ガイ・カワサキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガイ・カワサキ

ガイ・カワサキGuy Kawasaki1954年 - )はシリコンバレーの著述家、演説家、投資家、ビジネスアドバイザーである。元アップルコンピュータエバンジェリストとして知られている。

経歴[編集]

1954年、ハワイの日系移民の子供としてうまれる。父親は消防士不動産業などの職業につき、後にはハワイ州の州議会議員にもなった。1976年にスタンフォード大学に入学。家族は、ガイに医師弁護士になることを望み、彼はカリフォルニア大学デービス校ロースクールに進学するが、すぐに学校をやめ、カリフォルニア大学ロサンゼルス校ビジネススクールに進学し、MBAを取得した。

その後、ノバ・スタイリングという宝石メーカに勤務し、宝石の営業を経験する。次に、エデュウェアという教育ソフトのメーカに勤務するが、アトランタにあるソフト会社に買収されてしまう。買収元の会社は、ガイにアトランタ勤務を命じるが、これを断った。スタンフォード時代の同級生で、アップルコンピュータで働いていたマイク・ボイチに誘われて、1983年にアップルコンピュータに入社する。

1984年の1月に登場したアップルのマッキントッシュであったが、対応するサード・パーティのソフトはほとんど無かった。そこで、アップルは外部のソフト会社にマック用のソフト開発を説得する職種であるエバンジェリストを作り、そこにマイク・ボイチや、ガイらを任命した。またガイは、アップルの優れた技術者を認定するアップル・フェローという制度を作った。

1987年にアップルを去り、4th Dimensionを販売していたACIUS社のCEOに就任。

1995年、経営の危機に瀕したアップルに再び呼び戻された。しかし1997年にスティーブ・ジョブズが復帰すると、再びアップルを離れた。

2008年現在、Garage Technology Ventures の設立者として、またベンチャーキャピタリストとして、投資の世界に身を置いている[1]

2013年3月1日、カワサキはグーグルに入社し、モトローラのアドバイザーに就任することを発表した [2]

脚注[編集]

  1. ^ Garage Technology Ventures
  2. ^ Google Disses Motorola Products - And Hires Guy Kawasaki”. Read Write Web (2013年3月1日). 2013年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]