支笏湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
支笏湖
Lake Shikotsu Mt Fuppushi01bs4272.jpg
支笏湖。対岸の山は風不死岳
所在地 北海道石狩振興局管内)
位置
面積 78.4 km2
周囲長 40.4 km
最大水深 363.0 m
平均水深 265.4 m
貯水量 20.9 km3
水面の標高 247 m
成因 カルデラ湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 極貧栄養湖
透明度 17.5 m
テンプレートを表示
衛星写真
湖畔の恵庭岳丹鳴岳(左)、漁岳(右)

支笏湖(しこつこ)は、北海道千歳市にある淡水湖支笏洞爺国立公園に属し、日本最北の不凍湖として知られる。

概要[編集]

4万年ほど前に形成された支笏カルデラに水が溜まったカルデラ湖である。形成当初は円形をしていたが、その後、カルデラの縁に恵庭岳風不死岳が噴出したことにより、現在のようなくびれた形となった[1]。南に位置する樽前山は、同湖に付随する活火山である。

千歳市の公式ホームページによると、湖の名前の由来はアイヌ語の「シ・コッ」(大きな窪地)から。しかしこの場合の「窪地」とは現在の支笏湖や支笏カルデラではなく、湖を水源とする千歳川の開削した深い谷のことであり、同時に千歳川の旧名であった。なお、松前藩は現在の苫小牧市の周辺までを「志古津(当時の漢字表記)」と呼んでいた。 アイヌ民族は支笏湖を「シコツ川(千歳川)の水源の湖」の意で「シコツ・トー」と呼び、改まった場合には「シコテムコ・エアン・パラト」(シコツ川の・水源・そこに・ある・広い湖)と称えていた[2]

しばしば、支笏湖の由来は「死骨湖」であるとされる都市伝説(水深が深く、古代の火山噴火により出来たカルデラ湖で、水底に枯木などがあるため一度沈んだら浮かんでこないから、などとする説)があるが、これは上記の通り誤りであり、アイヌ語が語源である。ただし、支笏湖を含む千歳市は、アイヌ語で「シ・コッ」であることが日本語で「死骨」に通じることから縁起が悪いとし、1805年文化2年)に現在の地名に改名されていることから、前述の都市伝説に関連がないとは言い切れない側面もある。

面積は琵琶湖の1/9に過ぎないが最大水深は3倍以上あり、貯水量は20.90km3と日本で琵琶湖に次いで2番目に多く、3/4に達する[3]

温かい水が深部に残存し水面を暖めるため、湖面の水温が下がりにくいので基本的に結氷しにくいが、低温の日が続いた場合には結氷することがある(最近の全面結氷は2001年〈平成13年〉、その前が1978年〈昭和53年〉)。

透明度が高く、摩周湖、バイカル湖に匹敵する透明度を有する。近年の水質調査においては、全国No.1に認定されている。支笏湖の北西には、北海道三大秘湖の一つであるオコタンペ湖がある。

地理[編集]

北海道南西部に位置する。平均水深265m、最大水深363mは田沢湖に次いで日本で2番目に深い。面積は日本で8番目、カルデラ湖としては屈斜路湖に次いで2番目に大きい。湖の北側には恵庭岳、南側には風不死岳樽前山の支笏三山がそびえる。また、モラップ、キムンモラップなどの低い山にも囲まれている。

利用[編集]

1894年阿寒湖から移入されたチップ(ヒメマス)が名産。

交通[編集]

マイカー[編集]

バス[編集]

北海道中央バス新千歳空港千歳駅発着のバスを運行する。

支笏湖を題材とした作品[編集]

小説[編集]

  • 支笏湖殺人事件 / 草野唯雄
  • 定山渓・支笏湖殺人事件-寝台特急「エルム」の暗転 / 津村秀介

映画[編集]

ガイドブック[編集]

歌謡曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本の地形2 北海道』東京大学出版会 2004年
  2. ^ 『北海道の地名』山田秀三 北海道新聞社 1984年
  3. ^ 支笏湖学のすすめ その10 ― 北海道地質調査業協会 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]