦
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
: ザボン C. maxima
学名
Citrus maxima
Merr.
和名
ザボン、ブンタン、ボンタン、ウチムラサキ
英名
Pomelo

ブンタン文旦学名Citrus maxima(Merr.)シノニムCitrus grandis (L.))は、柑橘類の一種である。標準和名はザボン(朱欒、香欒)。ボンタンとも呼ばれる。

名前の由来[編集]

原生地は東南アジア中国南部・台湾などであり、日本には江戸時代初期に渡来した。使われていた漢字をそのままに日本語読み(ブンタン)している。伝来したとされるのは鹿児島県阿久根市とされ、生産量も多いことなどから1971年(昭和46年)に市の木に制定されている[1]第二次世界大戦前にはジャボンと呼ばれるのが一般的であり、これは文旦貿易に関与したジアブンタン(謝文旦)の略と考えられるが、ジャボンから転じたザボンの名前については、ポルトガル語のzamboa(元の意味は「サイダー[要出典])から転じたという説もある。

特徴[編集]

ブンタンの樹は3 メートルほどまでに育ち、その果実は品種により直径15 から25 センチメートル、重さ500 グラムから2 キログラムまで様々な大きさに育つ。果実は皮の厚さが特徴で大きさの50%程度を占める程であり、果肉は果汁が少ないが独特の甘みと風味を持つ。なお果実の収穫は年末頃に行われることが多いが、採取したては酸味が強すぎるので、数ヶ月間貯蔵して酸味を減らした後に出荷される。

ブンタンは自然交雑により色々な品種を生み出しており、グレープフルーツナツミカンハッサクなどはブンタンの血を引いている。ブンタンそのものも品種が多く、西日本(特に高知熊本鹿児島)では色々なブンタンが栽培されている。高知では「ウチムラサキ(ウチムラ)」と呼ばれる果皮の内側が薄紫の文旦に似た柑橘類があるが、実は水分に乏しくパサパサしており、味も文旦に劣る。この「ウチムラサキ」は文旦の原種と言われている。

日本における2010年の収穫量は9,719 トンであり、そのうち約90%が高知県において生産されている[2]

利用[編集]

果実は生食の他、ベトナムカンボジアタイ王国では果肉を和え物の素材とする。

加工食品の原料としても用いられ、皮や果肉を用いた砂糖漬け(ザボン漬け、文旦漬け)、マーマレードボンタンアメなどは有名。近年、香港で流行しているデザート楊枝甘露は、マンゴーと沙田柚を主原料にして作られる。

果皮は中国に於いて、光七爪、光五爪などと称し、生薬としても利用される。また、化州柚の果皮は毛橘紅と呼ばれる。いずれも、皮の内側を剥ぎ、乾燥させた上で、咳止めなどの喉の薬、食欲不振の改善などに用いられる。

特異的な香気成分としてノートカトンがある。ノートカトンは、グレープフルーツナツミカン等のブンタンからの交雑種にのみみられる成分である。皮には他にサンショウと同じく、にしびれを感じさせる辛味成分も含んでいる。

主なブンタンの種類[編集]

土佐文旦
  • 阿久根文旦(本田文旦)
  • 安政柑 - 日本原産で晩白柚に次いで大きい柑橘類
  • 麻豆文旦
  • 河内晩柑(美生柑)
  • 土佐文旦(法元文旦)
  • 大橘
  • 平戸文旦
  • 江上文旦
  • 晩王柑
  • 晩白柚-柑橘類で最大の果実
  • 獅子柚 - 大柚や鬼柚などとも呼ばれ大型の柚子と間違えられがちだが実は文旦類
  • パール柑 - 文旦の一種で表面が滑らかなのが特徴
  • チャンドラポメロ - ポメロは文旦の意
  • 沙田柚 - 中国広西容県産で、華南で一般的
  • 化州柚 - 中国で生薬の毛橘紅として利用
  • 水晶文旦
  • 紅まどか - 1993年に登録された新品種、食味がよく耐寒性があるのが特徴

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阿久根市 観光・特産品(ボンタン)”. 阿久根市. 2012年2月22日閲覧。
  2. ^ 農林水産省特産果樹生産動態等調査2013年7月23日閲覧

関連項目[編集]