同級生2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
同級生2
対応機種 PC-9801(PC98)
FM-TOWNS
DOS/V[1]
Windows95(Win95)
PC-FX(FX)
セガサターン(SS)
PlayStation(PS)
スーパーファミコン(SFC)[2]
Windows2000/XP/Vista(DMM)
発売元 エルフ(DOS/Win95)
NECアベニュー(FX)
NECインターチャネル(SS)
バンプレスト(PS/SFC)
DMM(DMM)
開発元 エルフ(DOS/Win95/DMM)
フライト・プラン(FX/SS)
バンプレスト(PS/SFC)
ジャンル 恋愛アドベンチャーゲーム
発売日 1995年1月31日(DOS)
1995年3月31日(FM-TOWNS)
1996年8月9日(FX)
1997年7月11日(SS)
1997年8月7日(PS)
1997年8月29日(Win95)
1997年12月1日(SFC)
2007年7月26日(DMM)
レイティング 18禁(DOS/Win95/FX/DMM)
18歳以上推奨(SS)
全年齢(PS/SFC)
キャラクター名設定 可(DOS/FX/Win95/PS/SFC/DMM)
不可(SS)
エンディング数 ヒロインの人数+バッドエンド1
セーブファイル数 プロローグ:1
本編:1〜5[3]
メディア フロッピーディスク(PC98/DOS/V)
CD-ROM(FM-TOWNS/FX/SS/PS/Win95)
ROMカートリッジ(SFC)
画面サイズ 640*400 4bit(DOS)
640*480 8bit(Win95)
640*480 24bit(DMM)
BGMフォーマット FM音源(DOS)
PCM(Win95/DMM)
キャラクターボイス なし(DOS/SFC)
主人公以外あり(FX/SS/PS/Win95/DMM)
CGモード あり
音楽モード なし(PC98/DOS/V/FX/SS)
あり(FM-TOWNS/PS/Win95/SFC/DMM)
回想モード なし(DOS/FX/SS/PS/Win95/SFC)
パッチ追加であり(DMM)
メッセージスキップ あり[4]
オートモード なし(DOS/FX/SS/PS/Win95/SFC)
あり(DMM)
備考 DMM版以外は全てロットアップ

同級生2』(どうきゅうせい2)とは、1995年1月31日エルフから発売された、18禁恋愛アドベンチャーゲームである。1992年に発売された『同級生』の続編。タイトル画面にはHere is the only your springtime of life.という副題も表示されている。

なお、外伝『卒業生』についても当項にて記述する。

概要[編集]

前作(『同級生』)に引き続き、シナリオ・ゲームデザインをエルフ社長である蛭田昌人キャラクターデザイン原画竹井正樹が担当している。

本作は、前作以上にドラマ性が非常に強いゲームとして発売された。それがユーザーに歓迎された反面、難易度が高くなった。また、前作では一部の例外を除けば、全14人中11人までの複数ヒロインのシナリオを同時進行(つまり「二股」)させることが容易にできたのに対して、本作でのそれは非常に困難であり、事実上一本道のゲームとなった(ただし、綿密にスケジュールを組んで行動すれば、全15人中9人までの同時進行は可能)。

物語の舞台となる時期設定については、前作が夏だったのに対し、本作はになった。本編の日数は前作と比べて1週間短縮され、12月22日から1月6日までの2週間となっている(前述の難易度の高さも、この日数短縮による所が大きい)。

前作では自由度が高い反面、何をどうプレイしたら良いのかわからないプレイヤーが続出したことから、本作では単純なコマンド総当たり型アドベンチャー方式の「プロローグ」が挿入され、主要キャラクターと移動先が紹介されるようになった。本編には広大なマップを移動することが嫌という人向けに、マップ全体を縮図で捉え、行きたい場所をクリックするだけで即座に到達できる「縮小マップ移動」が導入されている。また、前作では自室で寝ると必ずセーブされると共にゲーム内時間が8時間経過していたが、本作ではセーブかロードを選べる上、セーブ箇所も最大5か所まで増やされており、寝る時間も1時間から8時間の間で選べるなど、細部のシステム調整が施されている。

エンディング前の告白部分にも手が加えられた。前作では主人公からヒロインに告白するパターンだけだったが、本作では攻略の進め方次第でヒロインから主人公に告白するパターンも発生するようになった。なお、ヒロインからの告白は、1人を除いた全員を主人公の選択で断れるようになっている。

なお、タイトルこそ「同級生2」となっているが、主人公と同級生ではないヒロインが多く登場する点は前作と同様である。

DMM版以外は、ロットアップ(生産完了)されているが、ウィンドウズ7においても、 CD-ROMは必要だがウィンドウズ95版に関しては問題なくゲームが出来る作品である。

キャラクター[編集]

声優名はSS版/PS版/OVA版/OVA版卒業生/ラジオドラマ版/サントラCD収録のミニドラマ版の順(Win95版/DMM版/FX版は非公表)。未登場及び声無しは「-」で表記。年齢はDOS版当時のもの(FX版およびWin95版ではソフ倫の規制改正のため、設定なし)。

主人公[編集]

ゲーム版(デフォルト):りゅうのすけ(姓不明。SS版のみ「竜之介」で固定) / OVA版:近藤 誠(こんどう まこと) / ラジオドラマ版:沖田 等(おきたひとし)
声:- / - / 菊池正美 / - / 鳥海勝美 / 関智一
年齢:18歳 / その他の設定は不明
八十八学園(やそはちがくえん)創立以来の問題児として町内の有名人物。女好きで破天荒な性格、正義感と腕っ節が強い点など、設定は前作の主人公たくろうの内容をほぼそのまま踏襲しており、前作から引き続き登場のヒロイン田中美沙もそっくりだと評している。幼少時に母を病で亡くした上、父が考古学者で常に海外を飛び回っているため、現在は鳴沢親子と同居している、唯に対しては素っ気ない態度をとっているが、実際は愛しく思っており、とても大切にしている。

主人公と同級生のヒロイン[編集]

鳴沢 唯(なるさわ ゆい)
声:松下美由紀 / 同左 / 橘ひかり / 村井かずさ / 橘ひかり / 長谷川洋子
年齢:18歳 / 身長:155cm / スリーサイズ:83(コンシューマ版以降は84)/56/84(cm) / 血液型:O
本作品のメインヒロインで、一人称は「唯」。同い年の主人公を「お兄ちゃん」と呼んで慕う。以前は別の女子校へ通っていたが、主人公を慕う一心で八十八学園へ転入し、同級生となった。美佐子の連れ子で、早くに父親を亡くしたために、10年前の8歳の頃から主人公と同居中。将来は看護婦を目指している。学校の成績は良い。
後年でこそ、ギャルゲーアダルトゲームに反響を呼ぶ「妹萌え」の始祖的存在として特筆されるようになったが、唯自身は設定上でも戸籍上でも主人公の妹ではなく、ただの同居人でしかない。この設定となった理由は、前作でメインヒロインを務めた桜木舞が開発者の予想に反してあまり人気を得られなかったことを受け、唯の設定制作に試行錯誤が重ねられたため。当初は主人公の義妹という設定だったが、美佐子を攻略対象へ含める際に倫理規定を過剰警戒して設定を同居人へ変更したため、義妹としての要素は主人公を「お兄ちゃん」と呼ぶ部分のみが残される。このワンフレーズが、のちに反響を呼ぶこととなった。
ゲーム版では友美やいずみのことを「ちゃん」付けで呼ぶのに対し、OVA版では「さん」付けで呼んでいるが、OVA版『卒業生』ではゲーム版同様の呼び方。三四郎とみゆきの恋愛を手助けする形で登場する。
水野 友美(みずの ともみ)
声:矢島晶子 / 同左 / 石津彩 / 熊谷ニーナ/ - / 吉田悠希
年齢:18歳 / 身長:158cm / スリーサイズ:82/55/82(cm) / 血液型:A
主人公の隣の家に住む幼馴染。医療機器メーカーの社長の娘だが、成績優秀・スポーツ万能・クラス委員長と絵に描いたような優等生でもある。表にはあまり出さないが、短気で自尊心が高い反面引っ込み思案な所もあり、泣き虫。将来は薬剤師を目指している。いずみとは親友(OVA版では描写されておらず、不明)。黒く太いフルフレームが目立つ眼鏡がチャームポイント。芳樹のことを遠回しに嫌う理由を、主人公は友美自身に問題があるためと考えるが、実は…。
なお、主人公とのセックスシーンでは立ち絵より遥かに髪が長くなっているが、これは前作の正樹夏子などでも見られたように、竹井正樹がワンレングスのヒロインを描く際の癖。竹井曰く、描いた後になって「しまった」と後悔するも、絵的にはしっくり来るのでそのまま通してしまうとのこと。
ゲーム版では芳樹と主人公の関係に疑心暗鬼になるが、OVA版やOVA版『卒業生』ではそれほどではない。
篠原 いずみ(しのはら いずみ)
声:折笠愛 / 同左 / 伊藤美紀 / -/ - / 本村真生
年齢:18歳 / 身長:150cm / スリーサイズ:87/57/88(cm) / 血液型:A
TVCMでも有名な工業会社・篠原重工の社長令嬢。弓道部に所属しており、ショートカットヘアでボーイッシュな性格。また、活発で物事をハッキリ言うタイプでもある。機嫌が良い時は無意識の内に爪を噛んでしまう癖を持つ上、背が低いことにコンプレックスを持っており、主人公によくからかわれ、返す言葉が「いつか刺してやる」。主人公との悪友のような関係がいつしか彼への想いに変わるが、親友の友美の想いも自分同様であることを知っているため、彼女を傷付けたくない一心から悩む。温泉旅行中の主人公とのセックスは挿入を試みるも痛くて途中で止めてしまい結ばれなかった。そのため作中では処女のまま。
多忙を理由にほとんど登校してこない可憐については、彼女に一歩及ばない自らの容姿やプロポーションを気にしている[5]ためもあり、良く思ってはいない。設定の由来は、漫画『機動警察パトレイバー』の登場人物・泉野明と篠原遊馬
OVA版では、友美ではなく唯と親友同士。誠との距離がかなり縮まるが、唯の想いを知り、身を引くこととなる。ゲーム版と違い、お嬢様という面はほとんど出ていない。
舞島 可憐(まいじま かれん)
声:高田由美 / 同左 / 矢島晶子 / 同左 / 同左 / 長沢美樹
年齢:18歳 / 身長:168cm / スリーサイズ:88/58/88(cm) / 血液型:A
8歳の時に芸能界入りし、現在はトップアイドルの座にいる少女。その端麗な容姿ゆえに、髪型や服装を真似するファンが多数出るほどの有名人。また、その収入で「可憐御殿」と呼ばれる豪邸に住み、リムジンで通学するなどのお金持ちでもあるが、そういったことを鼻に掛けない謙虚な性格をしている。多忙でほとんど登校できないために友人付き合いにも乏しく、学園内でも周囲には一歩引かれた目で見られてしまうが、それを一切気にしない言動で接してくる主人公に惹かれてゆく。
竹井正樹曰く当初の設定ではトップアイドルではなく、最後の足掻きでヌードグラビア撮影に挑む落ち目アイドル兼コンビニ娘だったとのこと。本編で主人公とのセックスを迎える当日のイベントは、その名残。また、みのりとの繋がりも存在したが、それについては該当項目を参照。
OVA版では第1章のヒロインであり、主人公が初めて肉体関係を結ぶ相手となる。OVA版『卒業生』では唯と共に、三四郎とみゆきの恋愛をサポートする形で活躍する。
加藤 みのり(かとう みのり)
声:浅田葉子 / 同左 / 佐藤美佳子 / - / 同左 / 茂呂田かおる
年齢:18歳 / 身長:150cm / スリーサイズ:79/56/80(cm) / 血液型:AB
とにかく口数が少なく目立たない上、牛乳瓶の底のようなグリグリ眼鏡に髪型も硬めのお下げという地味な少女。これは「ちゃらちゃらした男」が嫌いなために故意で行っており、眼鏡を外して髪を解くと別人のような美少女となる。その別人となった姿で「鈴木ひろ子」と名乗り、学園には内緒でコンビニ店員として、家計を支えるべくアルバイトに勤しんでいる。店では主人公以外の男達からも頻繁に言い寄られており、自分の外見だけに惹かれて寄ってくる男達に対する不信感をより強めていた模様。
企画当初は、ひろ子の容姿が可憐という設定。つまり、可憐のもう1つの顔がみのりという設定だった。そのため、2人の雰囲気はよく似ており、ひろ子の容姿になったみのりが可憐と並んで描かれている『同級生2完全ガイド』(辰巳出版刊)の表紙では、その名残を見ることができる。また竹井正樹曰く、ひろ子の姿とみのりの姿で個別にセックスシーンを用意する予定だったが、後者はスケジュールの都合で没になったとのこと。
PS版では、ひろ子とみのりで個別のデートイベントが用意されている。
『卒業生』ではゲーム版でもOVA版でも、三四郎のことを頼りにしている模様。
南川 洋子(みなみかわ ようこ)
声:中村尚子 / 菊池いづみ / - / 木藤聡子/ - / 中村貴子
年齢:18歳 / 身長:175cm / スリーサイズ:91/60/88(cm) / 血液型:O
バイク屋の一人娘。学園には内緒でバイク通学を行っているほどのバイク好き。ボリュームに富む長く赤い髪が目立つ、いわゆる不良だが、筋は通す硬派。恋愛に関しては純情で、独占欲も強い。主人公の選択次第では、シナリオ終盤で腰まで届く自慢のロングヘアを、いずみ並みのショートカットヘアにしてしまう。
セックスがエンディング成立の必須フラグになっており、これを満たすと他ヒロインとのフラグが先に成立していても全てが無視され、シナリオの終盤に妊娠を告白されて強制的にできちゃった結婚エンディングとなってしまう。これはセックスからキスに置換されたPS版でも同様だが、SFC版のみ変更されている。
ちなみに竹井正樹曰く、いつも乗り回しているバイクはハーレーダビッドソンがモデル。また、髪の色は設定が起こされた時点では本編同様に赤だったが、一部の原画のみ青に着色されている。これは、竹井が洋子のことを同じくキャラクターデザインを担当した他社作品『卒業 〜Graduation〜』のヒロインの1人・新井聖美のそっくりさんとするお遊びを交えながら、原画作業を行っていたため。
杉本 桜子(すぎもと さくらこ)
声:深雪さなえ / 同左 / 今井由香 / 浅田葉子 / 同左 / 高萩晴子
年齢:18歳 / 身長:158cm / スリーサイズ:85/56/86(cm) / 血液型:AB
病名不明の重病(『パーフェクトコレクションシリーズ「同級生2」』では、心臓病と設定されている)を患ったため、3年前から長期入院している少女。性格は極めておとなしく、優しい。本来なら八十八学園に通い、主人公の同級生となる予定だった。窓からの景色しか目にできず、ターボという名の小鳥だけが友達の寂しい闘病生活を過ごしていたある日、ひょんなことから主人公と出会う。
普通にプレイしているだけでは出現しないため、DOS版発売当時は隠れキャラクター扱いだった。しかし、シナリオの出来からメインヒロインの唯と人気を二分する存在となる。更には、退院直後の言動が3年も入院していたと思えないほど健康的なため、Keyの『Kanon』の美坂栞と並ぶ、摩訶不思議な生命力を持った病弱キャラクターとしても知られるようになった。
なお、出現条件は「背景である病院の窓に桜子が映っている時に、そこをクリックする」。その際、DOS版ではキャラクターはカラーであるのに対し背景はモノクロである[6]ため、気付くのは難しくない。しかし、DOS版以外ではCD-ROMの採用で容量に余裕ができたために背景もカラーとなったため、知らずにプレイすると気付くのは難しくなっている。
OVA版では主人公のクラス名簿に名前があるが、長期欠席で除籍中の扱いにされている。OVA版『卒業生』では、水着姿や制服姿を披露し、みゆきを勇気付けたりする。

主人公と同級生でないヒロイン[編集]

鳴沢 美佐子(なるさわ みさこ)
声:田中敦子 / 同左 / 井上喜久子(第9章以降は山田美穂) / 山田美穂 / 井上喜久子 / -
年齢:不明 / 身長:163cm / スリーサイズ:86/58/87(cm) / 血液型:O
唯の母親で主人公の母親代わり。10年前に夫を亡くして困っていた所、大学時代の知り合いである主人公の父親に頼まれ、主人公一家と同居。主人公の母が存命時に自宅で開いていた喫茶店を、住み込みで受け継ぐことになった。
開発当初は主人公の父親の再婚相手、つまり義母継母)という設定だったが、「インモラルすぎる」との理由で只の同居人になった。このことから当時は、義母や義妹が当然のように攻略対象に含まれている昨今より、慎重な姿勢での開発を行っていたことが窺える。
主人公の父に対して密かな好意を抱いている一方、主人公を預けていったことには不満を感じており、深夜に自棄酒を煽ることもある。OVA版では学生時代から主人公の父に想いを寄せており、彼が親友のために美佐子から身を退いていたことが明らかになる。唯のエンディングでは主人公の父と結ばれ、ダブル結婚式を行う。
年齢が不明で容姿もあまりに若いことから、DOS版発売直後のゲーム雑誌やパソコン通信では「彼女は何歳?」や、「美佐子と唯は実の親子ではないのでは?」などの論争が展開された。OVA版では40歳と設定されたが、その若々しさから有友に唯の姉と間違えられるシーンが存在する。SFC版では攻略不可。PS版では攻略自体は可能だが、エンディングの内容が変更され主人公と結ばれずに終わる。PC版では唯との同時攻略は不可。
都築 こずえ(つづき こずえ)
声:吉田古奈美 / 同左 / 柳原みわ / 同左 / - / 柳原みわ
年齢:16歳 / 身長:148cm / スリーサイズ:78/54/79(cm) / 血液型:B
八十八学園1年生。図書委員でテニス部所属。噂で聞いた主人公の武勇伝に憧れるなど、少し変わった所がある。また、喜怒哀楽が激しく落ち着きの無い多少我侭な性格の上、童顔幼児体形。私服の好みもロリータ系であるため、とにかく幼稚な印象を周囲に与えるが、内面はそれほどではなく、プロポーションも下半身だけはそこそこ立派な安産型。
前作の斎藤亜子と同様に、ボブカットの髪型。厳格な自宅には兄が1人居るという設定だが、本編には登場しない上、一部イベントでは1人っ子とも言及している。SS版では、唯との同時攻略が不可能となっている。
OVA版では両親が離婚済みであり、父親と一緒に暮らしている。
片桐 美鈴(かたぎり みれい)
声:勝生真沙子 / 同左 / くればやしたくみ / - / - / 久末絹代
年齢:25歳 / 身長:165cm / スリーサイズ:88/59/91(cm) / 血液型:A
八十八学園の現代国語と古文の教師で、主人公のクラス担任。学園一の美人教師で、男子生徒の人気は高い。八十八町のマンションに一人暮らし。3年生の冬休みになっても進路が決まらない主人公のことを、終始気に掛けている。
教え子達には明かしていないが、美術大学助教授を務めている35歳の彼氏がいる。自分が教師であることに誇りを持っているが、皮肉にもそれが原因で彼氏との間には軋轢が生じており、結果的には主人公とのシナリオが一気に進むきっかけとなる。
OVA版では授業中のシーンで登場するだけで見せ場らしい見せ場も無いが、OVA版『卒業生』とPS版やSFC版では、水着姿を披露する。SFC版では攻略不可で彼氏も登場せず、恋が終わりを迎えたことを伺わせる描写だけが残されている。
野々村 美里(ののむら みさと)
声:水沢潤 / 同左 / 安達まり / 同左 / - / -
年齢:21歳 / 身長:160cm / スリーサイズ:82/55/82(cm) / 血液型:B
八十八町のバス会社「入梅興業」の社員。美鈴と同じマンションに一人暮らしだが、お互いに面識は無い。恋愛には普通を求める一方、実は刺激を求めるタイプ。また、セックスは普通に好きで、既に肉体関係を持った大学生の彼氏がいる。主人公達が「冬至温泉」へ旅行に行く際、バスガイドとして同乗したことをきっかけに、彼氏より刺激的な雰囲気を持つ主人公に惹かれていく。
竹井正樹曰く、「髪型が間違っている」とのことだが、どういう意味なのかは不明。OVA版では彼氏に去られた後という設定になっており、同行先の露天温泉で主人公と混浴中に青姦へ至るが、それ以外に見せ場らしい見せ場は無く、OVA版『卒業生』にも顔見せ程度で登場するのみ。SFC版では攻略不可。
田中 美沙(たなか みさ)
声:こおろぎさとみ / 同左 / 同左 / - / こおろぎさとみ / 小野寺麻理子
年齢:20歳 / 身長:159cm / スリーサイズ:83/54/83(cm) / 血液型:B
前作から唯一引き続いての登場。現在は体育大学の2回生で、大学寮住まい。前作の主人公と一旦は結ばれたものの、その後に喧嘩別れとなってしまい、現在は1人。傷付いた心を癒すべく、親友の鈴木美穂が現在の居を構えている八十八町を訪れたところ、駅前にて主人公と出会う。前作の主人公と酷似したタイプの主人公には困惑しながら、急速に惹かれていく。
前作の主人公との恋愛経験や2年の歳月を経て人間的に成長を遂げた分、性的にも前作より大胆なキャラクターとなった。スポーツ万能は前作同様で、主人公とテニス勝負を行う。
OVA版では季節がゲーム版と違って夏のため、テニスウェア姿の他に水着姿も用意されている。OVA版『卒業生』には未登場。SFC版では選択肢によってはテニスではなくかけっこでの勝負になる。
安田 愛美(やすだ あずみ)
声:山田美穂 / 同左 / - / 菊池いづみ / - / -
年齢:21歳 / 身長:156cm / スリーサイズ:84/60/87(cm) / 血液型:O
八十八町の保育園「聖・花園保育園」の保母。身体は普通に大人である反面、顔立ちは極めて童顔。性格は母性本能の塊で、一旦惚れた相手には命まで捧げたくなるほど情熱的かつ献身的な恋愛感も持っているが、過去にそれが災いした失恋経験を持つことから、男性に対しては臆病かつ疑い深くなっている。天道 新幹線(後述の体育教師)には一目惚れされており、彼に追い回される日々の中、主人公と出会う。
蛭田昌人曰く本作のヒロインで最も気に入っているとのことだが、竹井正樹曰く最も描き辛かったとのこと。
OVA版『卒業生』には、1カットのみ登場。SFC版では攻略不可。
永島 久美子(ながしま くみこ)
声:かないみか / 同左 / 本井えみ / 同左 / 同左 / -
年齢:18歳 / 身長:151cm / スリーサイズ:80/55/81(cm) / 血液型:O
主人公達が温泉旅行で泊まった旅館「永島旅館」の一人娘。世間知らずで18歳とは思えないほど子供っぽいが、お下げの髪を解くと年齢相応の少女である。都会から来た一行に憧れて家出した後、主人公の元へ転がり込む。雪国育ちから寒さには慣れており、真冬でも常にミニスカート姿[7]。また、8歳の時に父親を亡くしたことから寂しがり屋で、就寝時にはぬいぐるみを欠かさない。
垢抜けない容姿のため、有友に主人公宅のメイドと間違えられるシーンが存在する。
永島 佐知子(ながしま さちこ)
声:滝沢久美子 / 同左 / 山口由里子 / 同左 / - / -
年齢:不明 / 身長:165cm / スリーサイズ:89/60/87(cm) / 血液型:B
永島旅館の5代目女将で久美子の母親で未亡人。美佐子と同じくとても若作り。家出した愛娘の久美子を連れ戻すべく、主人公の元を訪れる。どんな時も色気が溢れる妖艶な容姿には似合わないほど肝の据わった性格をしており、露天風呂ではたまたま主人公に裸を見られてしまうも全く動じず、悲鳴すら上げないほど。しかし、久美子を心配するあまり、都会とそこに生きる男達にはかなりの偏見を持っている上、彼女のためなら自身を犠牲にすることも躊躇わない。
OVA版での出番はわずか。OVA版『卒業生』でも、久美子共々第2楽章に登場するのみ。PC版では久美子との同時攻略は不可。PS版やSFC版では攻略不可。

コンシューマ版オリジナルヒロイン[編集]

西御寺 静乃(さいおんじ しずの)
声:藤野かほる
PS版に登場。有友の異母妹で15歳B型の中学3年生。有友とは違い、控えめで優しく一途な性格。
山本 律子(やまもと りつこ)
声:手塚ちはる
PS版に登場。可憐と同じ事務所に所属している18歳のロックシンガー。事務所内で可憐が唯一心を開く、貴重な存在でもある。アイドル活動を行わず、純粋に音楽活動だけを行いたいという硬派な性格で、可憐のファンを「キャーキャー騒いでいるだけで可憐の歌を聞いていない」と、冷ややかな目で見ている。実力はあるが、その性格から事務所が面倒がって機会をあまり与えないので、ほぼ無名。
全ヒロイン中唯一血液型が公表されておらず、攻略本にも他のヒロインでは血液型が表記されている箇所に「学校には行っていない」と記されている。
SFC版でも麻耶とのデートで音楽番組を鑑賞する際、1シーンだけ登場する。設定はPS版準拠らしく、主人公を初め観客の大半が彼女の歌を初めて聴いた旨の描写が盛り込まれている。
南雲 麻耶(なぐも まや)
SFC版に登場。如月神社の神主の孫娘で、巫女に就いている18歳A型の少女。実家でもある神社で、神主を務める祖父と共に暮らしている。かつては学校に通っていたが、巫女に就くという家庭の事情から、2年生の時に中退済み。作中の台詞から、2年生半ばで如月町へ引っ越してきてそのまま中退したことが窺える。主人公曰く、「同級生になれなかった同級生」。外の自由な世界への憧れと、祖父への想いで板挟みになっている。
両親については不明だが、作中の台詞から祖父以外には身寄りが無いことが窺える。祖父は厳格な老人で、高血圧の持病を抱えているが、腕っ節と身のこなしは主人公も敵わないほど。
オープニングデモとボツ子のヒントでは謎の少女と呼ばれている。

サブキャラクター[編集]

西御寺 有友(さいおんじ ありとも)
声:緑川光 / 結城比呂 / 一条和矢 / - / - / -
西御寺財閥(この世界では時代錯誤的に財閥が存在していることになっている)の御曹司で、物事はもちろん恋愛までも全てお金で解決できると思っている。主人公と様々な面で張り合おうとするライバル的存在だが、潜在意識的に自信がなく、家が上流階級であることを何かと引き合いに出す偏った自尊心の持ち主。恋愛の本命は唯だが、こずえや鈴木ひろ子など他の娘にも手を出し、友美やいずみにも色目を遣っている。外面が良く金持ちのため、一般女子からの人気は高い。
OVA版ではゲーム版での嫌味な部分が抑えられ、偏った性格ではなくなっている。ややギャグキャラ化しながらも、芳樹と共に主人公を助けることもあるなど、悪友のような存在へ変更されており、当初は嫌い合っていたいずみとも良好な関係になった。
長岡 芳樹(ながおか よしき)
声:千葉一伸 / 同左 / 室園丈裕 / 同左 / 同左 / -
部員は自分1人という写真部の部長。肥満体かつアバタ顔に眼鏡と、オタクに対する負のイメージを具現化したような容姿の上、趣味は女の子のパンチラ盗撮で、特技は他人のプライバシー探索であることから、学園の全女生徒から激しく忌み嫌われている。パンチラ盗撮に全力を注ぐあまり、ターゲットとした女性を脅迫することも辞さない、極めて自己中心的な性格。ただし、芳樹にとって女性は被写体でしかなく、セックスに憧れる主人公に対し、パンチラ写真で自慰したほうがよいと答えている。また、自分と同様に問題児である主人公を一方的に親友呼ばわりしているが、彼からは煙たがれている。相手を不快にさせる「きっついなあ」が口癖。なおこの口癖は、『エルフオールスターズ脱衣雀』で登場した時もしばしば口にしている。
OVA版ではゲーム版とはまるで違う前向きな性格となり、主人公や有友にからかわれたりボコボコにされつつも、どこか憎めないコミカルな存在へ変更された。また、ゲーム版の口癖も発しない。
川尻 あきら(かわじり あきら)
声:石井康嗣 / 同左 / 川津泰彦 / - / - / -
主人公の親友の柔道部部員。基本的にはいたって普通の性格だが、柔道着を普段着やスキーウェアとしても着用している(立ち絵削減のための措置)。プロローグで唯に気があるような素振りを見せる一方、女の子とは全く縁がないように見えるが、本編冒頭で洋子に惚れていることを自覚する。テレビ番組マニアで、可憐のファンでもある。
OVA版では唯に惚れているが、九州方言で話す奥手な性格へ変更された。
天道 新幹線(てんどう しんかんせん)
声:藤原啓治 / 同左 / 江川央生 / - / - / -
八十八学園体育教師であり、柔道部顧問や生徒指導も担当している。専制君主的な性格で、問題児である主人公に何かと因縁をつけてくる。愛美に一目惚れした後はいわゆるストーカーと化すが、自分の気持ちを押しつけるばかりで相手にされない。生徒からは恐れられて不人気だが、美鈴にも苦い顔をされるなど、職員間の評判もあまり良くないもよう。
カエルおやぢ
声:西村知道 / - / - / - / - / -
本名不明の中年サラリーマン。美佐子目当てに喫茶店に毎日通っては、彼女にしつこく言い寄る。主人公に懲らしめられた後は、駅前で車に轢かれる末路を辿る。SFC版では登場せず、車に轢かれる場面でのみ名前が登場する。
竜二(りゅうじ)
声:細井治 / - / - / - / - / -
名字不明。ひろ子と同じく、セブンマートのアルバイト店員。担当ローテーションはひろ子がいない時間。派手なパンクヘアピアスが物語るように、普段はロッカーのもよう。
変質者(へんしつしゃ)
声:岡和男 / - / - / - / - / -
本名不明。八十八公園で唯を襲った中年男。自称ベテランらしい。
PS版ではチンピラ、SFC版では酔っぱらいという名称に変更されている。
ひかり
声:石井直子 / - / 勝生真沙子 / 同左 / 同左 / -
名字不明。可憐のマネージャーで、かなりきつい性格。可憐に接近する主人公を危険視しており、何かと妨害してくる。プロダクションの社長と関係を持っている。SS版では設定を掘り下げたエピソードが追加された。
恋愛専科版では、ゲーム版やOVA版で見せた理不尽な厳しさは緩和されている。
怒り野 ボツ子(いかりの ボツこ)
声:山崎和佳奈 / - / 橘U子 / - / - / -
アップヘアで裸に亀甲縛りという痴女姿(コンシューマ版ではリオのサンバ・カーニバルのような派手な衣装)で0時以降の深夜から早朝の町を徘徊する、謎の女性。メインキャラクターだったのに没にされた恨みと称して攻略情報を主人公に教えてくれる、要はお助けキャラクター。
SFC版では主人公に対し、自分こそが真のヒロインだと宣言。先述の恨みを晴らす専用エンディングが追加されているほか、おでん屋台を引き、胸にサラシを巻いた謎のオデン屋としても登場。暖簾で顔が見えないものの、体型やイヤリングから主人公にはボツ子だとバレているにもかかわらず、本人は頑なに否定。こちらも0時以降の深夜の町を徘徊しているが、遭遇するとおでんの代金と称して所持金を接収されるという、お邪魔キャラクターである。オデン屋に所持金を接収され続けると、最終的にはバッドエンドがボツ子エンドに置き換わることになる。一方でボツ子は主に早朝の町を徘徊しているが、攻略情報というよりSFC版と他機種との相違点を説明することが多い。
OVA版では第1章冒頭の一瞬と、ヒヒ親父こと鈴木社長(声:茶風林)の愛人として登場。

移植版[編集]

PC-FX (FX) 版
開発は前作同様、フライト・プランが担当。コンシューマ版唯一の18禁指定。
ヒロインは追加されなかったが、内容はDOS版をほぼ完全移植(セックスシーンにおけるヒロインの絶頂CGや、主人公から浴びせられた精液の差分CGなどは削除)。CGを256色化した他、DOS版には無かった日常のリアルな効果音や声優による音声も追加。
なお、FX用作品で初めて18禁指定を受けたのは本作である。
セガサターン (SS) 版
FX版を元に移植。開発はフライト・プランが担当。18歳以上推奨。
ヒロインは追加されなかったが、可憐のマネージャーであるひかりのエピソードが追加され、キャラクターを掘り下げた。本編クリア後には『卒業生』がプレイ可能。
18歳以上推奨で発売されたが、過激な性的描写は削除されている。
エンディングテーマ『春を待つ季節』[8]
作詞:溝口功 / 作曲、編曲:大熊謙一 / 歌:松下美由紀
使用曲で唯一、CD化されていない。
PlayStation (PS) 版
移植・発売メーカーがセガサターン版とは違い、声優も一部異なる。全年齢対象。
ヒロインに静乃と律子が追加。フィギュア12体が付属した『EXTRA BOX 限定版』も、税込13,800円で発売された。そのパッケージはPSで発売された限定版ソフトの中でも最大級のサイズである。また、フィギュアの瞳はデカールで再現するようになっている。
全年齢対象となったことで、下着が見えるCGや猥談に近い台詞は変更・改変され、登場人物をクリックすることもできなくなった[9]。しかし、移動先に温水プールが追加されたことで一部のヒロインには水着シーンが追加された上、その一部はSFC版にも流用された。多数のヒロインに追加イベントが用意され、エンディング成立の必須フラグになっているヒロインもいる。
Windows95 (Win95) 版
エルフによる自社移植。BGMアレンジは与猶啓至が担当。18禁指定。
後のWin版『同級生』と同様の理由からヒロインの追加は行われなかったが、CGの256色化や声優による音声の追加が行われた以外はDOS版に極めて忠実な内容だった。本編クリア後には『卒業生』がプレイ可能。
キャッチコピーは「貴方だけの青春がこの中にある。」(副題を和訳したもの)。なお、スペシャルディスクは制作されなかった。
スーパーファミコン (SFC) 版
SFCのソフト市場衰退のために一旦は発売未定となっていたが、その後に『ニンテンドウパワー』専用新作ソフト第1弾として発売された。PS版と同じく全年齢対象だが、猥談調の台詞やPS版で削除されたCGが残されているなど、表現規制についてはPS版ほど厳しくはない。PS版で追加されたCGの一部は採用されているが、追加イベントは採用されていない。
ヒロインに麻耶が追加された一方、美沙以外の年上ヒロインは全て攻略不可。他のヒロインも、一部のイベントや会話に削除や改変が施されており、美沙以外のヒロインからは告白されることも無い(美沙へは主人公から告白することができない)。また、和服姿など登場頻度の少ない立ち絵が削除された上にセーブファイルが最大3つまでに制限され、有友・あきら・新幹線のテーマや桜子のオルゴール、セックスシーンや自室での曲など半数近くのBGMが削られている。プロローグも2日分短くなり、1日あたりの文章量も削られたが、登下校のルートを毎回変更してそこに他機種では別の時間で行っていた会話を挟むなどして必要最低限の説明は行っている他、他機種では登場しなかった美里と愛美を登場させている。
発売当時の他家庭用機より1世代古い機種なので、グラフィックやサウンドは相応に劣っているが、ゲーム本編を選択する度に主人公の名前を入力する(プロローグからやり直さなくても主人公の名前を変更できる)、睡眠を取らなくてもセーブやロードができるなど、ゲームシステムには改良が施されている。SFC版独自のイベントとして、こずえ(とボツ子)以外のヒロインにファーストキス専用の台詞がある(二股をしないとファーストキスでない台詞を見られない)。また、他機種では3%だった消費税の描写が5%に変更されている。なお、画面切り替えの暗転時、そのままもしくは砂嵐状態になってフリーズすることがままある。
他機種版がロットアップしていく中、任天堂各サービスセンターや営業所での書き換えサービスが続けられていたが、2007年2月28日をもってサービスが終了したため、以降は入手不可。バンプレスト最後のSFC用のゲームタイトルであった。
DMM版
開発はエルフが担当。DMMで独占ダウンロード販売。Windows2000/XP/Vista対応。
Win95版を元としてVistaへの対応化が行なわれ、オートスキップやオートモードなどの機能が追加された上、希望者には別途提供されるパッチファイルを当てることによって、シーン回想モードが更に追加される。本編の内容はWin95版と同じで、一部のCGには2007年時点の規定に適合するよう、若干の手直しが施されている。なお、前作と違ってWin95版のシナリオ自体がDOS版のままなので、ボイスもWin95版のまま。
おまけ要素として、『卒業生』の他に、本編のパラレルストーリーである『鳴沢家の居候』や、『臭作』の主人公が読者投稿を紹介する『同臭生』を収録(『卒業生』以外はボイス無し)。

卒業生[編集]

概要(卒業生)[編集]

本作はDOS版『同級生2』のスペシャルディスク、SS版、Win95版、DMM版にてプレイできる、本編の外伝シナリオである。

まず、起動後には『同級生2』本編のヒロインを選択する。これは、本作開始後の時系列が『同級生2』本編での告白後かつエンディング直前に位置しており、本編のヒロインがりゅうのすけとのエンディングを迎えるにあたっての心境が、三四郎とみゆきの恋模様を通じてわかるようになっているためである。

後に『同級生2』の本編と同様に、この外伝『卒業生』もOVA化された。

キャラクター(卒業生)[編集]

声優名はSS版/OVA版の順(Win95版/DMM版は未公表)。

三四郎(さんしろう)
声:- / 岸尾大輔
本作の主人公。名字不明。八十八学園の卒業生で、りゅうのすけ達の1年先輩に当たる。ガリ勉タイプで、在学中は一流大学に現役トップで入学するなど学園創立以来の成績を修めたが、スポーツだけは並の下で終わった身で、喧嘩も弱い。有友の家庭教師を務める一方、みゆきに密かな想いを寄せている。りゅうのすけとはちょっとした因縁あり。
榊原 みゆき(さかきばら みゆき)
声:皆口裕子 / 水沢潤
三四郎が想いを寄せる淑女で、本作のヒロイン。白薔薇音楽院2年生。有友にピアノを教える他、いずみ達の家庭教師を受け持っており、その端麗な容姿と優しい性格で、後輩の皆からは良き先輩と慕われている。

OVA版[編集]

概要(OVA版)[編集]

前作同様、ケイエスエスピンクパイナップルレーベルで製作し、1996年3月22日に第1章が発売された。当初は全9章の予定で制作されて物語も一応の完結を見るが、売上が好調なために全12章へ延長。その後、外伝として『卒業生』の全3楽章が制作された。

基本的には原作に沿った内容を15禁(R指定[10])で制作していたが、当時は15禁・18禁OVA市場がバブル期にあったことから、性描写を一切盛り込まずにシナリオを重視して描くという新たな試みも導入され、その方針によりシリーズ中数章が一般向けとして制作された。なお、『卒業生』は全巻が一般向けとして制作されている。

また、1998年7月から8月にかけての9週に渡り、第1章から第9章までの性的描写を全てカットした再編集版が、UHFアニメとして深夜枠で放映された。アダルトゲーム原作のUHFアニメとしては、地上波で放送された初の作品でもある[11]。また、このUHFアニメ化に際し、オープニングテーマがそれぞれ岡崎律子の作曲による、『色づく頃に…』へ差し替えられた。

更には外伝の『卒業生』も、OVA版『同級生2』の売上が好調だったことから、1999年に『同級生2 Special 卒業生』のタイトルでOVA化された。一般作でありながらお色気シーン満載。

キャラクター(OVA版)[編集]

諸岡 わたる(もろおか わたる)
声:岩田光央
第3話に登場する、前作の主人公。現在交際している恋人と喧嘩中らしいが…。

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送区分
兵庫県 サンテレビ 独立UHF
京都府 KBS京都
神奈川県 TVK
千葉県 千葉テレビ
埼玉県 テレビ埼玉
愛知県 テレビ愛知 TXN
福岡県 TXN九州
北海道 テレビ北海道
広島県 広島ホームテレビ ANN
静岡県 静岡放送 JNN
新潟県 新潟放送
日本全国 AT-X CS放送

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

『同級生2』
  1. 桜の舞うころ…
  2. 初夏・雨上がり…
  3. 夏・別れ・そして…
  4. 秋・枯葉の季節に…
  5. ホワイト・クリスマス
  6. 心もよう、くもりのち…
  7. さよなら…いつまでも…
  8. それぞれの春 そして…
  9. 刻の流れに…
  10. 出会い、そして…
  11. 夢、それから…
  12. 兄妹…それとも…
『同級生2 Special 卒業生』
  1. みゆきと可憐のオトコの度胸
  2. みのりと友美と温泉旅行
  3. プールと告白とサクラサク!?


関連書籍[編集]

同級生2完全ガイド
辰巳出版より発行。前作の『同級生原画集』同様、竹井正樹によるカラー原画を収録している他、ゲーム本編の解説や攻略法、スタッフインタビューも掲載している。なお、他機種よりも内容に変更点の多いPS版については、同じく辰巳出版から専用攻略本が発売された。
パーフェクトコレクションシリーズ「同級生2」
ケイエスエスより発行。『1st step』と『2nd step』の全2冊。前作の『パーフェクトコレクションシリーズ「同級生」』同様、OVA版の解説やキャラクター設定を掲載。ただし、取り扱っているのは第10章まで。

関連商品[編集]

スペシャルディスク
DOS版のパッケージに入っている応募用紙で購入できた特典ソフト。当時のエルフ広報社員が進行する特別編『マハートの世界』、本編とは全く異なるパラレルワールドを舞台とした『鳴沢家の居候』、外伝シナリオ『卒業生』のミニアドベンチャーゲーム3本がプレイできる他、ボツ子による本編の攻略コーナーもあった。
『卒業生』はSS版とWin95版とDMM版、『鳴沢家の居候』はDMM版にも含まれている。
オルゴール
劇中の杉本桜子のエピソードで出てくるメロディが流れる。エルフより制作・発売された。
ポスタードリーム[12]
バンプレストより制作・発売されたプライズゲームマシン。3桁のデジタル数字のスロットが付いており、コインを入れると数字が回転し始める。頃合いを見計らって各数字の下に並んだボタンを押し、回転を止めた際に同じ数字が揃えば、ポスターが出てくる。『同級生』とカップリングのポスターが入手できた。
また、『下級生』にはゲームセンターで遊べるミニゲームとして収録されており、『同級生』と『同級生2』のカップリングポスターを入手可能となっている。Win版『同級生2』では、『下級生』のポスターが入手できるようになった。ポスターの絵柄には、実物と同じ物が使われている。
八十八学園女子制服
エルフオフィシャルファンクラブにて数量限定生産された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ※一般にはPC98版とFM-TOWNS版、DOS/V版を総じてDOS版と呼称する。
  2. ^ ※一般にはFX版・SS版・PS版・SFC版を総じてコンシューマ版と呼称する。
  3. ^ ゲームの進行に従って増える。SFC版では1〜3。
  4. ^ DMM版のみオートスキップもあり
  5. ^ 身長とスリーサイズの対比から見れば、むしろ可憐よりもプロポーションは良いはずであるが、容姿はそれを感じさせない華奢なものに設定されている。
  6. ^ フロッピーディスクの普及当時、容量節約のために使われた手法でもある。
  7. ^ ただし、他のヒロインも雪山を除いてミニスカート姿であり、病弱なはずの桜子さえも退院後はミニスカートである。
  8. ^ 春を待つ季節を参照。
  9. ^ 他機種版では、女性の胸や下半身をクリックすると「じろじろ見るな」と言われる。
  10. ^ 当時の基準であるため、後の日本ビデオ倫理協会の規定改定以降は、前作同様に18禁とされている。
  11. ^ ちなみに、初めから全年齢で企画されたアダルトゲーム原作のUHFアニメは『To Heart』。
  12. ^ ポスタードリーム考察より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]