富良野岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富良野岳
Furanodake1.JPG
十勝岳温泉からの登山道から望む富良野岳
標高 1,911.90[1] m
所在地 北海道
上川総合振興局富良野市
上川総合振興局上富良野町
位置 北緯43度23分37秒
東経142度38分06秒
[2]
山系 石狩山地(十勝岳連峰)
種類 成層火山
富良野岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

富良野岳(ふらのだけ)は、石狩山地の十勝岳連峰の南西部に位置し、富良野市上富良野町にまたがる標高1,912mである。山域は大雪山国立公園に指定されている[3]

概要[編集]

火山ではあるが、山麓の安政火口を除き、古い時代に活動を終えたと考えられる。そのため、安政火口近辺を除いて全山高山植物が豊富で、特に山頂部は夏の時期は広大なお花畑が広がる。花の百名山に選定されていて、その著者の田中澄江は代表する高山植物としてエゾノハクサンイチゲなどを紹介した[4]エゾウサギギクエゾツツジエゾノツガザクラ、エゾルリソウ、コイワカガミダイセツトリカブトチングルマ、フタマタタンポポなども見られる[5]。隣接する十勝岳が有史以来の激しい噴火のため、山頂部に植物に乏しいのと対照的である。

登山[編集]

登山道[編集]

北側の十勝岳温泉からと、南側の原始ヶ原登山口からの2本の登山道がある[6]

登山口に温泉旅館があり、上富良野駅からバスの便(1日3便)がある。登山口がちょうど森林限界に位置しており、登山道は全コースハイマツ帯から高山帯にかけてを歩く。山頂までの標高差も約650mと小さく、比較的容易に登ることができるため、夏のシーズン中は登山者の数も多い。また、途中の安政火口までは整備された林道となっており、晴天であれば一般の観光客でも歩くことができる。ハイマツ以外の高山植物の群落は主に安政火口より先に多く、特に稜線上の縦走路に合流してからは広大なお花畑が広がる。
  • 原始ヶ原登山口-原始ヶ原コース分岐-富良野岳
富良野市から登山口まで自動車の乗り入れは可能だが、公共交通機関はない。また、登山口の標高は約700mの樹林帯で、山頂までの標高差は1,100m以上ある。しかし、途中の原始ヶ原には湿原性のお花畑が広がる。
山頂からは、稜線上を十勝連峰、さらに大雪山中央部まで至る縦走路が通過している。

周辺の山小屋[編集]

周辺には無人の避難小屋があり、十勝岳温泉の登山口には宿泊施設がある。

名称 所在地 富良野岳からの
方角と距離km
標高
m
収容
人数
キャンプ
指定地
備考
十勝岳避難小屋 望岳台と十勝岳の中間  北東 5.1 1,350 緊急避難用  なし
上ホロカメットク避難小屋 上ホロカメットク北東の肩  北東 3.6 1,806  30  30張  無人
ニングルの森管理センター 原始ヶ原登山口  南西 5.4 720  50  無人

地理[編集]

石狩山地の十勝岳連峰南部にあり、東北東の上ホロカメットクとの間には三峰山(1,866m)、西南西に延びる稜線には前富良野岳(1,625m)と旭岳(1,335m)がある。山頂に一等三角点が設置されている[1]

周辺の山[編集]

富良野岳山頂近くのお花畑
山容 名称 標高
(m)
三角点等級
点名
富良野岳からの
方角と距離(km)
備考
Oputateshikeyama and Bieifuji from Bieidake 2005-8-15.jpg オプタテシケ山 2,012.48  三等
「美瑛岳」
16 cardinal points NE.png北東 12.7 日本三百名山
Mount Biei from Mount Tokachi 1998-08-09.jpg 美瑛岳 2,052.17  二等
「帯経しけ」
16 cardinal points NE.png北東 7.7 北海道百名山
Mount Tokachi from Mount Biei 1998-8-9.jpg 十勝岳 2,077 16 cardinal points NE.png北東 5.0 日本百名山
Mt.Kamihorokamettoku2.jpg 上ホロカメットク山 1,920 16 cardinal points NE.png北東 3.2 北海道百名山
Mount Furano from Mount Tokachi 1998-08-09.jpg 富良野岳 1,911.90  一等
「神女徳岳」[1]
16 cardinal points O.png 0 花の百名山

源流の河川[編集]

以下の源流の河川は、それぞれ石狩湾に流れる。三峰山沢の最上流部には九重ノ滝がある。

  • 三峰山沢、カラ川 (空知川水系富良野川の支流
  • 布部川 (空知川の支流)、上流部には、不動ノ滝、二段ノ滝、蒼天ノ滝、勝竜ノ滝、赤岩ノ滝などの滝がある。山の南側が源流部で原始ヶ原の湿原が拡がっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年2月25日閲覧。
  2. ^ 日本の主な山岳標高(北海道の山)”. 国土地理院. 2011年2月25日閲覧。
  3. ^ 大雪山国立公園の紹介1934年12月4日に、山域は大雪山国立公園の特別保護地区に指定された。(環境省、2011年2月25日閲覧)
  4. ^ 田中澄江 『花の百名山(愛蔵版)』 文藝春秋、1997年6月、pp.168-171。ISBN 4-16-352790-7
  5. ^ 『花の百名山地図帳』 山と溪谷社、2007年6月、pp.24-25、ISBN 978-463599246-3
  6. ^ 十勝岳登山コース かみふらの十勝岳観光協会、2011年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]