ノ・ゾ・キ・ア・ナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノ・ゾ・キ・ア・ナ
ジャンル 恋愛漫画
漫画
作者 本名ワコウ
出版社 小学館
掲載誌 モバMAN
レーベル ビッグコミックス モバMAN
発表期間 2009年1月23日 - 2013年2月1日
巻数 全13巻
OVA
原作 本名ワコウ
監督 西島克彦
キャラクターデザイン 桜井正明
アニメーション制作 スタジオ・ファンタジア
製作 「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」製作委員会
発売日 2013年5月24日(BD)
その他 BDはR指定
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ノ・ゾ・キ・ア・ナ』は、本名ワコウによる日本漫画作品。2009年1月23日から、小学館の携帯コミックサイト「モバMAN」にて配信されていた。単行本は2013年2月に全13巻で完結。

概要[編集]

本作は「モバMAN」(小学館)のダウンロード数でトップを独走しており[1]、ダウンロード数は2009年11月の1巻発売時で10万ダウンロード突破[2]、2010年2月の1巻増刷時で15万ダウンロード突破[3]、2010年3月の3巻発売時で20万ダウンロード突破[4]、2010年4月の4巻発売時で30万ダウンロード突破目前[5]、2010年7月の5巻発売時で100万ダウンロード突破[6]、2010年11月の6巻発売時で1000万ダウンロード突破[7]、2011年3月の7巻発売時で1900万ダウンロード突破[8]となっている。また、単行本の累計部数は2011年3月の7巻発売時で60万部突破[8]となっている。本作のスピンオフ作品『ノゾ×キミ 2年生編』が『週刊少年サンデー』に連載を開始した2014年5月時点では4000万ダウンロード超、単行本の累計部数は200万部となっている[9]

あらすじ[編集]

アパートで一人暮らしをする専門学校生・城戸龍彦は、ある日壁の穴を見つける。覗いて見ると隣の部屋に住む美女・生野えみるが見えた。壁の穴のことを告げに行くと、えみるは「私と覗き合いしませんか?」と、1日交替で相手を覗くことを提案する。こうして、龍彦とえみるは他人の私生活を覗き合う禁断と背徳の日々を送ることになる。

登場人物[編集]

はオリジナルアニメのもの。

城戸 龍彦(きど たつひこ)
声 - 平川大輔
本作の主人公。専門学校生。18歳。専門学校へ通うために上京して住み始めたアパートで壁の穴を覗いてしまい、脅された末にえみると「自分見せあいっこ」をすることになる。当初は、捉え所が無いえみるを嫌っていたが、徐々に気になり始める。
生野 えみる(いくの えみる)
声 - 霧ヶ峰沙羅
本作のヒロイン。3月3日生まれO型。龍彦の同級生でアパートの隣人。美人だが、ポーカーフェイスで捉え所がない。龍彦に対しては必ず敬語で話す。他人の部屋を覗くことで興奮する性癖を持つ。1日交代で相手の部屋を覗くことができる「自分見せあいっこ」を龍彦に提案する。龍彦に興味を持っており、彼に想いを寄せているような言動を見せる。好きなものは眠気覚ましのコーヒー。
琴引 友里(ことびき ゆり)
声 - 日野真冬
龍彦の同級生。6月11日生まれA型。人目を引く抜群のスタイルを持つ。龍彦に一目惚れして、彼に積極的なアプローチをして彼女になる。好きなものは流行の小物。えみるの行動を不審に思った龍彦が跡を付けると、友里と週末の彼との情事の最中であった事から二股がバレる。当初、龍彦はキープくん扱いであったが、気持ちが移りつつあったものの龍彦と別れて友達とも疎遠になる。その後、週末の彼とも別れ、最終的には龍彦とも和解して疎遠となった友達ともヨリが戻り、専門学校卒業後は外国へと旅立つ。
寺門 巻子(てらかど まきこ)
声 - 平田裕香(特別出演)
明るくさっぱりした中性的な少女。7月17日生まれA型。実はえみるに想いを寄せている同性愛者。人間観察が得意。好きなものはガーリーファッション。覗き穴の秘密を知ってから、龍彦達とは疎遠になったが、えみると連絡が取れなくなったことで、龍彦に協力してえみる探しを始める。
本並 翔子(ほんなみ しょうこ)
龍彦の通う専門学校の講師。28歳。通称:ショウコ先生。普段は明るいが、私生活では恋愛に息詰まっているらしい。付き合っていた彼氏に振られた所を龍彦とえみるに見られ、酔っ払って呼び出した龍彦に部屋で介抱してもらう中で絡み合ってしまうが、えみるが機転を効かせる。
成瀬 珠子(なるせ たまこ)
龍彦の幼馴染。11月23日生まれB型。男勝りで行動的な性格であり、高校時代は男の取り巻きと共に悪趣味な遊びを繰り返していた。そして、ついには龍彦をも傷つけてしまい、最悪の別れ方をしていた。その後、自分の行動を恥じて龍彦の事を気にしていた。突然の来訪後、真実を話して和解、後に龍彦を見守る。好きなものはマリンスポーツ。
小森 千里(こもり ちさと)
4月19日生まれAB型。クラスの男子に人気のある典型的な「オンナノコ」。琴引友里を貶める為に、当時付き合っていた龍彦に身体でちょっかいを掛けたところを、えみるが阻止する。鏡を眺めることが好き。
亘 まどか(わたり まどか)
龍彦の1年後輩。しかし年齢は龍彦より3つ上の処女。昔から痛がりで学校の注射もよく仮病で休んでいた。引っ込み思案だが、龍彦に引かれて付き合う事となる。覗き穴の秘密を知っても龍彦を許すのではあるが、次第にえみるの存在が重くなり「距離をおきましょう」とつい口にしてしまった事から、龍彦との別れへと発展してしまう。
梶原 奈緒(かじわら なお)
生活のためにヌードモデルをしている画家志望の女性。2月19日生まれO型。気さくで母性的な性格。オールディーズの洋楽が好き。短い期間ではあるが、龍彦とえみるとの関係を理解しつつ後押ししてくれる。
望月 志郎(もちづき しろう)
龍彦の1年後輩。ひょんな事から覗き穴の秘密を知ってしまい、えみるをいただいてしまおうと画策するも、龍彦の機転によりピンチを逃れる。
植田 理恵(うえだ りえ)
龍彦の1年後輩で志郎のセフレ。志郎から覗き穴の秘密を聞き出してしまい、米山をも利用して龍彦とえみるの関係に加わろうとするが、それは心に大きな傷を持つ事からの嫉妬であった。
堀井 真(ほりい まこと)
声 - 木下透
竜彦とえみるの同級生。美形で表向きは人当たりが良いが、実はサディスト。えみるに近付くが、龍彦とえみるによって撃退される。
米山(よねやま)
声 - 望木庵中
龍彦の親友。明るくお調子者。実家暮らし。龍彦とは専門学校の見学会で仲良くなった。童貞を植田理恵に捨てるも、それは植田理恵に利用されただけだった。その時に、覗き穴の秘密を知ってしまって苦悩するが、親友として龍彦を理解する。
生野 智也(いくの ともや)
えみるの義兄。顔も頭も良く、つぐみと結婚する予定だった。実はえみるを半ば神聖化しており、つぐみとの結婚も継母からえみるを守る為で、えみるがつぐみを気に入っていたというひねくれた感情によるものであった。自分の部屋に開けられた覗き穴の存在を知ったえみるが家を飛び出した際、跡を追い掛けて交通事故に遭って死亡し、えみるやつぐみや継母の心に深い傷跡を残す。
相良 つぐみ(さがら つぐみ)
智也の同級生で、えみるの義姉になる予定だった。大好きな人には敬語で話す。えみるが龍彦に敬語で話す理由の1つ。智也の事故死後もえみるを労るが、えみるから覗き穴の存在を教えられて、それまで姉妹の様に大好きだったえみるを憎む様になってしまう。

単行本[編集]

フルカラー:

オリジナルアニメ[編集]

2013年2月28日発売の単行本第13巻にはオリジナルアニメのDVDが付く限定版が登場した(DVDなしの通常版と同時発売)。また、このDVDの内容にディレクターズ・カットや追加パートが加えられたBlu-ray Disc「ノ・ゾ・キ・ア・ナ Sexy 増量版 Blu-ray」が同年5月24日に発売[10]。なおBDはR指定となっている。

スタッフ[編集]

  • 監督 - 西島克彦
  • 原作 - 本名ワコウ
  • アニメーションプロデューサー - 月野正志
  • キャラクターデザイン - 桜井正明
  • 脚本 - 大久保昌弘
  • 絵コンテ - 小林一三
  • 演出 - 高山秀樹、清水明
  • 総作画監督 - 服部憲知
  • 作画監督 - Kim E Sung、しまだひであき、臼田美夫、細川修平
  • 美術監督 - ゆきゆきえ
  • 色彩設計 - 井上英子
  • 撮影監督 - 原田勉之
  • 編集 - 柳圭介
  • 音楽プロデューサー - 安藤岳
  • 音楽ディレクター - 砂守岳央
  • 音楽 - 松岡美弥子、砂守岳央
  • 音楽制作 - Brick Corporation
  • 音響監督 - 亀山俊樹
  • プロデューサー - 楠原真理子、酒井俊治
  • アニメーション制作 - スタジオ・ファンタジア
  • 製作 - 「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」製作委員会(リバプール東宝

主題歌[編集]

エンディングテーマ「Going to Ride
歌 - predia、作詞・作曲・編曲 - 貧図スクワット

ソーシャルゲーム[編集]

DMM.comにより2013年3月1日にソーシャルゲーム化されている。ジャンルはカードバトルゲーム。壁に空いた「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」から個性豊かなキャラクターたちをノ・ゾ・キながらクエストを進めて、女の子たちのカード収集・育成を行ない、女の子たちの秘密をノゾいていく。また、カードは、パラメーターを上げる強化合成のほか、4段階の進化合成を行うことができる。進化させるとカードの絵柄が変わっていく。またガチャやクエストでカードを収集していくと、ストーリーが開放されていき、ボイス付きのミニシナリオが楽しめる。[11]

実写映画[編集]

2014年6月28日に公開された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 単行本1巻のカバーより。
  2. ^ 単行本1巻初版帯より。
  3. ^ 単行本1巻第2版帯より。
  4. ^ 単行本3巻初版帯より。
  5. ^ 単行本4巻初版帯より。
  6. ^ 単行本5巻初版帯より。
  7. ^ 単行本6巻初版帯より。
  8. ^ a b 単行本7巻初版帯より。
  9. ^ まんが家BACKSTAGE -本名ワコウ- - Webサンデー
  10. ^ 「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」アニメ化、単行本特典とBDで発売 - コミックナタリー、2013年2月2日配信、2013年2月3日閲覧
  11. ^ DMM.com、カードバトルゲーム『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』をリリース - ソーシャルゲームインフォ、2013年3月1日配信、2013年7月25日閲覧

外部リンク[編集]