めい・king

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
[Win] めい・king
[PS] フランベルジュの精霊
対応機種 Win95/98
プレイステーション (PS)
発売元 にくきゅう
KID (PS)
ジャンル 都市経営シミュレーション+恋愛シミュレーション (Win)
恋愛アドベンチャー (PS)
発売日 1998年7月3日 (Win)
2000年4月27日 (PS)
レイティング 18禁 (Win)
キャラクター名設定
画面サイズ 640×480
BGMフォーマット CD-DA
キャラクターボイス 一部ボイス
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり

めい・king』(めい きんぐ)は1998年7月3日にくきゅうから発売されたアダルトゲーム作品。

概要[編集]

中世風王国を舞台とした都市経営シミュレーションゲーム+恋愛シミュレーションゲーム。都市建設による都市の発展と同時に登場キャラクターとの交流を深めていくのが目的。都市の育成結果などにより女性キャラクターとの親愛度が変化し多数のエンディングが用意されているのが特徴。

家庭用ゲーム機にはKIDより『フランベルジュの精霊』と改名されたプレイステーション版が2000年4月27日に発売されているが、アダルトシーンを修正しただけではなくパソコン版のシミュレーションゲーム部分がなくなり、ビジュアルノベル式の恋愛アドベンチャーゲームへとゲームシステムが変更されている。

18禁アニメ化もされておりバニラから発売されている。また、2009年にはFinish!から18禁アニメ版を元にした18禁ゲーム『ぼくの王国』が発売されている。

ストーリー[編集]

羊飼いケインはある日はぐれた子羊を追って迷い込んだ洞窟で、うっかり足元にあった壷をけり壊してしまう。その壷には100年前に悪い領主に封印されたというこのフランベルジュの土地を守っていた地の精霊が入っており、封印を解いたお礼にこの土地の領主にするという。その精霊の言う通りに行動した彼は、山賊にかどわかされた少女を助け出すことに。その少女の名はシャルロット。フランベルジュの王女だった。彼女のきまぐれから5年の期限内に与えられた領地を一番発展させた者を彼女を花嫁とする争奪戦に加わる事になる。

登場キャラクター[編集]

声はPC版 / PS版の順に表記

ケイン・アスベル ※PC版は改名可能
ごく普通の羊飼い。幼い頃両親を無くしている。たまたま迷った子羊を探している内に入り込んだ洞窟で足元にあった壷をけり壊したことで、フランベルジュの地の精霊の封印を解き、精霊の助言に従いシャルロットを助けたことで花婿候補として選ばれ、彼女との結婚権を巡る争奪戦に巻き込まれてしまうことに。奴隷制度に嫌悪感を覚えるなど純朴な少年。
シャルロット・キャンディ・フランベルジュ
比未子 / こおろぎさとみ
フランベルジュ王国の王女。浚われ監禁されていた所を主人公に助けられ、お礼として彼を花婿候補に加えた。父である国王に寵愛されて育ったせいなのか非常にワガママな性格。最初は玩具感覚だったが主人公のことを気に入っているようで、陰ながらサポートしたり(バレバレな変装をして山賊と戦ったりもする)、館に押し掛けてくることも。
ティア
声:紗梨子 / 川崎恵理子
土地の発展が一定に達すると出現する奴隷市場で主人公に助けられた少女。北の辺境の地の出身のためか、かなり色白で主人公が遭難しそうな寒さでも全然平気。メイドとして主人公の館に雇われの身となるが、メイドとしての教育は受けてないので掃除くらいしか役にはたっていない。ちなみに奴隷市場は主人公の意向で閉鎖されることになる。
シフォーネ
声:山野メリ / 百々麻子
土地の発展が一定に達すると森のエルフたちから領主の“指導”をするという形で派遣されるエリート魔道士。エルフらしくプライドが高く、無口で人嫌いをしたりするが、実際にはハーフエルフであり、能力はあるのにかかわらず、半ば追い出されて来たというのが真相だった。属性が雷らしく、興奮しすぎたりすると電撃を発して相手を感電させてしまう(過去のトラウマによる所があるらしい)。
椿(つばき)
声:森山葵 / 今井由香
土地の発展が一定に達すると主人公の武勇の噂を聞き付け果し合いを申し込んでくる女武者。その実力の高さから守備隊の指導も行うが、自信過剰な所があり、そこが最大の弱点となっている。
ローズ
声:春野萌 / 三浦智子
自称永遠の28歳。かなりの事情通であり、その美貌と肉体を持って暗躍することができるほどの実力者。それゆえ現国王も彼女には頭が上がらない。将来有望と見なした者の前には必ず現れる。
リリル
声:クリスチーネ / 小林沙苗
森のエルフの中にあっては希有な商才を持った存在のエルフの少女。土地が一定の発展をした時に主人公へのお願いを聞き入れて貰う代わりに差し出されたのだが、シフォーネがエルフにとっておまけ的存在ならば、こちらがより本命的な使者ともいえる。伝説の商業都市ナニワに行くことが夢。お金にガメツイのが玉に瑕。
アン
声:秋月桃子 / 西原久美子
土地が一定の発展をした際にドワーフ族から主人公にお願いを聞いてもらう代わりに差し出されるドワーフ族女の子。攻略対象の中では一番幼い印象を受けるが、妖精族だけあって既に50年は生きている(それでも精神年齢は外見同様かなり若い)。
サンドラ
声:みちっち / かかずゆみ
付近一帯を荒らす山賊「獲女羅流怒(エメラルド)」の首領。だが実際には主人公とは別な花婿候補によって発展妨害のために放たれた存在であり、最後は証拠隠滅と点数稼ぎのためにその花婿候補の討伐の対象にされてしまう。最終局面に至るまでの選択次第では彼女を攻略することも可能。
エリス
声:うらら / 不明
フランベルジュの地の精霊。100年程前の悪い領主に捕まり壷に封印されていたが、主人公のお陰で封印が解けたことから、お礼も兼ねて陰ながら彼の領地の発展をサポートしている。100年ほったらかしだった地の管理に忙しいらしく、雨乞いの儀式の時には余分な精霊力を使い過ぎてヘバり気味だったことも。基本的には主人公の前にしか姿を表さない。精霊なので実体は持たないが攻略対象にもしっかり含まれている。

スタッフ[編集]

  • 原画:大野哲也
  • シナリオ:林保成、青匣新力

外部リンク[編集]