北上山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北上山地
種山から北東方面を望む.jpg
種山ヶ原付近の北上山地
所在地 岩手県東半部、青森県宮城県の一部
最高峰 早池峰山 (1,917m)
延長 260km
75km
種類 隆起準平原
テンプレートを表示

北上山地(きたかみさんち)は、日本の岩手県東半部を中心に、青森県宮城県の一部に広がる山地で、東に太平洋、西に北上川馬淵川が作る低地帯に接する。北上高地とも言う。「北上山脈」は誤り。

地形の形成史[編集]

地質的には古生界中生界(それぞれ古生代中生代の地層)が広く分布する[1]。最高峰を抱える早池峰構造帯を境に南北に大きく分かれ、北部北上山地の南部北上帯、南部北上山地に葛巻-釜石帯安家-田野原帯がある[2]。各構造帯を分かつ線は、南北に長い山地を斜めに切っておおよそ北北西から南南東に走る。

このうちもっとも古い先シルル系の基盤を持つのは南部北上帯である。奥州市前沢区の生母の北部[3]の北部と奥州市水沢区黒石町に広がる母体変成岩類陸前高田市氷上山を中心にした氷上花崗岩類などがあり[4]、日本の中でも最古の部類に属する地層である。南部北上帯はシルル紀からデボン紀にはサンゴが生育するような水温の高い大陸縁辺の浅海にあり、後に北上して北部北上山地に衝突したのではないかという[5]。北部の葛巻-釜石帯と安家-田野原帯は、古生代の基盤にジュラ系が付加されたものである。早池峰構造帯はオルドビス紀からシルル紀に海洋性地殻であったものが、南部北上帯と北部の地塊の衝突で境界部分が持ち上がった。この後、白亜紀前期に大島造山運動が起こり、全体が各所で花崗岩に貫かれた。北上山地の原型はこの頃にできあがった。

第三紀まで北上山地は大陸縁辺でロシア沿海州と一体になっており、阿武隈山地と距離が近かった。古第三紀に入って双葉断層を境に東側にある北上山地が北へ、西の阿武隈山地が南へと横ずれして引き離された[6]。続いて、およそ3000万年前から1500万年前までかかって、日本列島が大陸から分離して現在の位置に移動した。その頃の北上山地は一つの大きな島で、西側は浅海をなし、奥羽山脈はまだなかった。奥羽山脈の隆起は後期中新世に始まり、北上山地との間に北上盆地が生まれた。北上山地は新生代を通じて陸地であったため長く浸食にさらされ。加えて最終氷期周氷河作用によって斜面がなさられた結果、今あるようななだらかな地形ができあがった[7]

地震と火山[編集]

東に日本海溝があって太平洋プレートが潜り込み、沈み込みの力が地震の多発として現れるのが本州東部の特徴だが、北上山地はその影響が少ない場所である。地震は東方では潜り込み面に沿った海底から地殻深部、西方では奥羽山脈以西で多発して、北上山地は少ない[8]

奥羽山脈の東には、青森県の恐山から宮城県の青麻山まで、青麻-恐火山列があるが、これは岩手県で七時雨山を通り、北上山地には入らない[9]

気候[編集]

奥羽山脈が西方にあることにより、積雪量は割合少なく、冷涼な気候となっている。

地理[編集]

主な山[編集]

鍾乳洞[編集]

産業[編集]

  • 工業

かつては釜石を中心とした北上山地産の鉄鉱石による製鉄業が栄えた。

  • 農業
  • 林業
  • 観光

民話のふるさと遠野市は観光地として全国区である。 また、大型の鍾乳洞も点在する。

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本の地質』第2巻7頁。『日本の地形』第3巻46頁、47頁。
  2. ^ 『日本の地形』第3巻48頁。
  3. ^ 生母は母体村と赤生津村の合併で生まれた合成地名である。
  4. ^ 『日本の地質』第2巻8頁。村田正文他「北上山地における先シルル基盤の追認」。
  5. ^ 『日本の地形』第3巻8-9頁、49頁。
  6. ^ 『日本の地形』第3巻7-8頁。
  7. ^ 『日本の地形』第3巻51-55頁。
  8. ^ 『日本の地形』第3巻19-20頁。
  9. ^ 『日本の地質』第2巻193頁。

参考文献[編集]

  • 日本の地質「東北地方」編集委員会『日本の地質』第2巻(東北地方)、共立出版、特装版1993年。初版は1989年。
  • 小池一之・田村俊和・鎮西清高・宮城豊彦・編『日本の地形』第3巻(東北)、東京大学出版会、2005年。
  • 村田正文・大上和良・蟹沢聰史・永広昌之「北上山地における先シルル基盤の追認」、『地質学論集』21号、1982年4月、英文。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]