樽前山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
樽前山
Lake Shikotsu Mt Tarumae01n3200.jpg
支笏湖畔から望む秋の樽前山
右が溶岩ドーム、中央が東のピーク
標高 1,041 m
所在地 北海道苫小牧市千歳市
位置 北緯42度41分26秒
東経141度22分36秒
山系 支笏カルデラ
種類 常時観測火山
初登頂 火砕丘溶岩ドーム (活火山ランクA)
樽前山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
白老町から冬の樽前山を望む

樽前山(たるまえさん、たるまえざん)は、北海道南西部にある支笏湖の南側、苫小牧市千歳市にまたがる活火山。標高は最高点の樽前ドームで1,041m、一等三角点(点名「樽前岳」)の東山で1,022m、三等三角点(点名「樽前山」)の西山で994m。支笏洞爺国立公園に属する。風不死岳恵庭岳とともに支笏三山の一つに数えられる。

山名の由来[編集]

山名の由来は、アイヌ語で「タオロマイ taor-oma-i」(川岸の高いところ・〈そこに〉ある・もの)。一般的にアイヌは山に山そのものを指す名前を付けず「これこれという川の上流(水源)の山」という名づけ方をすることが多いので、この言葉は現在の樽前山そのものを指すのではなく、樽前山の南側を下る現在の樽前川を指した言葉である可能性が高く、その水源として樽前山という名になったと思われる。樽前山そのものを指したアイヌ語の名称としては「ヲフイノボリ」が1807年(文化4年)の秦檍丸による東蝦夷地屏風にあり[1]、増補千歳市史 (1983) ではこれをオフィヌプリ ohuy-nupuri(燃える・山)と解釈している(ウフィヌプリ uhuy-nupuri の方が同じ意味で一般的な表現)。「たるまいさん」、「たるまいざん」とも言う。

火山活動[編集]

1909年の噴火

この火山は4万年前に大爆発を起こした支笏カルデラの南縁部に約9000年前に形成された後カルデラ火山である。後述する溶岩ドームを持った、世界的に珍しい三重式火山である。有史以前にも数度大爆発を起こし、道央では鍵層となる軽石噴火を起こしている。江戸時代から明治時代には活発に活動しており1667年寛文7年)、1739年元文4年)、1804年文化元年)、1874年明治7年)、1909年(明治42年)に噴火を起こし軽石を周囲に降らせている。このため苫小牧市など周辺は至るところに軽石の散らばった火山灰の地層に覆われている。俗に70年周期説も唱えられたが、近年では1981年昭和56年)に小噴火が見られた程度で、現在は日常的に白い噴煙を上げ続けているのみである。北麓には同じ後カルデラ火山の風不死岳がある。

三重式火山の火口原 西山より

樽前ドーム[編集]

1909年(明治42年)の噴火で、山頂には溶岩ドームができた。樽前山熔岩円頂丘として、北海道指定文化財天然記念物に指定されている。この溶岩ドームは比較的大きい上に、山体とは異なった色(黒色)をしているために目立ち、樽前山を特徴づけている。樽前山は南から東にかけて高山と隣接していないので、これらの方向からは遠くから見てもこの山が樽前山であることを容易に判別できる。つまりこの溶岩ドームが樽前山をランドマークとしやすい山にしているのである。

樽前ドーム(熔岩円頂丘)

噴火の影響[編集]

2000年(平成12年)に有珠山が噴火した際、JR貨物輸送などの北海道の物流は大きな影響を受けたが、もし樽前山が火山灰の広範な噴出を含む噴火をした場合、JR室蘭線千歳線のほかに新千歳空港が使用不可能になるなど、より大きな影響が懸念されている。いずれも本州と札幌を結ぶ北海道の大動脈である。1739年の大噴火の際は、火山灰は千歳空港付近で1m、日高山脈を越えて十勝地方でも数cmの降灰が記録されている[2]

また、1878年(明治11年)に樽前山麓を通過したイザベラ・バードは、著書「日本奥地紀行」の中で、火山噴火により立ち枯れた無数の立木の記述をしていることから、火山性のガス(硫化水素亜硫酸ガスなど)が噴出・流下する危険性も予見される。

風倒木災害[編集]

火山性の土壌であることはもとより、南側斜面が開けている地形となっていることから、南から吹き込む強風時には山麓の森林が一斉に倒木する被害を受けやすい。古くは洞爺丸台風の際に生じたほか、2004年(平成16年)の台風接近時には国道276号の両側の樹木が一斉になぎ倒され、長期間にわたり通行不能状態が続いた。現在でも道路の両側には、被害を受けた森林の跡地がぽっかりと開く異様な光景を見ることができる。

登山[編集]

登山ルートは多岐にわたるが、一般的なのは国道276号から北海道道141号樽前錦岡線、林道を通り樽前山7合目登山口の駐車場から登るルートである。子供でも1時間程度で外輪山にたどり着けるため、地元小学校の定番の遠足地になっている。かつては支笏湖側から、苔の洞門と呼ばれる苔の密生した岩肌の間を通る登山道が存在したが、苔の保護及び崩落の恐れにより封鎖。その後、旧登山道の一部は苔の洞門の観察を目的とした遊歩道、観覧台になっている(2014年9月の集中豪雨により苔の洞門の一部と遊歩道が崩落。当面の間、閉鎖されることとなった[3])。

なお、2001年平成13年)には、火山活動がやや活発になり立ち入り禁止区域が設定された。現在[4]も外輪山の内側へは立ち入りが禁止されている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 渡辺隆「蝦夷地山名辞書 稿-松浦武四郎文献を中心に」『北の山の夜明け』、高澤光雄、日本山書の会、2002年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]