チャールズ・エリオット (海軍士官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・エリオット
Charles Elliot
Charles Elliot cropped.png
チャールズ・エリオット(1855年頃)
生年月日 1801年8月15日
出生地 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領ドレスデン
没年月日 1875年9月9日(満74歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドエクセター
現職 海軍士官、外交官、植民地行政官
称号 バス勲章
配偶者 クララ・ウィンザー(5子)

イギリスの旗 イギリス対清貿易の商務総監
在任期間 1836年 - 1841年
元首 ヴィクトリア

在任期間 1841年1月26日 - 8月10日
元首 ヴィクトリア

在任期間 1846年 - 1854年
元首 ヴィクトリア

在任期間 1854年 - 1856年
元首 ヴィクトリア

在任期間 1863年 - 1869年
元首 ヴィクトリア
テンプレートを表示

サー・チャールズ・エリオット英語: Sir Charles Elliot1801年 - 1875年9月9日)は、イギリス海軍士官外交官植民地行政官。イギリス対貿易における全権かつ商務総監の在勤中の1841年に香港の初代行政長官となった。イギリス植民地としての香港創設のキーマンの一人[1]である。

生涯[編集]

1801年にザクセンドレスデンにおいて、ヒュー・エリオット英語版とマーガレット(Margaret)の間に生まれた[2][3]スコットランド出身の外交官、初代ミントー伯爵ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンドは伯父[1]で、第2代ミントー伯爵ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンドジョージ・イーデンは従兄にあたる[3]。エリオットはイングランド南部バークシャーレディングで教育を受けた[2]1815年3月26日にイギリス海軍に入り、翌年、バルバリア海賊に対するアルジェ砲撃に士官候補生として従軍した。4年間の東インド艦隊英語版勤務の後、1820年に本国艦隊に勤務。1822年、西アフリカ戦隊英語版に転属となるとともに尉官に進級。北アメリカ・西インド艦隊での勤務の後、1828年に佐官に進級。ハイチでクララ・ウィンザーと出会い、1828年に結婚した。

退役後は外務省におけるキャリアに就いた。1830年から1833年の間、イギリス領ギアナにおいて奴隷保護官であった。1834年に商務総監ネイピア卿英語版のスタッフ、船務総管としてに赴任した。1836年から1841年までの間、全権商務総監となった。1842年から1846年の間、テキサス共和国臨時代理大使兼総領事となった。バミューダ総督英語版トリニダード総督英語版セントヘレナ総督英語版を歴任し、1856年にナイト(バース勲爵士団ナイト・コマンダー)に叙された。

エリオットと名づけられた場所[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Endacott 2005, p. 1
  2. ^ a b Dod, Robert P. (1864). The Peerage, Baronetage, and Knightage, of Great Britain and Ireland for 1864, Including All the Titled Classes. p. 251.
  3. ^ a b Hoe & Roebuck 1999, p. 4
  4. ^ "Port Elliot". The Sydney Morning Herald (13 November 2008). Accessed 22 December 2009.

参考文献[編集]

  • Endacott, George Beer (2005). A Biographical Sketch-book of Early Hong Kong. Hong Kong University Press. ISBN 9622097421.
  • Hoe, Susanna; Roebuck, Derek (1999). The Taking of Hong Kong: Charles and Clara Elliot in China Waters. Curzon Press. ISBN 0700711457.

文献[編集]

  • Blake, Clagette (1960). Charles Elliott, R. N. 1801?1875: A Servant of Britain Overseas. London: Cleaver-Hume Press.
官職
先代:
ジョージ・ベスト・ロビンソン英語版
イギリス対清貿易の商務総監
1836年 - 1841年
次代:
ヘンリー・ポッティンジャー英語版
先代:
(新設)
香港行政長官
1841年
次代:
アレグザンダー・ロバート・ジョンストン英語版(代行)
先代:
ウィリアム・ネルソン・ハッチンソン(代行)
バミューダ総督
1846年 - 1852年
次代:
ウィリアム・ハッセル・エデン(代行)
先代:
アーサー・ウィリアム・バイルス(代行)
バミューダ総督
1853年 - 1854年
次代:
モントゴメリー・ウィリアムス(代行)
先代:
L・バウチャー(代行)
トリニダード総督
1854年 - 1856年
次代:
B・ブルックス(代行)
先代:
エドワード・ヘイ・ドラモンド・ヘイ英語版
セントヘレナ総督
1863年 - 1869年
次代:
チャールズ・ジョージ・エドワード・パティ英語版