大谷光照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南京合同慰霊祭における大谷光照(右)、1937年12月18日

大谷 光照(おおたに こうしょう、1911年(明治44年)11月1日 - 2002年(平成14年)6月14日)は日本の宗教家。浄土真宗本願寺派第23世宗主。伯爵は光照。法名は勝如上人。院号は信誓院。 昭和天皇の従兄弟にあたる。

経歴[編集]

第22世法主大谷光瑞(鏡如上人)の実弟大谷光明 (浄如上人)の長男として京都府京都市に誕生。母は九条道孝の七女紝子(きぬこ)。紝子の姉は大正天皇皇后(貞明皇后)の節子。

1914年(大正3年)、西本願寺の疑獄事件に端を発して光瑞が法主を引退。弟の光明に継承権があったが、光瑞が遠慮を求めて光明も就任を辞退。新々門であった光照は当時4歳であったため、大谷家側近(近松尊定、六雄澤慶など)が4代にわたり管長代理を務めた。1927年(昭和2年)に得度して第23世法主を継職。以後50年の間、本願寺派教団の陣頭指揮にあたった。

その後、旧制第一高等学校を経て1935年(昭和10年)に東京帝国大学文学部東洋史学科卒業。1937年(昭和12年)4月、徳大寺実厚長女の嬉子と結婚。1977年(昭和52年)、門主を引退し前門となる。

戦前戦中の活動[編集]

青年法主光照は、昭和の戦時下の教団を指導した。1933年(昭和8年)には声明集の改定に取り組むなどする一方で、1941年(昭和16年)に宗制を改定、従来神祇不拝を旨としていた宗風を放棄し、「王法為本ノ宗風ヲ顕揚ス是レ立教開宗ノ本源ナリ」と宣言。国家神道と結びついた「戦時教学」を推進した。

特に、親鸞の著作に皇室不敬の箇所があるとして該当部分を削除するよう命じたり(聖典削除問題)、門信徒に戦争協力を促す消息(声明)を発して戦時体制を後押しした。戦時中に発布された消息では、天皇のため命を捧げよと次のように説いている。 「凡そ皇国に生を受けしもの誰か天恩に浴せざらん、恩を知り徳に報ゆるは仏祖の垂訓にしてまたこれ祖先の遺風なり、各々その業務を格守し奉公の誠を尽くさばやがて忠君の本義に相契ふべし、殊に国家の事変に際し進んで身命を鋒鏑におとし一死君国に殉ぜんは誠に義勇の極みと謂つべし、一家同族の人々にはさこそ哀悼の悲しみ深かるべしと覚ゆれども畏くも上聞に達し代々に伝はる忠節の誉を喜び、いやましに報國の務にいそしみ其の遺志を完うせらるべく候」

光照自身も度々軍隊慰問を行い、南京攻略戦直後には自ら南京に入城し犠牲者追弔会を行った。教団も戦争協力の名目で大量の戦時国債を購入し、戦後の教団財政の危機を招くこととなった。今日、「戦時教学」を推し進め、その指導的立場にあった光照らの戦争責任を問う声もある。

西本願寺は敗戦後GHQの指導のもとで、宗制の改革を行い、宗主の権限を縮小し、宗主は西本願寺の象徴的存在へと変更となる。1945年(昭和20年)まで、法主または門跡と呼称されたが、1946年(昭和21年)より、門主と改称される。

戦後の主な活動[編集]

  • 1946年(昭和21年) - 管長制度廃止などの教団制度改革を実施
  • 1948年(昭和23年) - 蓮如上人450回遠忌法要
  • 1961年(昭和36年) - 親鸞聖人700回大遠忌法要
  • 1973年(昭和48年) - 親鸞聖人誕生800年・立教開宗750年慶讃法要

主な職歴[編集]

人物[編集]

  • 門主在任中には、正信偈の改譜をはじめ、法式規範などを着々と整備していったことからも伺えるように、儀式儀礼には非常に厳格な面があった。
  • 趣味は切手収集、テニス、ゴルフ好きでも知られた。

著書[編集]

  • 『唐代の仏教儀礼』(有光社、1937年)
  • 『『法縁』抄 : 勝如上人の九十年』(本願寺出版社、2002年7月)ISBN 4894169916