長波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長波(ちょうは、LF (Low Frequency) またはLW (Longwave, Long Wave))とは、30 - 300kHz周波数電波をいう。 波長は1 - 10km、キロメートル波とも呼ばれる。

概要[編集]

伝播の特徴としては特に高緯度地域で地表波が安定して利用でき、また大電力の送信機が比較的簡単に製作できる。そのため高緯度地域のラジオ放送などに利用される。

日本では、誘導無線標準電波LORAN-C無線航行・アマチュア無線などに用いられる。

長波放送[編集]

国際電気通信連合は、第1地域(アフリカヨーロッパ)に放送用として148.5 - 283.5kHz(155 - 283.5kHzは航空無線航行と共用)を分配 [1] している。 この地域内では、欧州トルコアフリカロシアモンゴルが実施している。 日本では秋 - 春の夜間を中心にロシア沿海州、モンゴル国、深夜にはタジキスタンなど遠距離の放送も受信可能である。

長波を使用する施設[編集]

  • JJY (40/60kHz)
  • LORAN-C (100kHz)
  • 無指向性無線標識 (190kHz - )
  • DGPS局 (288kHz - )
  • ラジオ放送(日本では使用していない。)
  • アマチュア無線 (135.7kHz - 137.8kHz)

脚注[編集]

  1. ^ 総務省告示周波数割当計画 第2周波数割当表 第1表9kHz―27500kHz