ヨナオケイシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨナオケイシ(与猶 啓至・よなお けいじ、1969年7月20日 - )は、主にコンピューターゲームの音楽を手がける日本作曲家福岡県福岡市出身。代表作に『あすか120%』シリーズ、『Dies irae -Also sprach Zarathustra-』他。

来歴[編集]

デビュー作は1989年に発売されたMSX用ゲーム『ハイディフォス』。その後は主にフィルインカフェが開発を手がけたX68000PCエンジン用のゲームに楽曲を提供し、知名度を高めた。FM音源が主流だった時代に、いち早くMIDI音源対応の楽曲を提供していた。

またゲーム音楽とは別に、ソロワークとしてオリジナルコンセプトCDアルバム『サイバーフォニック』シリーズをリリース。2008年現在、シリーズ4作目となる『サイバーフォニック3』を製作中。REIKAとのユニット「MOTLEY」でも数々のオリジナル作品を発表している。 昨年2008年にはせんたろ梅本竜らと共に「Spin→Out」を結成。現在はKORG DS-10を使ってのイベントに多数出演。同時に所属事務所である「TILDE」での活動も精力的に行っている。

2009年12月にlightより発売された「Dies irae ~Acta est Fabula~」で『萌えゲーアワード2010』BGM部門金賞受賞。

同業の梶原正裕などと親交が深い。

作品[編集]

コンピューターゲーム[編集]

外部リンク[編集]