媒島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
媒島
Nakodo-jima island Aerial Photograph.JPG
媒島の空中写真(1978年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
座標 北緯27度37分45秒 東経142度10分40秒 / 北緯27.62917度 東経142.17778度 / 27.62917; 142.17778
最高標高 154.9 m
所在海域 太平洋
所属諸島 小笠原諸島
所属国・地域 日本の旗 日本 (東京都)
テンプレートを表示

媒島(なこうどじま)は、東京都小笠原村にある無人島小笠原諸島のうち最北に位置する聟島列島の中ほどに位置しており、同列島北部の聟島婿の意)と同列島南端の嫁島の意)の中間に位置することから媒島(媒酌人の意)の名がついている。父島から船で所要約2時間。北西約5kmの地点に、聟島列島の主島である聟島がある。

概要[編集]

当初は無人島であったが、明治時代に入り移住が進められ、1907年には人口27人を数えた。島ではヤギの放牧、サツマイモ栽培などが営まれていた。しかし、徐々に離島者が増加し、1944年の小笠原諸島からの民間人引き揚げの時点で、すでに半無人島化していたという。現在は完全に無人島化しているが、野生化したヤギが増えた結果、植生が損なわれたため、ヤギを駆除(2003年度で終了)した上で植生回復事業が行なわれている。

クロアシアホウドリなどの海鳥が営巣している。また、2014年5月12日にはアホウドリと見られる雛を発見したとされ[1]、東京都はアホウドリの可能性が高いとし、分析に当たった北海道大は伊豆鳥島由来のものだとしていたが[2]2015年2月、環境省や東京都などの調査で媒島に生息するでアホウドリのつがいが発見され、山階鳥類研究所がこのつがいの羽毛のDNAを研究機関で解析したところ、2014年5月に発見された雛の羽のDNAと共通点が見つかり、親子関係が証明された[3][4]。このつがいは小笠原への繁殖地形成計画で聟島に移送した個体と鳥島の個体とみられる[5]。この発見により、小笠原諸島でアホウドリの繁殖が確認されたのは戦後初だという[3][4]

主な山[編集]

[編集]

  1. ^ 小笠原諸島でアホウドリのひなか 確認なら戦後初”. 日本経済新聞 (2014年5月12日). 2015年5月15日閲覧。
  2. ^ アホウドリの可能性大、東京都 伊豆諸島・鳥島由来か”. 47NEWS (2014年7月7日). 2015年8月12日閲覧。
  3. ^ a b 小笠原・媒島でアホウドリ繁殖 戦後初確認、DNA分析”. 共同通信(47NEWS) (2015年3月26日). 2015年3月27日閲覧。
  4. ^ a b アホウドリ、小笠原諸島で繁殖 戦後初”. 日本テレビ (2015年3月26日). 2015年3月27日閲覧。
  5. ^ 小笠原諸島媒島でアホウドリの番を初確認 (pdf)”. 山階鳥類研究所 (2015年3月26日). 2015年4月1日閲覧。