エルマー・ドリュー・メリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワシントンD.C.近傍のローガン・サークル英語版に位置するメリルの元住居(左)。

エルマー・ドリュー・メリル(Elmer Drew Merrill、1876年10月15日 - 1956年2月25日)は、アメリカ合衆国植物学者である。アジア太平洋地域の植物相を専門とした。

メリルはメイン州イースト・オーバーンで生まれた。メイン大学に進み、1898年にB.S.を取得した。その後、アメリカ合衆国農務省 (USDA) に加わり、1902年から1923年までフィリピンでUSDAの植物学者として従事した。

アメリカ合衆国に戻り、カリフォルニア大学バークレー校農学部長となった。1929年、コロンビア大学の植物学の教授となるためにニューヨークへ移った。また、1929年から1935年までニューヨーク植物園の園長を務めた。1935年に、ハーバード大学アーノルド植物園英語版の園長となり、1946年の引退まで務めた。

メリルはアジアの植物の分類の精力的な研究で知られていた。著作には、Flora of Manila(1912年)、The Enumeration of Philippine Flowering Plants(1922年-1926年)がある。最後の著作は1954年に出版されたThe Botany of Cook's Voyagesであった。

メリルはマサチューセッツ州フォレスト・ヒルズで死去した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]