実験映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

実験映画とは、映画の表現技法を実験的に試みた映画である。主に、視覚的なものを実験したものと情緒的なものを実験したものに二分できる。

映像の視覚的な効果を実験したものには、トニー・ヒルの一連の作品やピーター・グリーナウェイの初期作品などが挙げられる。

映画の中に登場する人物の感情面を新しい手法で表現しようとした実験映画としては、ジェーン・カンピオンの『キツツキはいない』などが挙げられる。

外部リンク[編集]