カムイエクウチカウシ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カムイエクウチカウシ山
Mt KAMUEKU 1.JPG
Piratomi and Kamueku.JPG
写真上/ピラミッド峰から望むカムイエクウチカウシ山
写真下/左:ピラトミ山とピラミッド峰、右:カムエク
標高 1,979.5 m
所在地 日本の旗 日本
北海道日高郡新ひだか町
河西郡中札内村
位置 北緯42度37分30秒
東経142度45分59秒
山系 日高山脈
種類 褶曲山脈
初登頂 正木照信(1900年
カムイエクウチカウシ山の位置
テンプレートを表示
カムイエクウチカウシ山 八ノ沢カール

カムイエクウチカウシ山(カムイエクウチカウシやま)は、北海道日高山脈に属するである。日本二百名山の一つに数えられる。名称はアイヌ語の「熊(神)の転げ落ちる山」に由来する。登山家の間ではしばしばカムエクと略して呼ばれる[1]

概要[編集]

幌尻岳に次ぐ日高山脈第二の高峰であり、標高1,979mである[2][3]日高山脈襟裳国定公園内にあり、山頂には1900年陸地測量部正木照信[4]により一等三角点(点名「札内岳」)が選点されている[5]。日高山脈主稜線上に悠然と聳える男性的な山容を誇り、主脈の盟主として山脈中央部に鎮座する。 南東側にはピラミッド峰 (1,853m) と呼ばれる四角錐型のピーク(支峰)が間近に望まれ、本峰を望見する絶好の展望台となる(ただし本峰以上に這松が生い茂る)。

地理[編集]

アイヌ語の名称の通り峻険な山容であり、日高山脈の高峰に特徴的な圏谷地形が見られ、十勝側山腹に八ノ沢カール日高側山腹にコイボクカールを抱き、カールの下流側ではモレーンも確認されている[6]。幌尻岳、カムイエクウチカウシ山およびエサオマントッタベツ岳など日高山脈の山々は圏谷が見られるが、北アルプス薬師岳穂高岳に比べると小規模である。これは2万年前の氷河期日本列島が大陸と陸続きとなり対馬暖流日本海へ流入しなくなり、降雪が現在よりも少なかったことが原因であると考えられている[7]

地名由来[編集]

そもそも山名となる「カムイエクウチカウシ」(ヒグマの転げ落ちる所)は、ヒグマを神と崇めるアイヌ人によって命名されたものではない。黎明期には「札内岳」と呼称されていた。1929年北海道大学伊藤秀五郎らが戸蔦別川上流の「カムイエクウチカウ」という場所で小屋を建設して幌尻岳に登頂する際に、案内人の勘違いでこの地名を誤って山名として伝えたために定着したのが真相[4]であるという。いまさら山名を「札内岳」に戻すことなどできないが、ヒグマすら転げ落ちそうな急峻な斜面を持つことだけは確かである。

登山ルート[編集]

整備された登山道はなく、途中、長い沢を渡渉しなければならない。中札内村から札内川札内川ダム)沿いに建設が中断された北海道道111号静内中札内線(通称:日高横断道)の未舗装区間6kmを遡り[8]、終点の札内川・七ノ沢から八ノ沢を川上に向かって渡渉し、八ノ沢カールを登って稜線に出て山頂に至る。

近隣の山[編集]

北大山岳部雪崩遭難事件[編集]

1965年(昭和40年)3月14日未明、日高山脈縦走中の北海道大学山岳部の登山隊6人が十ノ沢での露営中に大規模な雪崩に巻き込まれ、全員が死亡する事件が発生した。6人は決して危険な場所に雪洞を掘っていたわけではなかったが、走行約3km、デブリの長さ1km、幅30-100m、量約40万トン(いずれも推定)という、国内最大級の雪崩に巻き込まれたのである。初期捜索は困難を極め、雪融けを待って再開された捜索でようやく全員の遺体を発見、奇跡的に即死を免れていたリーダー澤田義一が雪の中で地図の裏にしたためた遺書がポケットから発見され、大きな話題を呼んだ。

福岡大学ワンダーフォーゲル同好会羆襲撃事件[編集]

1970年昭和45年)7月、芽室岳からペテガリ岳に向けて[9]日高山脈を縦走中だった福岡大学ワンダーフォーゲル同好会(当時)のパーティー5人が、八ノ沢カールでヒグマに遭遇、後に追跡・襲われ、5人中3人が死亡する事件が起こった。熊の獲得した獲物に対する「執着心が強い」という行動特性によるものであると思われる。日高山脈で発生した唯一のヒグマによる死傷事件で、また北海道の山岳史上で最も悲惨な事件の一つとされる。

脚注[編集]

  1. ^ 荒井魏 『日本三百名山』 毎日新聞社編、1997年
  2. ^ “標高値を改定する山岳一覧 資料2”. 国土地理院. http://www.gsi.go.jp/common/000091073.pdf 2014年3月26日閲覧。 
  3. ^ GNSS測量等の点検・補正調査による2014年4月1日の国土地理院『日本の山岳標高一覧-1003山-』における改定値。なお、旧版での標高は1,980m。
  4. ^ a b 日本山岳会『新日本山岳誌』ナカニシヤ出版、2005年
  5. ^ 国土地理院 基準点成果等閲覧サービス
  6. ^ 田代博、藤本一美、清水長正、高田将志 『山の地図と地形』 山と渓谷社、1996年
  7. ^ 梅沢俊、瀬尾央 『新版・空撮登山ガイド1 北海道の山々』 山と渓谷社、1995年
  8. ^ 梅沢俊、伊藤健次『新版 北海道百名山』山と渓谷社、2006年
  9. ^ 現地遭難レリーフ(八ノ沢カール)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]