ソエマツ岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソエマツ岳
Mt SOEMATSU 3.JPG
神威岳より望む日高山脈 ソエマツ岳
標高 1,625 m
所在地 日本の旗 日本
北海道広尾郡大樹町
浦河郡浦河町
位置 北緯42度25分38秒
東経142度56分49秒
座標: 北緯42度25分38秒 東経142度56分49秒
山系 日高山脈
種類 褶曲山脈
初登頂 高橋喜久司(1928年
ソエマツ岳の位置
テンプレートを表示

ソエマツ岳(ソエマツだけ)は、北海道広尾郡大樹町浦河郡浦河町とにまたがり、日高山脈襟裳国定公園内にある双耳峰である。日高山脈南部にあり標高1,625mである。

概要[編集]

語源は険悪さで知られるソエマツ沢の源頭にあることが由来であり、アイヌ語の「ソエマップ」[1]が転訛したもので「滝がそこにある川」を意味する。神威岳ピリカヌプリとともに南日高三山と称され、あたかもヒマラヤヒダを纏ってるかのごとく荘厳な山容[2]を誇る。

大樹町光地園より遠望するソエマツ岳
三石鳧舞より遠望するソエマツ岳

登山ルート[編集]

登山道がなく神威岳との間の尾根もハイマツのブッシュに覆われたナイフリッジ(靴幅リッジ)で容易に人を寄せ付けない岩稜である。 中ノ沢かヌビナイ川右股が容易なルート[3]とされるが一般向けではない。

近隣の山[編集]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 日本山岳会『新日本山岳誌』ナカニシヤ出版、2005年
  2. ^ 『北海道の山と谷 下巻』北海道撮影社、1998年
  3. ^ 『山渓カラー名鑑 日本の山1000』山と渓谷社、1992年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]