聟島列島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界 > アジア > 東アジア > 日本 > 小笠原諸島 > 聟島列島

聟島列島(むこじまれっとう)は、小笠原諸島にある、聟島嫁島、および、その周辺の島嶼から成る列島。小笠原諸島の最も北に位置し、全ての島が無人島である。

聟島列島を構成する島や岩など[編集]

  • 北之島 - 聟島列島の北端、最大標高52m、世界遺産(登録 1362-001)
    • 中ノ島 - 北ノ島の東側、2つの岩礁からなり、南側の岩礁の最大標高73m
    • 一ノ岩、二ノ岩 標高7m、三ノ岩、四ノ岩 標高2m、五ノ岩 - 北ノ島の北東、遠い順に命名されている
    • 笹魚島 - 「ささよしま」、北ノ島の東側、2つの岩礁からなり最大標高29m
  • 聟島 - 別名ケーター島、面積 2.57km2 最高標高は大山88m、かつての集落跡がある 世界遺産(登録1362-002) 
    • 蛸岩 - 聟島の北東、標高3m
    • 鳥島 - 聟島の西岸沖、標高33m
    • 針之岩 - 聟島と媒島の中間、標高136m
    • 畳岩 - 針之岩と媒島の中間、標高3m
  • 媒島 - 面積 1.37km2 最大標高は屏風山155m、世界遺産(登録 1362-003)
    • 眼鏡岩 - 媒島の北岸沖 74m
    • 鳥島 - 媒島の西岸沖
  • 嫁島 面積 0.81km2 標高67m、世界遺産(登録 1362-004)
    • 後島 - 嫁島の東岸沖、標高67m
    • 後東小島 - 後島の東岸沖
    • 前島 - 嫁島の南西岸沖、標高128m、前島の南側に聟島列島の南端となる岩礁がある

生物相[編集]

生物の多い陸地から遠く離れているために独自の生物相が存在した。かつては森林に覆われていたと考えられているが人間の入植で持ち込まれたヤギやクマネズミなどの外来生物によって在来の生物相が破壊された。聟島や媒島に生息していたムコジマメグロは1930年以降確認されておらず絶滅したとされる。

1990年代後半から野生化したヤギなどの駆除をはじめ2000年代初頭にはいずれの島でも根絶された。聟島ではクマネズミも根絶されている。根絶は在来動植物の回復に効果が出ている[1][2]

2006年から5年間にわたってアホウドリの繁殖地形成を目指して伊豆鳥島から雛の輸送が行われた。聟島列島は火山噴火の恐れがなく、アホウドリがこれまでにも飛来していたことなどが理由として選ばれた[3][4]。2011年には輸送した雛の一羽が聟島に帰ってきており、その後産卵が確認された。2014年には媒島で新たな雛が見つかり、2015年にはこの雛が聟島に輸送された個体と鳥島由来の個体から生まれたことが確認され、繁殖地形成計画の始めての成果となった[5]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 小笠原諸島におけるネズミ類の生息状況とネズミ類各種の特性”. 小笠原自然情報センター. 2015年4月1日閲覧。
  2. ^ 東京都の取り組み - 聟島列島のノヤギ排除・植生回復”. 東京都小笠原支庁. 2015年4月1日閲覧。
  3. ^ アホウドリ 復活への展望 今後の活動 小笠原諸島への再導入へ”. 山階鳥類研究所. 2015年4月1日閲覧。
  4. ^ アホウドリの小笠原における営巣確認について”. 環境省 (2000年12月27日). 2014年3月19日閲覧。
  5. ^ 小笠原諸島媒島でアホウドリの番を初確認 (pdf)”. 山階鳥類研究所 (2015年3月26日). 2015年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]