淫獣聖戦シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

淫獣聖戦シリーズ(いんじゅうせいせんシリーズ)は、1994年から1997年大映からリリースされたアダルトアニメシリーズ。

双子の女子高生姉妹である天津亜衣と天津麻衣が、淫魔という異界の魔物を相手に戦う戦闘美少女ものである。タイトルに「淫獣」とあるように、先に同社からリリースされていた『淫獣学園』シリーズ同様に触手攻めなどによるエロ描写が見せ場となっており、制作スタッフも『淫獣学園』とほぼ共通しているが、本シリーズは漫画などの原作を持たないアニメオリジナル作品である。また、本シリーズはシリアスなストーリー展開や平安時代からの永きにわたる敵との因縁の歴史など、設定やストーリーにも力が入っている。

「ジャパネスク・エロス」(和風なエロス)というキャッチコピーが示すように、2人の戦闘時のコスチュームが和風であったりするなど、和のテイストを強く打ち出した作風となっている。

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

天神子守衆[編集]

天神様(菅原道真)の末裔である光の御子を守護することを使命とする血族。天津屋敷を本拠とする。

天津亜衣(あまつ あい)
- 川原真琴
天津姉妹の双子の姉。特技は書道と弓道で、弓道部に所属。髪型は腰の辺りまで長く伸びたポニーテール。
好きな色は青で、変身後のコスチュームも青と白を基調とする。負けん気が強く、自分だけでなく他者に対しても厳しい性格。男嫌い。
戦闘時は変身直後に手にする梅の枝を弓矢に変え、武器として用いる。弓には両端に刃物が付いており、接近戦でも使用可能。  
天津麻衣(あまつ まい)
声 - 八上恭子
天津姉妹の双子の妹。特技はバスケットボール、薙刀で薙刀部に所属。髪型はショートカット。
好きな色は赤で、変身後のコスチュームも赤と白を基調とする。優しく親しみやすい性格で、ミーハーなところもあって美系の男子には弱いなど、厳しい姉とは対照的である。
戦闘時は変身直後に手にする梅の枝を薙刀を変え、武器として用いる。  
鬼麿(おにまろ)
声 - 浜田大輔
天神様の末裔にして、鬼獣淫界の魔王の血も受け継ぐ少年。その出自ゆえ、鬼麿をめぐって新たな鬼獣淫界の王にしようと企む異界の鬼たちと、天神様の末裔である光の御子として守護しようとする天神子守衆の戦いが展開され、物語におけるマクガフィン的な存在となっている。
外見は5,6齢くらいだが実年齢は18歳くらいである。わがままな性格の上に性に強い興味を持っており、天津姉妹も手がつけられないほどのスケベな行動をたびたびおこす。
木偶の坊(でくのぼう)
声 - 三崎恭
鬼麿の目付け役。屈強な体格を持つ大男で、時代劇の村男のような服装をしている。鬼麿が幼かったころは熊野の山奥で二人で暮らしていたが、現在は鬼麿と一緒に天津屋敷に居候する身である。
義理堅い性格で、天津姉妹の登下校の身辺警護を申し出たことも。
六尺棒を武器に天津姉妹と共に戦い、彼女らの貞操の危機を救うこともしばしば。
天津幻舟(あまつ げんしゅう)
声 - 枝島光子
天神子守衆の当主。天津姉妹の祖母にして育ての親であり、天津流巫女舞いと武道の稽古を付け二人を厳しく育ててきた。
身の回りの世話をする巫女弟子たちと共に、天津屋敷で暮らしている。  

鬼獣淫界[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

いずれもエンディングテーマとして使用されている。

「今夜はムーンライト」
『聖獣伝ツインドールズ』、『聖獣伝ツインドールズ2』エンディングテーマ。
「LOVE」
『淫獣聖戦ツインエンジェル』、『淫獣聖戦ツインエンジェル2』エンディングテーマ。
「友達(かれ)」
『淫獣聖戦ツインエンジェル3』、『淫獣聖戦ツインエンジェル4』エンディングテーマ。
上記3曲は作詞・歌:野口典子、作曲/編曲:高浜輝夫。
「Day’s Moon」
『淫獣聖戦XX 魔王新生篇』、『淫獣聖戦XX 鬼畜都市篇』エンディングテーマ。
「Good-Bye Weak Girl」
『淫獣聖戦XX 姉妹奈落篇』、『淫獣聖戦XX 羽衣飛翔篇』エンディングテーマ。
上記2曲は作詞・歌:Yoko、作曲/編曲:高浜輝夫。

リリースデータ[編集]

2000年6月21日には徳間ジャパンコミュニケーションズによるDVD版が発売されている。また、2002年3月20日には各作品をまとめたダイジェスト版が発売された。

書籍[編集]

小説[編集]

原作・脚本を担当した都王子により執筆された。『淫獣聖戦XX 第2巻』まではアニメのノベライズだが、アニメ終了後となる2005年発売の『淫獣聖戦DNA』上下巻は小説オリジナルである。

その他[編集]

出典[編集]