電撃王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電撃王」(でんげきおう)は、メディアワークス(現アスキー・メディアワークス)発行のゲーム雑誌

1992年角川書店から独立してメディアワークスを立ち上げた元「コンプティーク」編集スタッフにより、1993年1月8日に電撃シリーズの月刊パソコンゲーム雑誌として創刊。当初はA4判変型という珍しい判型を採用し、「ゲーム雑誌最大の判型」を売りにしていた。また、コンプティークの売りの1つだった読者参加型ゲームの連載は本誌でも同様に行われ、『クリス・クロス』などが世に出ることとなった。

2001年にはアダルトゲーム主体の「電撃姫」が、本誌から独立。以降は非アダルト系のパソコンゲーム市場が衰退傾向となったこともあり、岡本吉起の連載コラムを始めとするゲームクリエイターに焦点を当てた記事や業界人向けの情報へ誌面を移行させる。

2003年2月号より雑誌名を「DENGEKI GAMES」(デンゲキゲームズ)へ変更してリニューアル。変更最初となった号は「誕生号」と称した。

2004年3月号をもって一旦休刊。総合誌としての役割の一部は「電撃「マ)王」が受け継いだ。その後、プレイステーション3Wiiの発売に合わせて2006年12月1日に「電撃王」の表題で一度のみ復刊した。

2009年7月に休刊した「電撃DS&Wii」の編集体制を継承し、姉妹誌「電撃PlayStation」のスタッフも参加して、同年9月に本誌が一時使用していた雑誌名を継承する形で「電撃ゲームス」が新たに創刊されたが、これも2011年のVol.21をもって再び休刊した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]