イースI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イースシリーズ > イースI
イース
ジャンル アクションRPG
ゲーム
ゲームジャンル アクションRPG
対応機種 PC-8801mkIISR以降(PC88)、X1
PC-9800シリーズ(PC98)
FM-7/77FM77AV
MSX2Apple II(A2)
PC/ATX68000(X68K)
ファミリーコンピュータ(FC)
セガ・マークIII/マスターシステム(SMS)
セガサターン(SS)★
S!アプリ(S)、iアプリ(i)
開発元 日本ファルコム
X68K:電波新聞社
A2:ブローダーバンド
PC/AT:KYODAI
FC:アドバンスコミュニケーション
SMS:セガ
S:ボーステック
i:ハドソン
発売元 日本ファルコム
MSX2:ソニー
A2:?
PC/AT:?
X68K:電波新聞社
FC:ビクター音楽産業
SS:日本ビクター
SMS:セガ
S:ボーステック
i:ハドソン
メディア フロッピーディスク
FC,SMS:ロムカセット
SS:CD-ROM
プレイ人数 1人
発売日 PC88:1987年6月21日
X1:1987年6月26日
PC98:1987年8月28日
FM7/77:1987年10月8日
FM77AV:1987年10月8日
MSX2:1987年12月10日
A2:?
PC/AT:?
X68K:1991年7月19日
FC:1988年8月26日
SMS:1988年10月15日
SS:1997年11月6日
S:2002年12月18日
i:2003年4月1日
その他 ★ファルコムクラシックスに収録
イースI・IIも参照
ゲーム:イースエターナル
ゲームジャンル アクションRPG
対応機種 Windows(Win)95/98
必要環境 CPU:Pentium486DX2/66MHz
メモリ:16MB以上
HDD空き容量:70MB
ディスプレイ:640x480、256色
推奨環境 CPU:Pentium100MHz以上
開発元 日本ファルコム
発売元 日本ファルコム
メディア CD-ROM
プレイ人数 1人
発売日 1998年4月24日
音楽フォーマット PCM/CD-DA/MIDI(GM規格)
ゲーム:イースエターナルVE
ゲームジャンル アクションRPG
対応機種 Win 95/98/Me
必要環境 CPU:CPU:Pentium 100MHz
推奨環境 CPU:Pentium200MHz以上
開発元 日本ファルコム
発売元 デジキューブ
メディア CD-ROM
プレイ人数 1人
発売日 2001年5月23日
ゲーム:イースI 完全版
ゲームジャンル アクションRPG
対応機種 Win 95/98/Me/2000/XP
EZアプリ(EZ)、S、i
必要環境 CPU:Pentium 200MHz
メモリ:64MB
HDD空き容量:245MB
ディスプレイ:640x480、High Color
サウンド:DirectSound
推奨環境 CPU:PentiumII 300MHz以上
メモリ:128MB以上
開発元 日本ファルコム
EZ(b):ボーステック
EZ(t)、S:バーンハウスエフェクト
i:タイトー
発売元 日本ファルコム
EZ(b):ボーステック
EZ(t)、S、i:タイトー
メディア CD-ROM,DVD-ROM
プレイ人数 1人
発売日 2002年3月28日
EZ(b):2004年6月3日
EZ(t):2005年2月17日
S:2005年3月1日
i:2005年11月7日
音楽フォーマット WAVE 22kHz(BGM、SE)
MIDI音源対応 SC-88以降(BGM)
その他 ※特に表記のない情報はWinの物
※I・II完全版はイースI・IIを参照
ゲーム:イースI VE
ゲームジャンル アクションRPG
対応機種 Win 95/98/Me/XP
必要環境 CPU:CPU:Pentium 133MHz
開発元 日本ファルコム
発売元 メディアカイト
メディア CD-ROM
プレイ人数 1人
発売日 2003年4月18日
ゲーム:イースDS
ゲームジャンル アクションRPG
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 ドリームス
発売元 インターチャネル・ホロン
メディア フラッシュメモリ内蔵DSカード
プレイ人数 1~4人
発売日 2008年3月20日
レイティング CERO:A(全年齢対象)
ゲーム:イース -クロニクル-
ゲームジャンル アクションRPG
対応機種 iアプリ
開発元 サイバード
発売元 サイバード
プレイ人数 1人
発売日 2002年11月5日
ゲーム:新イースI -3D-
ゲームジャンル アクションRPG
対応機種 iアプリ
発売元 タイトー
プレイ人数 1人
発売日 2005年3月22日
ゲーム:新イースI -3D-外伝
ゲームジャンル アクションRPG
対応機種 iアプリ
発売元 タイトー
プレイ人数 1人
発売日 2005年12月19日
小説:イース 失われた王国
著者 飛火野耀
イラスト 杉浦守
カバー・口絵:藤原カムイ
出版社 角川書店
レーベル 角川文庫
発売日 1988年3月
巻数 1冊
小説:イースI 天界へそびえし魔塔
著者 大場惑
イラスト 池上明子
出版社 アスキー
レーベル ログアウト冒険文庫
発売日 1993年12月22日
巻数 1冊
漫画
作者 羽衣翔
出版社 角川書店メディアワークス
掲載誌 コンプティーク
月刊コミックコンプ
月刊電撃コミックガオ!
巻数 7冊
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト コンピュータゲームアニメライトノベル漫画
ポータル ゲームアニメ文学漫画

イースI』(-ワン、Ys I)とは、日本ファルコムアクションロールプレイングゲーム (ARPG) 、〈イースシリーズ〉の第1作目。オリジナルの正式販売タイトルは単に『イース』。リメイク作には正式にタイトルナンバーが入っているものもある。

リメイク作品として、単独の『イースエターナル』 (Ys ETERNAL) 、『イースエターナルVE』 (Ys ETERNAL VE)・『イースI 完全版』(Ys I COMPLETE) ・『イースI VE』 (Ys I VE)・ 『イースDS』の他、『II』と一本にまとめられた『イースI・II』 (Ys I・II) 、『イースI・II 完全版』 (Ys I・II COMPLETE) 、『イースI・IIエターナルストーリー』 (Ys I・II ETERNAL STORY) がある。単独の物については下記、『II』とまとめられたものについては『イースI・II』の項を参照。

概要[編集]

赤毛の剣士アドル・クリスティンが主人公の冒険ファンタジー。嵐に包まれた孤島エステリアを舞台に、『イースの本』を求めるアドル最初の冒険。原典とされるアドルの冒険日誌は『Ancient Ys Vanished Omen』(失われし古代王国 序章)であり、販売タイトルには含まれてはいないがゲームの副題としてタイトル画面にも表記されている。『Ancient Ys Vanished The Final Chapter』(失われし古代王国 最終章)である『II』とは前後編の関係で『I』をクリアしただけでは物語の全容は見えてこない。

今、RPGは優しさの時代へ。」をキャッチコピーに、PC-8801 (PC-88) 向けをオリジナルとして1987年に発売。その後、パソコン家庭用ゲーム機を問わず多くのプラットフォームへと移植がなされている。

1998年にはファルコム自らリメイクを行なった『イースエターナル 』を発売(詳細は#イースエターナル・イースI完全版を参照)。以降の移植作品はこの『イースエターナル』をベースとして行なわれている。

メディアミックスも盛んに行われ、OVA化、小説化漫画化などもなされている。

評価[編集]

発表当時のコンピュータRPG (RPG) が難しさを競っていた時代において、「今、RPGは優しさの時代へ。」をキャッチコピーとし、誰でもクリアできること(クリアする楽しみ)を売りとし発表された。さらにクリアできることを売りとしながらも「優しいけれども易しくはない」と評される簡単には分からないが少し考えればわかる絶妙なゲームバランスを提示し、ゲームの楽しみが難しさだけではないこと、またゲームバランスという概念の重要さを知らしめ、その後のゲーム(特にRPG)に一つの大きな転機を与えたとして高く評価されている。[1]

開発スタッフ[編集]

オリジナルの主な開発スタッフ

ストーリー[編集]

冒険心旺盛な赤髪の少年、アドル・クリスティンはプロマロックの港町で奇妙な噂を耳にする。それは港から見えるエステリアの島が呪われていて、近づく船を必ず嵐が襲うというものだった。冒険心を抑えることの出来なかったアドルは周りの人々の制止も聞かずに単身エステリアに乗り込もうとするが、やはり嵐に巻き込まれてしまう……。そして気がついた彼はエステリアの小さな病院で目覚め、医師からこの国に起きている異変を知り、エステリアを救おうと冒険の旅に出かけることにした……。

ゲームシステム[編集]

トップビューアクションRPG。ただしストーリー中盤には最高Lvに到達し、さらに武器の購入も不可能になり、敵との戦闘の結果によってステータスを上昇させることはなくなるため、ゲーム後半に関してはARPGというよりはアクションゲームと言った方が実情に近い。RPGの基本ともいえる「敵を倒し主人公を育て上げていく」システムを採用してはいるが、かなり厳しくレベル制限がされている他、上記の通りストーリー中盤には最高Lvに到達するため、Lvを上げて力でごり押ししてストーリーを進めるということはできない。基本操作は四方への移動とアイテムの使用のみで、人との会話、何かを調べる、そして敵との戦闘もすべて移動による体当たりで行われる。その他の操作としてはSTATUS画面表示、INVENTORY画面表示、イースの本を読むのにそれぞれボタンがあてがわれている。

画面構成[編集]

画面下部には、現在のHP/最大HP、取得経験値/次のLvアップ経験値、ゴールドが数値で表されているほか、プレーヤーと敵のHPが棒グラフで表示され(現在の残りHPが黄色、ダメージを受けた分のHPが赤)視覚的に戦闘状況がわかるようになっている。ただしこれらの表示が画面の下1/5ほどを占拠しているほか、プレイ画面が飾り枠(意匠枠)で囲まれているため、画面に表示されるプレイエリアは非常に狭い。サブ画面としてアイテム画面とステータス画面を呼び出すことができ、表示中はポーズがかかる。

攻撃[編集]

攻撃に対する特定のアクションは存在せず、移動により敵に体当たりすることが攻撃となる。ただし敵の攻撃も基本的には同じく体当たりであり、よほどのステータス差がない限り正面からぶつかっていったのではこちらもダメージを受けてしまう。敵からのダメージを受けずに攻撃する方法としては後ろや横からの攻撃の他、キャラクターを半分ずらした状態で体当たりする「半キャラずらし」と呼ばれる方法がある。DS版では操作タイプによっては体当たりでダメージを与える事ができない。

回復[編集]

フィールド上およびダンジョン内での特定のマップで立ち止まっていると徐々にHPが回復する。ダンジョン内でも「HEAL RING」を装備することによりフィールド上と同じく立ち止まることで回復が可能となる。ただしボス戦中は回復できない。またアイテム「HEAL POTION」を使うことにより瞬時に全回復ができるが、こちらもボス戦中は使えない。病院でゴールドを払い瞬時に回復してもらうこともできる。

ステータス[編集]

メイン画面下部で主なものが表示されるほか、STATUS画面で詳しい情報を見ることができる。STATUS画面で表示される情報は以下の通りである。

  • LEVEL:レベル。最高値は10。レベルがあがると最大HP、STR、DEFの値が上昇する。
  • HP:ヒットポイント。最高値は255。0になるとゲームオーバー。
  • STR:攻撃力。最高値は255。レベルアップの他、剣の装備によって上昇。
  • DEF:防御力。最高値は255。レベルアップの他、盾・鎧の装備によって上昇。
  • EXP:経験値。敵を倒すか、イベントをクリアすると取得。一定値に達するとレベルが上昇。最高EXPは65535
  • GOLD:金。敵を倒すと取得。武器などの購入に使用。
  • SWORD、SHIELD、ARMOR、ITEM、RING:それぞれ現在装備している物の名前が表示される。

アイテム[編集]

所持アイテムは全てINVENTORY画面上でアイコンよって示され、武器などの装備もこの画面上で行う。大きく装備品とその他のアイテムの2種類に分類されているおり、装備品はさらに5つのカテゴリに分けられている。画面左側に装備品、画面右側にその他のものが表示される。

装備品[編集]

装備しないと効果が現れない、もしくは使用できないもの。SWORD、SHIELD、ARMOR、ITEM、RINGがあり、各カテゴリにつき一つずつ装備できる。

  • SWORD:剣。装備するとSTRが上がる。
    • SHORT SWORD
    • LONG SWORD
    • TALWARL
    • etc.
  • SHIELD:盾。装備するとDEFが上がる。
    • SMALL SHEILD
    • MIDDLE SHIELD
    • LARGE SHIELD
    • etc.
  • ARMOR:鎧。装備するとDEFが上がる。
    • CHAIN MAIL
    • PLATE MAIL
    • REFLEX
    • etc.
  • ITEM:消費アイテムや、装備すると効果が現れるアイテムなど。使用にボタンが一つ割り当てられている。ボス戦中は使えない。
    • HEAL POTION - 使用するとHPが全回復する。
    • WING - 街にワープできる。
    • MASK OF EYES - 見えない物が見えるようになる。
    • etc.
  • RING:指輪。装備すると種類に応じた特殊効果が得られる。
    • POWER RING - 攻撃力が2倍に。
    • RING MAIL - 防御力が2倍に。
    • TIMER RING - 敵の動きが鈍くなる。
    • HEAL RING - ダンジョン内でもフィールド上と同じようにHP回復が可能に。
    • EVIL RING - 装備すると即死する。

その他[編集]

INVENTORY画面右側に表示される。ストーリー進行に不可欠な重要アイテムなど。基本的には持っているだけで効果があるものや、売却専用アイテムなどプレイヤーの意思で使う事のない所持アイテム。ただし、「読む」動作に専用ボタンが割り振られている「イースの本」もこちら側に表示されている。アイコンが表示されるだけで、カーソルを合わせることはできず、名前の確認も出来ない。

  • ハダルの章 - イースの本の一冊。イースの本は全6冊。
  • 宝箱の鍵 - 鍵のかかった宝箱を開けられるようになる。
  • ルビー - 取引所で売れる。
  • 金の台座 - 取引所で売れる。草原の湖で拾うことができる。イースが登場した1987年の前年に発売されたRPG「アステカII・太陽の神殿」で同じ形の湖でこれを洗っていると落としてしまうというトラップと関連があるらしい。そのためか、取引所の店員は「これは私が落とした物だ」と言っている。
  • etc.

セーブ[編集]

ボス戦中以外であればフィールド、ダンジョンを問わずどこでもセーブすることができる。

登場人物[編集]

主な登場人物[編集]

アドル・クリスティン
シリーズの主人公。燃えるような赤毛を持つ冒険者。17歳。
フィーナ
神殿に捕らえられていたところをアドルに助けられた、記憶喪失の女性。
レア
自分のハーモニカを無くして困っている詩人。
サラ
占い師。アドルにイースの本を探すことを依頼する。
ジェバ
ゼピック村に住む老婆で、サラの叔母。身寄りのないフィーナを引き取る。
ルタ
夢遊病に悩む若者。
ゴーバン
ダームの塔の入り口を根城にする盗賊団の頭。皆から恐れられているが、思わぬ知識の持ち主。
ドギ
ゴーバンの子分。壁を壊すほどの怪力の持ち主で、ダームの塔でトラップに引っかかる度に壁をぶち破って助けてくれる。ただしあんまり何度もやると「壁を壊すのも楽じゃないんだから」と怒られる。
ラーバ
イース古代文明の謎を追う考古学者。

エターナルより登場する人物[編集]

設定上は初期から存在したがマニュアル上のストーリーに記載されているのみであり、ゲームでは登場しない。エターナルでの変更(後述)に伴いゲーム中にも登場するようになった。

ブルドー
バルバドの村に住む医者。気を失っていたアドルを介抱してくれた。
スラフ
ブルドーの息子。気を失い浜辺に倒れていたアドルを見つけ村まで運んでくれた。自警団を組織している。

機種・パッケージによる違い[編集]

グラフィック・BGMといった演出部分はそれぞれの機種の性能に合わせた変更が見られるが、ストーリー、システム等は忠実に移植しているものがほとんどである。グラフィック・BGM以外に特筆すべき変更点のあるものだけを挙げる。

パソコン[編集]

PC8801
全てのオリジナル。FD(2D)が2枚組。2枚目はそのままでは起動できないが、YとSを押しながら起動すると、このゲームのために作曲されたものの採用されなかったボツ曲集を聞くことができる。これはProjectEGGから発売されているWindows用エミュレート版「イース大全集」でも有効。
初期ロットの一部に、「宝箱の鍵」が入っている箱が最初から開いており鍵が手に入らない、というバグが存在しており、Aディスクの交換サービスが行われた[2]
PC9801
PC8801版と基本的に一緒。イースIとソーサリアンはCPUがi386以上の機種だとハード的にV30を積む一部の機種以外ではバグが発生し、まともなプレイは出来ない。サウンドボード未搭載でもビープ音で単音のBGMが鳴る。
X1
基本的にはPC8801版をベースとしているが、一部、FM音源とは違う曲を採用しており、BGMは「FM音源に勝るとも劣らない音作りをした」というPSG音源3声で制作されている。
FM-7/77
X1版同様、基本的にはPC8801版をベースとしているが、一部、FM音源とは違う曲を採用しており、BGMは「FM音源に勝るとも劣らない音作りをした」というPSG音源3声で制作されている。
FM77AV
基本的にはPC8801版をベースとしている。
しかし、ラストボス(ダルク=ファクト)との戦闘時に流れるBGM「Final battle」は他機種では前奏が繰り返されるだけのものだが、唯一この機種のみが最後まで収録されている。
このため、この機種が完全版とも言われている。このBGMはWindows版イースエターナルの初回特典音楽CDに収録されている。
MSX2
画面は256×212ドットの低解像度だが、色数がデジタル8色から16色に増え、ショップなどのイベント画面が綺麗に描き直されている(以降の移植版は全てMSX2版のイベント画面を基に製作されている)。またタイトル画面には256色が使用されている。音声はPSG3音で、一部、FM音源とは違う曲を採用しており、ステータス画面や装備・アイテム画面を開くたびにBGMが停止する。また、他機種版と比較してスクロール速度が遅くディスクアクセスが長い。
MSX2 HB-F1XD版
ソニーのMSX2マシンHB-F1XD購入者に抽選でプレゼントされた物。内容はMSX2版と同一だが、起動時にベンダーコードがチェックされ、ソニー以外のMSX2だと "SONY ONLY!!" と表示され起動しない。
X68000
マップが一部変更されている他、メッセージが書き直され、漢字が使用されている。ショップなどのイベント画面は実写風で、他機種とは趣を異にする。
Windows
下記参照。

海賊版[編集]

オリジナルなどをユーザが非公式に移植した海賊版が多数存在。特にPC98版から移植されたX68000版(通称「True-Ys」)が有名。

家庭用ゲーム機[編集]

オリジナルベース[編集]

ファミリーコンピュータ
ハードの性能の問題か、シナリオ、マップと様々なアレンジが加えられている。物語の中核部分にまで変更が加わっているため「異色のイース」などと揶揄される事も有る。PC版では最終のボスにダメージを与える度に床に穴が開き、足場がなくなっていくが、ファミコン版は穴が開かない代わりに炎のようなものが置かれる。
セガ・マークIII(SG-1000III) / マスターシステム(SG-1000IV)版
ダンジョン内のマップが変更されている以外は、概ねパソコン版と同一の内容。発生する敵キャラクター数が少ないため、経験値稼ぎの効率が悪くなっている。FM音原に対応(海外版は未対応)。
PCエンジン
タイトルは『イースI・II』であり、『II』と一本にまとめられている。『II』との合併によるゲームバランスの変更。会話グラフィックの採用。キャラクターがしゃべる演出など。ストーリーも一部変更が加えられている。詳しくは『イースI・II』を参照。
セガサターン
『ファルコムクラシックス』に「ドラゴンスレイヤー」「ザナドゥ」と共に収録。「オリジナルモード」と「サターンモード」とがあり、「サターンモード」では斜め移動とダッシュが可能となっている他、メッセージの変更、会話グラフィックの採用などの変更が見られる。

Win版ベース[編集]

以下の作品はWin版『イースI完全版』をベースに移植されている。

プレイステーション2
タイトルは『イースI・IIエターナルストーリー』であり、『II』と一本にまとめられている。「Ys I ETERNAL」モードと「Ys ETERNAL STORY」モードがあり「Ys I ETERNALモード」はWinからのベタ移植。「Ys ETERNAL STORYモード」では装備品に対する新システムが追加されている。詳しくは『イースI・II#イースI・IIエターナルストーリー』を参照。
なお、イースⅠ・Ⅱオリジナルボトルキャップ4体(アドル、フィーナ、レア、リリア)とイースⅠ・Ⅱオリジナルジオラマベース(ボトルキャップホルダー)1体がセットになった特別限定版も9,800円で発売された。
ニンテンドーDS
タイトルは『イースDS』。Win版をベースとしているが、「体当たり攻撃」を廃止して「剣を振る」操作が追加されている。またマップを3D化しており、「バキュ=バデット」という新マップが追加されている。DSの機能を利用したタッチペンでの操作や、ワイヤレス通信機能を使った最大4人までの通信対戦を行うことが可能となった。2008年4月18日に、『II』をセットにして「イースDS / イースII DS SPECIAL BOX」が9800円(税込)でセブンドリーム・ドットコム限定で発売された。全28曲を収録したオリジナル・サウンドトラックCDをセットにしている。
PSP
タイトルは『イースI&IIクロニクルズ』であり、『II』と一本にまとめられている。Winからのベタ移植。キャラクターグラフィックをWin版と新規描き下ろしとから選択可能。またBGMが3モードから切替可能となっている。詳しくは『イースI・II#イースI&IIクロニクルズ』を参照。

イースエターナル・イースI完全版[編集]

イースエターナル 』、『イースエターナルVE (EVE) 』、『イースI完全版 (IC) 』、『イースI VE (IVE) 』はWindows向けにファルコム自身によってアレンジ・リメイクされた同じリメイク作品のバージョン違いである。『イースI完全版』として携帯アプリへの移植もされている。

イースエターナル
1998年に発売。ハード性能の向上にあわせ、グラフィック、音楽といった演出部分は非常に豪華に作り直されているものの、システムやストーリーといったゲームそのものはオリジナルを非常に大事にしており、ストーリーの幅を広げる追加要素は多いが、変更は極力避けられている。
イースエターナルVE
『イースエターナル』にVERY EASYモードを追加した物で、コンビニエンスストア専用としてデジキューブより発売。
イースI・II 完全版
『イースエターナル』と『イースIIエターナル』のカップリング商品。『イースエターナル』についてはグラフィックとBGMを『イースIIエターナル』に合わせてバージョンアップがなされている。評価等は『イースI・II#イースI・II完全版』の項を参照。また、『イースエターナル』からの変更点の詳細は下記参照。PS2用に販売された『イースI・IIエターナルストーリー』はこの『イースI・II完全版』を移植した物。
イースI 完全版
カップリングで販売されていた『I・IIC』をバラにしたもので、内容は同一。当初発売された物は対応機種がWindows95/98/2000/Meで、2002年にはXPに対応した物が販売。2003年には『イースI 完全版XP』とタイトルを変更して販売された。
イースI VE
『EVE』の廉価版。XPにも対応。メディアカイトのGREATシリーズより販売。

オリジナルからエターナルへの変更点[編集]

演出の変更
ハード性能の向上に合わせ、グラフィックの質が向上。また主要キャラクターとの会話時など随所にグラフィックを利用した演出が追加されている。音楽はアレンジを加えられた通常版の他、オリジナルのFM音源風の物を選択する事もできる。
八方向移動とダッシュ
移動方向が四方から八方に変更。またダッシュも可能になった。四方から八方への変更は、斜め移動に関していえばスピードが二倍になる事を意味し、さらにダッシュが加わった事により、その移動スピードの差はさらに大きくなっている。アクションが移動のみのシンプルなゲームであるため、この変更はゲームバランスをはじめとして本来非常に大きな意味を持つ。しかし、斜め移動とダッシュがあった上でオリジナルと同じであるように全体のバランスが調整されており、原作に非常に近い仕上がりになっている。ただし、ダッシュがある事が前提となったため、操作状況等によりダッシュを上手に活用できないと難易度が上がる事となる。
バルバドの村の追加
ゲームのスタート地点が、従来ではマニュアル内でのみ触れられていた「バルバドの村」へと変更。これに伴い、バルバドの村からミネアの街までのマップ、バルバドの村に関わるストーリーが追加された。
マップの変更
ダンジョンマップはほぼ従来通りであるが、村および草原などのフィールドのマップはかなり変更が加えられている。なおダンジョン内のアイテムの場所もほぼ原作通りだが、一部変更されたものも有る。
アイテムの追加
サブイベントに関わるアイテムと、敵のステータスが見られるようになるアイテムの2点が追加されている。その他のアイテムはオリジナルのままである。
難易度の選択
NORMALとEASYの2種類から難易度が選べるようになった。ただし初回限定版の出荷時は未対応であり、プログラムのダウンロードによって対応。
『VE』ではさらに簡単なVERY EASYが追加されている。
ストーリーの補完
アドルがダームの塔へ行く時、オリジナルだと一方通行の戻れない塔へ特に対策もせず向かうがリメイクでは時間を決めて扉の向こうから扉を開けてもらう約束をする。焦りの演出として塔の上部に行くと夜になり、音楽が緊迫感のあるものに変わる(実際には制限時間はない)。

エターナルから完全版への変更点[編集]

脚本
街や村の人物全てに名前がついた。また、ストーリーの展開は『イースエターナル』と変わらないが、登場人物の台詞の多くが書き改められている。
グラフィック・BGM
『イースIIエターナル』の仕様に合わせる形で変更。BGMは『イースIIエターナル』同様のFM音源風にリアレンジされている。また、『イースエターナル』はCD EXTRAで、音楽用のセッションの部分をBGMとして使えたが『IC』からはCD EXTRAを廃してWAVEのBGMにした。
ムービーの追加
OPデモ、レアとのイベントにムービーが追加された。
タイムアタックモードの追加
本編のボスキャラ戦だけを連続して行い、そのクリア時間を競うタイムアタックモードが追加された。ただし、本編を一度クリアしていないと遊ぶ事はできない。
難易度の選択
EASY・NORMAL・HARD・NIGHTMAREの4種類から選ぶ事ができる。
流血表現
魔物を倒すと肉塊が飛び散るなどのリアルな描写が見られる。設定でなしにできる。

携帯アプリ[編集]

『I』は様々な形で携帯にも移植がなされている。以下発売会社毎の作品を列べる。

サイバード
  • イース -クロニクル-:イースIのボス戦のみをタイムアタックで行う。iアプリのみ。月額制の「ゲームの殿堂」内の一コンテンツ。
ハドソン
  • イース:iアプリのみ。月額制の「着信☆あぷり♪」内の一コンテンツ。
ボーステック
  • イース:S!アプリのみ。月額制の「RPG好き!」内の一コンテンツ。
タイトー
携帯向けにイースの総合サイトを運営。
  • イースI完全版:イースI完全版の携帯移植。i、EZ、Vに対応。
  • 新イースI -3D-:マップを3D化したリメイク作品。iアプリのみ。
  • 新イースI -3D-外伝:『新イースI -3D-』のシステムの元、その時のドギを主人公としたアナザーストーリー。ファルコム監修。iアプリのみ。
この他、iモード向けに小説、待ち受け画面なども用意されている。

メディアミックス作品[編集]

OVACD等の音楽メディア、小説テーブルトークRPGゲームブック漫画と、シリーズ内でも特に広くメディアミックスが行われている。物語の連続性から『II』とまとめられている物も多い。

OVA[編集]

イース』のタイトルで1989年(平成元年)から1991年(平成3年)にかけて、キングレコード[3]・ファルコムレーベルからVHSLDで全7巻が発売。

音楽メディア[編集]

YsIを主に扱っているもの。注のない物はCDのみ。

※¹LPレコード有 ※²カセットテープ(CT)有 ※³CTのみ(CD無)

  • キングレコード
    • MUSIC FROM Ys ※¹※²
    • MUSIC FROM Ys RENEWAL
    • 交響曲イース ※¹※²
    • 交響曲イース'95 フィーナ〜草原〜 そして旅立ちの朝
    • PERFECT COLLECTION Ys
    • Ys Piano Collection
    • PLUS MIX VERSION FROM Ys,YsII,SOCERIAN & STAR TRADER ※²
    • Ys DRAMATIC CONCERT
    • PROVINCIALISM Ys
  • アポロン音楽工業
    • ORIGINAL SOUND OF XANADU VS Ys ※³
  • アルファレコード
    • FALCOM GAME MUSIC ※¹
  • ファルコム
    • PERFECT COLLECTION Ys I,II 〜米光亮全曲集
    • PERFECT COLLECTION Ys I,II I〜スーパーアレンジ全曲集
    • ORIGINAL SOUND TRACK イース&イースIIエターナル
    • 「イース&イースII、朱紅い雫」未発表曲集
    • Ys Piano Collection
    • 交響曲「イース」

小説[編集]

『I』を題材とした小説が2作書かれている。ただし『イース 失われた王国』は『II』の内容も多少含み、なおかつゲームとはかなり異なり、オリジナル要素が強い。

テーブルトークRPG[編集]

ログアウト冒険文庫版は『II』の内容も含む。

  • イースTRPG - 竹内誠 / 監修 鈴吹太郎と怪兵隊
  • 関根博士 著 / イラスト 田中としひさ・金澤尚子・池上明子(ログアウト冒険文庫)
    • イースTRPGリプレイ 真・の〜てんき伝説
    • イースTRPGリプレイ 真・お気楽伝説

ゲームブック[編集]

  • イース〜戦慄の魔塔〜(双葉文庫ゲームブック)

コミック[編集]

『II』の内容も含み、かなりオリジナリティーが高い。

オリジナルCDドラマ「イースI/女神の記憶」[編集]

『ファルコムクラシックス』初回特典版に同梱されている。このゲームだけのオリジナルストーリーになっている。

キャスト

出典[編集]

  • 『イース大全集 -Perfect Date of I〜VI-』メディアワークス、2003年11月20日初版発行、ISBN 4-8402-2531-1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この段落は、「第1章『イース』ヒストリー」『イース大全集』9頁を参照。
  2. ^ 「マイコンBASICマガジン」1987年9月号p.338。
  3. ^ ただし映像作品は冒頭において「KING VIDEO」と表示されていた。

外部リンク[編集]