A KITE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

A KITE』(ア カイト)は、1998年2月25日グリーンバニーより発売された全2巻のアダルトアニメ

後にアダルトシーンを削除し、アクション要素を強めたR指定のインターナショナルバージョンも発売された。

なお、本項では実写版や続編『KITE LIBERATOR』(カイト リベレイター)についても記述する。

A KITE[編集]

概要[編集]

物語の舞台は日本だが、赤井達のアジトが欧米スラム街にしか見えない場所にあるなど洋画を意識した無国籍風の作風とガンアクションをはじめ映像クオリティの高さから、日本国内は元よりハリウッドで多大な支持を得たため、現地での実写映画化が決定した[1]。詳細については#実写版を参照。

あらすじ[編集]

女子校生と殺人請負人、2つの顔を持つ美少女・砂羽。表と裏の世界を巧みに使い分ける大人達の淫靡な呪縛から逃れられず、泥沼の世界に生きる砂羽が唯一心を許せる存在は、同じ世界に生きる謎の少年・音不利のみであった。2人は互いに同じ性を感じながら惹かれ合うが、ある日を境に砂羽は組織との決別に走った音不利の始末を命じられ、彼へ銃口を向けることとなる。儚いと知りながらも愛情を育むか、それとも殺し屋の掟を優先するか…やがて、物語は冷酷なクライマックスを迎える。砂羽は全てを終わらせると、どこへともなく去っていくのだった。

登場人物[編集]

砂羽(さわ)
声 - 鳴瀬琴美
主人公の女子高生。12歳の時、赤井に両親を惨殺され、彼の下へ引き取られた。両親の仇が赤井であることを知っているが、彼への復讐のためにあえてその手解きを受け、殺人請負人となる。赤井には殺人術を仕込まれる一方で女としても開花させられており、夜な夜な性欲の捌け口として扱われるようになったが、上述の理由から耐え続けている。
音不利(おぶり)
声 - 小山田慎吾
謎の殺人請負人の少年。一刻も早く自由の身になれる日を待っている。砂羽をして「手ごわい」と言わしめる腕前。
赤井(あかい)
声 - 渋沢五郎
表の顔は警察の鑑識課職員。かつて砂羽の両親を惨殺して彼女を引き取り、殺人術を仕込むと共に女として開花させた。現在では、砂羽に殺人を行わせる一方で夜な夜な性欲の捌け口として扱ったり、彼女に足が付かないように自らの立場を利用して現場を細工するなど、更なる非道の限りを尽くす。
蟹江(かにえ)
声 - 的場辰夫
赤井の仲間で、砂羽と音不利に殺害依頼を伝える斜視の男。ファーストフード好き。赤井と同じく、女性を性欲の捌け口としか見ていない。

スタッフ[編集]

  • 企画 - 金木怪男、天地悠大
  • 原作、脚本、キャラクターデザイン、絵コンテ、監督 - 梅津泰臣
  • スーパーバイザー - Dr.POCHI
  • 作画監督 - 岩井優器
  • 美術監督 - 池端茂
  • 撮影監督 - 森口洋輔
  • 音楽 - アン・フー
  • プロデューサー - 雅太郎、越中おさむ
  • アニメーション制作 - アームス
  • 発売 - グリーンバニー
  • 製作 - ビームエンタテインメント

作品リスト[編集]

  • A KITE VOL.1(VHS:1998年2月25日発売 / DVD:1998年7月25日発売)
  • A KITE VOL.2(VHS:1998年10月25日発売 / DVD:1998年12月18日発売)
  • A KITE INTERNATIONAL VERSION(VHS/DVD:2000年7月25日発売)
    • VOL.1とVOL.2を合わせて再編集したインターナショナル版。セックスシーンは削除され、R指定に。また、英語吹き替えとなっている。
  • A KITE PREMIUM COLLECTORS VERSION(DVD:2007年12月21日発売)
    • 『KITE LIBERATOR』製作記念として、VOL.1とVOL.2とINTERNATIONAL VERSIONを1パッケージに収録した廉価版。『KITE LIBERATOR』先行プロモーション映像付き。

備考[編集]

MEZZO FORTE』にも登場している砂羽と赤井
本作との間に世界観や設定の繋がりは存在しないため、梅津監督の遊び心による登場である。なお、『MEZZO FORTE』での赤井は、DSAの黒川と浅からぬ因縁にある模様。

実写版[編集]

2002年、『トリプルX』のプロモーションで来日したロブ・コーエン監督は「最近の日本の映画で好きな作品、監督を教えて下さい」という質問に「アニメーションだが、ミスター梅津の『KITE』、彼の作品の世界観は素晴らしい」と答えた[2]

2011年9月5日、梅津泰臣の大ファンを公言しているデヴィッド・エリス監督による実写映画化が進行中であることが報じられた[3]2012年12月18日には、サミュエル・L・ジャクソンが出演することや、撮影南アフリカ共和国ヨハネスブルクで行われることが報じられた[4]

しかし、2013年1月8日には、エリスがヨハネスブルクで急死したことが報じられた[5]。梅津によれば、原作とは別物へ改変された脚本をエリスが元に戻して撮影に入る直前となっていた[6]が、同年2月4日にはラルフ・ジマンがエリスの代役に就くこと、インディア・アイズリー英語版[7]が砂羽を演じること、カラン・マッコーリフが共演すること、そしてジャクソンが引き続き出演することが報じられた[8]。引き続き出演することに際し、ジャクソンはエリスへの敬意も表している[9]

2013年5月6日には、クランクアップしたことが梅津によって報じられた[10]。同年5月10日には、アメリカでの配給はワインスタイン・カンパニーが担当することがDeadline.comによって報じられた[11]。また、梅津によれば同年5月15日から26日まで開催された第66回カンヌ国際映画祭では予告編が初披露され、日本での配給会社も決定したとのこと[12]

2013年11月2日には、コミカゼ・エキスポ英語版でキャストとスタッフによる特別プロモーションイベントが開催された[13]

2014年4月20日には、アメリカとカナダでの配給のほかソフト化や配信をアンカー・ベイ・フィルムズ英語版が、それ以外での配給をワインスタイン・カンパニーが担当することがDeadline.comなどによって報じられた[14]。また、梅津によれば日米公開は年内で決まりそうとのこと[15]

KITE LIBERATOR[編集]

概要 (LIBERATOR)[編集]

KITE LIBERATOR』(カイト リベレイター)は、2008年3月21日に発売されたOVA。本編57分。一般作品。

2007年9月27日には、コミックヴァルキリー誌上にて漫画版が連載開始。その単行本は2008年9月30日に発売。また、2007年10月25日には、第20回東京国際映画祭自主企画「animecs TIFF 2007」にてダイジェスト版(20分)が上映された。

主人公が前作に登場した拳銃と酷似した拳銃を使うなど、前作の世界観や設定を引き継いだ続編であることを描く一方、主人公の父が薬物によって怪物化してしまうなど、前作のそれらに無かった要素も盛り込まれている。

もともと40分フォーマットでの制作予定であったが、それに収まりきらないとの判断で57分になった経緯がある。そのために当初から続編の構想があり、DVDの好評を受けたアメリカからオファーもあった模様である[16]が、2010年現在続編に関する具体的な発表はなされていない。

あらすじ (LIBERATOR)[編集]

両親の復讐を遂げた砂羽が行方知れずになってから、数年後。都会の闇には、鮮やかな手口でターゲットを抹殺する死の天使が舞うようになっていた。それは、ごく普通の高校生活を送る少女・野口百南花に隠された一面…彼女の裏の顔だった。百南花はかつての砂羽のように、淡々と裏仕事を遂行していく。その知られざる過去と、今は亡き赤井との因果とは? 運命の皮肉に翻弄されながらも、決して絶望しない百南花の強さと繊細な心、そして眼差しの先に見える未来は?

登場人物 (LIBERATOR)[編集]

名前の多数が宇宙飛行士に由来している(野口聡一土井隆雄若田光一ユーリイ・ガガーリン向井千秋など)。

野口 百南花(のぐち もなか)
声 - 井上麻里奈
主人公。普段は成績優秀ではあるがドジで地味な眼鏡っ子の女子高生で、レストランのアポロ11でアルバイトをしており、星空の彼方で働く父の折外に想いを馳せる毎日を過ごしている。しかし、裏の世界ではコンタクトレンズを着用して髪形も変え、「死の天使」と称される凄腕の殺し屋と化す。
野口 折外(のぐち おるど)
声 - 小山力也
百南花の実父で宇宙飛行士。勤務は数年間にも及ぶため、愛娘であり唯一の家族でもある百南花を一象に預け、養育費とプレゼントを贈り続けていた。物語中、薬物によって怪物化してしまう。
土井 光一(どい こういち)
声 - 佐藤せつじ
食品大手の巨大企業「デファイ・フード」の宇宙食開発センターチーフ。気弱な男。
野口 一象(のぐち いちぞう)
声 - 乃村健次
折外の実弟でタクシー運転手。百南花がアポロ11でウェイトレスのアルバイトをしていることや、裏仕事には気付いていない。
野口 愛月(のぐち あづき)
声 - 真堂圭
一象の一人娘で、百南花とは従姉妹かつ親友の陽気な女子高生。一象同様、百南花の裏仕事には気付いていない。
我賀 倫(がが りん)
声 - 森田成一
署轄の生活安全部保安課の若き刑事。行き付けのアポロ11で働く百南花に想いを寄せるが、ある日以降彼女が未成年であることを知るも、死の天使であることには気付いていない。
雨津 都呂九郎(あむづ とろくろう)
声 - 麦人
アポロ11の経営者兼店長。普段は百南花を未成年と知りながら雇っているスケベな男であるが、裏の顔は不法銃器の密売及び製造ビジネス業を営む商人。
向井 万夏(むかい まなつ)
声 - 岡村明美
アポロ11の従業員で、シングルマザーの強気な美女。人には言えない辛い過去を持つ。
公式サイトの開設当初は正体が砂羽であることや、子供は赤井か音不利の血を引いていることが記述されていたが、それらはすぐに抹消された。
追音 貴知/追音 香衣(ついん きち/ついん かい)
声 - ヤスヒロ
世間を震撼させている双子の連続殺人犯。

スタッフ (LIBERATOR)[編集]

漫画版[編集]

2008年9月30日発売。作画は小宮利公。ストーリーは漫画オリジナルであるが、OVA本編の世界観より前作の世界観に準じた内容となっている。ISBN 4860326415

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]