魔法少女リリカルなのはViVid

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魔法少女リリカルなのはシリーズ > 魔法少女リリカルなのはViVid
魔法少女リリカルなのはViVid
ジャンル 魔法少女アクション
漫画
原作・原案など 都築真紀
作画 藤真拓哉
出版社 KADOKAWA 角川書店
掲載誌 月刊コンプエース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2009年7月号 -
発表期間 2009年5月26日 -
巻数 13巻(2015年1月現在)
アニメ
原作 都築真紀・藤真拓哉
監督 伊藤祐毅
脚本 小林成朗
キャラクターデザイン 山野雅明
メカニックデザイン 藤倉孝明、渡辺浩二
音楽 中條美沙
アニメーション制作 A-1 Pictures
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2015年4月3日 -
関連作品
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

魔法少女リリカルなのはViVid』(まほうしょうじょリリカルなのはヴィヴィッド)は、原作・都築真紀、作画・藤真拓哉による漫画作品。2015年現在『月刊コンプエース』で連載中。

概要[編集]

『魔法少女リリカルなのは第4期シリーズ』として『魔法戦記リリカルなのはForce』と共に発表された。

時間軸としては、『StrikerS サウンドステージX』と『Force』の間で、『Force』の2年前である。 『-THE GEARS OF DESTINY-』で登場するヴィヴィオとアインハルトはこの時間軸上から飛ばされてきている。

主人公「高町ヴィヴィオ」と「アインハルト・ストラトス」の2人の関係を軸に描く、「今までのなのはシリーズよりももう少しゆるめで、もう少し魔法少女っぽい物語」として企画された。重い展開の戦いでなくても、心のあり方、悲しみに立ち向かう強さを描くことはきっとできる、という主旨のもとつくられたスポーツ格闘魔法少女まんがである。ほのぼのとした明るい日常をメインに描かれており、風呂や変身シーン等、ファンサービスが豊富であることも特徴。特に第11話(単行本2巻掲載)は、『コンプエース』連載作品としては珍しい乳首の描写があることで話題になった。また、ストライクアーツ、模擬戦等、スポーツとしての格闘シーンも多い。

ストーリー[編集]

新暦0079年(「JS事件」から4年後)、高町なのはの娘となった高町ヴィヴィオは、ごく普通の少女として魔法学院に通い勉強をする傍ら、ストライクアーツ競技者としての鍛錬も行っていた。魔法の基礎も出来てきたと判断したなのはとフェイトは、ヴィヴィオに専用デバイス、「セイクリッド・ハート(通称クリス)」を贈り、いたずらに使わないという条件で大人モード(聖王モード)に変身することもできるようになった。

一方そのころ、ミッドチルダでは覇王イングヴァルトを自称する謎の人物が腕に覚えのある格闘家に野試合を申し込み、徹底的に叩きのめすという傷害事件が頻発していた。

用語[編集]

St.ヒルデ魔法学院
ミッドチルダ首都クラナガンにあるヴィヴィオが通う聖王教会系列の学校。
小学生に当たる初等科にはコロナ・ティミル、リオ・ウェズリー等が在籍し、中学生に当たる中等科にはアインハルト・ストラトス等が在籍している。
ストライクアーツ
ミッドチルダでは会得者が最も多い格闘技であり、「打撃による徒手格闘技術」の総称。
カイザーアーツ
クラウス・G・S・イングヴァルトが始祖となった古武術で、現在は子孫のアインハルトに受け継がれている。別名「覇王流」。
DSAA
Dimension Sports Activity Association」の略で、日本語表記では「公式魔法戦競技会」となる。全管理世界で10歳から19歳まで出場資格がある魔法戦競技。

単行本[編集]

関連作品[編集]

コンプティーク』2011年5月号より、ねことうふによるパロディ4コマ漫画『魔法少女リリカルなのはViVid COLORS』が連載開始。『Vivid』本編のフルカラー版である『魔法少女リリカルなのはViVid FULL COLORS』との混同を防ぐため、『魔法少女リリカルなのはViVid LIFE』と改名。2013年4月から『コンプエース』へ掲載を移行し、『魔法少女リリカルなのはViVid LIFE -インターミドル編-』とタイトルを改め、2014年4月号まで連載した。

  1. 2013年7月10日初版発行
  2. 2014年4月26日初版発行
  3. 2015年3月26日発行予定

テレビアニメ[編集]

2014年8月15日にテレビアニメ化が発表された[1]。2015年4月より放送予定。

本作以前の『リリカルなのはシリーズ』のアニメシリーズから一部キャストは続投しているが、スタッフは一新されており、制作は同シリーズを担当したセブン・アークスからA-1 Picturesに、製作はキングレコード[注 1]から、劇場版シリーズにも製作委員会・配給に参加していたアニプレックスに変更されている。なお、同シリーズのテレビアニメとしては初めてBS放送局・BS11でもネット。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 都築真紀
  • 原作漫画 - 藤真拓哉(月刊「コンプエース」連載/KADOKAWA 角川書店刊)
  • 監督 - 伊藤祐毅
  • メインライター - 小林成朗
  • キャラクターデザイン - 山野雅明
  • メカニックデザイン - 藤倉孝明、渡辺浩二
  • アクション監修 - 小田裕康
  • 色彩設計 - 中田亮太
  • 美術監督 - 根元邦明(KUSANAGI
  • 美術設定 - 成田偉保(KUSANAGI)
  • CGディレクター - 中島宏
  • 2D・モニターデザイン - 佐藤菜津子、齋藤睦
  • 撮影監督 - 加藤伸也(グラフィニカ
  • 編集 - 近藤勇二(REAL-T)
  • 音楽 - 中條美沙
  • 音響監督 - 飯塚康一
  • 音響効果 - 和田俊也
  • 録音調整 - 森田祐一
  • 音響制作 - HALF H・P STUDIO
  • 制作 - A-1 Pictures

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Angel Blossom」
歌 - 水樹奈々
エンディングテーマ「Pleasure treasure」[2]
歌 - 田村ゆかり

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[3]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [4] 備考
2015年4月3日 - 金曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都
2015年4月4日 - 土曜 2:49 - 3:19(金曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏
2015年4月5日 - 日曜 1:50 - 2:20(土曜深夜) テレビ愛知 愛知県
2015年4月9日 - 木曜 0:30 - 1:00(水曜深夜) とちぎテレビ 栃木県
木曜 1:00 - 1:30(水曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
木曜 1:30 - 2:00(水曜深夜) 群馬テレビ 群馬県
2015年4月10日 - 金曜 22:30 - 23:00 AT-X[5] 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[6]
放送期間 放送時間 配信元 備考
2015年4月9日 - 木曜 12:00 更新 GYAO!
バンダイチャンネル
PlayStation Store
dアニメストア 1話毎1週間のみ配信
木曜 12:00 更新 アニメ放題 1話毎1週間のみ配信
U-NEXT

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 主題歌制作については引き続き担当。

出典[編集]

  1. ^ 「リリカルなのはViVid」TVアニメ化決定”. コミックナタリー. ナターシャ (2014年8月15日). 2014年8月15日閲覧。
  2. ^ 好きだって言えなくて”. 田村ゆかり Official Web-Site [ Tamura Yukari.com ]. 2015年3月9日閲覧。
  3. ^ ONAIR”. TVアニメ「魔法少女リリカルなのはViVid」公式サイト. 2015年3月23日閲覧。
  4. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引員会. p. 2 (2009年10月9日). 2014年8月19日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2014年8月19日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会 (Dpa). 2014年8月19日閲覧。
  5. ^ 魔法少女リリカルなのはViVid”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2015年3月23日閲覧。
  6. ^ ONAIR”. TVアニメ「魔法少女リリカルなのはViVid」公式サイト. 2015年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]