KORG DS-10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KORG DS-10
ジャンル アナログシンセサイザー・シミュレーター
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 AQインタラクティブキャビア)・コルグ
発売元 AQインタラクティブ
人数 1 - 8人
メディア DSカード
発売日 日本の旗 2008年7月24日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
その他 2008年11月時点ではAmazon.co.jp限定販売
テンプレートを表示

KORG DS-10』(コルグ ディーエス テン)は、AQインタラクティブコルグと共同開発し、2008年7月24日に発売されたニンテンドーDS専用音楽ツール・ソフト。

概要[編集]

コルグから1978年に発売されたモノフォニックシンセサイザーの名機MS-10をデザイン・モチーフに開発されたソフトで、2台のアナログシンセサイザー・シミュレーター(ソフトウェア・シンセサイザー)、4トラックのドラムマシンシーケンサー、ミキサー、サウンド・エフェクターを備え、単体でひととおりのDTMが可能である。

また、MS-10のパッチングによるインターフェースを残しながら、タッチパネルを活かした同社のKAOSSILATORのようなインターフェースや、ワイヤレス通信による複数台を同期させての同時演奏、データ交換など、ニンテンドーDSならではの機能を備えている。

Amazon.co.jpのみで販売されている。発売前には同サイト内の予約数で1位になった。YouTubeやニコニコ動画などで演奏動画がアップされている。

2009年9月17日に、一部ニンテンドーDSi専用機能も備えた機能拡張版『KORG DS-10 PLUS』が発売される事が決定した[1]。 『PLUS』は一般流通でも販売される。また大人の科学マガジンとコラボレーションした限定版の発売も発表されている[2]

開発者である佐野電磁プロデュースによる女性ボーカル・シンセサイザーユニット『DG-10』[3] が発表された。メンバーは今井麻美長谷川明子又吉愛の3名。2009年7月25日に行われた『KORG DS-10 お誕生会』にてデビュー。同日には収録曲のCD、カセットテープが会場で先行販売された。

脚注[編集]

  1. ^ 臼田勤哉 (2009年6月26日). “DS用音楽ソフト「KORG DS-10」に機能拡張版の「PLUS」”. AV Watch. 2010年12月19日閲覧。
  2. ^ KORG DS-10公式サイト
  3. ^ DG-10公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]