嶺岡山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

嶺岡山地(みねおかさんち)とは、房総半島南部にある房総丘陵のうち、加茂川以南の嶺岡愛宕山・嶺岡浅間などの山々を指す。嶺岡山系(みねおかさんけい)とも呼ばれている。

一般に嶺岡山(みねおかやま、峯岡山)と呼ばれるのは嶺岡愛宕山を中心とした連峰を指し、特定の山を指す呼称ではない。

概要[編集]

行政区域においては千葉県鴨川市南房総市鋸南町の一部にあたる。現在は県立嶺岡山系自然公園(けんりつみねおかさんけいしぜんこうえん、1935年8月9日千葉県条例指定・1964年6月9日自然公園法による指定)に含まれている。

地質学的には古第三紀嶺岡層群、成因的には地塁山脈断層山脈)。地盤が弱く、昔から山崩れ(地元方言で「びゃく」)・地滑り(同「ねえっぴー」)の多発地帯として知られており、現在も対策工事が進められている。

嶺岡牧・嶺岡牧場[編集]

律令制の頃から麓において放牧が行われていたと言われており、戦国時代里見氏がこれを再興した。里見氏改易後に江戸幕府天領嶺岡牧(みねおかまき)、5つの区画に分かれていたので「嶺岡五牧」とも称した)とし、将軍徳川吉宗の命でインドから伝来した白牛がこの地で飼育されて、日本の酪農発祥の地とされている。

明治政府殖産興業の一環として、この地で酪農事業を企画する(嶺岡牧場(みねおかぼくじょう))が、経営が困難であった事から、間もなく民間に払い下げた。ところが、民間が設置した企業は地元の慣習に疎く、地元の入会権を巡って紛争を起こし、再官営化と再払い下げを繰り返した。その結果、明治44年(1911年)に地元千葉県が牧場の経営を行う事になり、愛宕山麓に県営の畜産研究の施設(昭和38年(1963年)千葉県嶺岡乳牛試験場と改名)となった。愛称は酪農のさと

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]