小田嶋隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おだじま たかし
小田嶋 隆
生誕 1956年11月12日(57歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 早稲田大学教育学部卒業
職業 コラムニスト
テンプレートを表示

小田嶋 隆(おだじま たかし、1956年11月12日 - )は、日本コラムニスト、テクニカルライター。

人物[編集]

東京都北区赤羽に生まれる。東京都立小石川高校卒業(1975年)、早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒業(1980年)。

大学卒業後には味の素ゼネラルフーヅに就職したが、入社翌年の1981年(昭和56年)には退職し、小学校事務員見習い、ラジオ局AD(アシスタントディレクター)、ロックバンド座付き作詞家などを経て、テクニカルライターとなった。1988年(昭和63年)、コンピュータに関連する事項を軽妙に描いたコラム集 『我が心はICにあらず』以降はコンピュータ関係にとどまらず、様々な事物を辛口に論じるコラムニストとなった。高校時代にクラスメートだったCMプランナーの岡康道は、小田嶋について「(自分は)小田嶋には敵わないから文章で食べていくのを諦めた」と語っている[1]
かつて月刊誌 『噂の真相』において無資本主義商品論を連載していた。1997年(平成9年)、月刊誌『諸君!』で詩人・書道家の相田みつをを「便所の神様」と批評する記事[2]を書いたところ、書道家としての実績や兵役の有無といった来歴に事実誤認があるとして遺族から名誉毀損で訴えられた[3]

浦和レッズのサポーターである。

発言・主張[編集]

  • 2008年(平成20年)から日経ビジネスオンラインに連載を持ち、2009年平成21年)8月第45回衆議院議員総選挙における自民党の敗北について、(定義の定まってない)ネットウヨクの主張を真に受けたことが最大の敗因と主張した[4]2011年(平成23年)、民主党代表選で野田佳彦が行った演説、いわゆる「ドジョウ演説」を批判して、相田みつをの政治利用に反対の意を表明した[5]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同する。「この問題は、同姓か別姓か、という問題ではなく、『「同姓義務」VS「自由選択」』という問題で、反対する、というのは『自由』に反対する、ということ。反対派の議論は間違っている。『同姓』しか選べない現状は、日本の麺が蕎麦か饂飩のどちらかのみしか選べないのは悪夢、ということと同じ」と述べ、反対派を批判している[6]

連載・出演[編集]

CS放送
ラジオ
雑誌
ウェブ

著書[編集]

単著
  • 『親子で楽しむパソピア7』(ダイヤモンド社、1983)
  • 『我が心はICにあらず』(BNN、1988) のち光文社文庫 
  • 『安全太郎の夜』(河出書房新社、1991)
  • 『笑っておぼえるコンピュータ事典』(ジャストシステム 、1992)
  • 『パソコンゲーマーは眠らない』(朝日新聞社、1992)のち文庫 
  • 『山手線膝栗毛』(ジャストシステム、1993)
  • 『仏の顔もサンドバッグ』(宝島社、1993)
  • 『コンピュータ妄語録』(ジャストシステム、1994)
  • 『「ふへ」の国から—ことばの解体新書』(徳間書店、1994)
  • 『無資本主義商品論—金満大国の貧しきココロ』(翔泳社、1995)
  • 『罵詈罵詈―11人の説教強盗へ』(洋泉社 1995)
  • 『Dogz パソコンに住んだ犬』(ヴァージンインタラクティブエンターテインメント 1997 )
  • 『日本問題外論―いかにして私はデジタル中年になったか』(朝日新聞社、1998)
  • 『パソコンは猿仕事』(小学館文庫 1999)
  • 『人はなぜ学歴にこだわるのか。』(メディアワークス 2000) (のちに光文社知恵の森文庫)
  • 『かくかく私価時価—無資本主義商品論1997‐2003』(ビーエヌエヌ新社、2003)
  • 『イン・ヒズ・オウン・サイト ネット巌窟王の電脳日記ワールド』(朝日新聞社、2005)
  • 『テレビ標本箱』(中公新書ラクレ、2006)
  • 『サッカーの上の雲―オダジマタカシ サッカ~コラム大全』(駒草出版、2007)
  • 『1984年のビーンボール―オダジマタカシ スポ~ツコラム大鑑』(駒草出版、2007)
  • 『テレビ救急箱』(中公新書ラクレ、2008)
  • 『地雷を踏む勇気 人生のとるにたらない警句』生きる技術!叢書(技術評論社 2011)
  • 『その「正義」があぶない。』(日経BP社 2011)
  • 『もっと地雷を踏む勇気 わが炎上の日々』生きる技術!叢書(技術評論社 2012)
  • 『小田嶋隆のコラム道』(ミシマ社 2012)
  • 『場末の文体論』(日経BP社 2013)
  • 『ポエムに万歳!』(新潮社 2014)
共著
  • 『MSXゲーム・プログラミング入門』服部康夫共著 ダイヤモンド社 1984
  • 内田樹平川克美町山智浩)『9条どうでしょう』(毎日新聞社、2006)
  • 『人生2割がちょうどいい』岡康道共著 講談社 2009
  • 『ガラパゴスでいいじゃない 人生2割がちょうどいい part 2』岡康道共著 講談社 2010
訳著
  • Nancy Andrews『WINDOWS マイクロソフト・ウインドウズオフィシャルガイドブック IBM-PC版』広野幸治共訳 ビー・エヌ・エヌ 1987
  • ガイ・カワサキ『徹底的に敵をヘコます法—ビジネスを優位に導く“狂騒”戦略』(ダイヤモンド社、1997)
  • マイケル・トッド ピーターソン)『3D STUDIO MAXガイドブック』(ビーエヌエヌ、1998)
  • ガイ・カワサキ『神のごとく創造し、奴隷のごとく働け!—ガイ・カワサキのビジネス革命ルール』(ダイヤモンド社、1999)

脚注[編集]

  1. ^ 岡康道 (2007年9月14日). “「文体模写」「他人日記」「柿」”. 日経ビジネスオンライン. 2010年7月25日閲覧。
  2. ^ 小田嶋隆、1997、「五百万信者が群がる相田みつをは「便所の神様」」、『諸君!』29巻11号(1997年11月号)、文藝春秋 pp. pp. 164-171
  3. ^ 相田一人、1999、「「相田みつをは『便所の神様』」に反論する」、『諸君!』31巻4号(1999年4月号)、文藝春秋 pp. pp. 302-303
  4. ^ 小田嶋隆 (2009年8月31日). “踊る阿呆の「祭り」のあとに”. 日経ビジネスオンライン. 2010年6月21日閲覧。
  5. ^ 小田嶋隆 (2011年9月2日). “政治家の演説口調が行き着く果て”. 日経ビジネスオンライン. 2011年9月2日閲覧。
  6. ^ 「夫婦同麺」、社会新報、2009年10月

外部リンク[編集]