鷲田清一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鷲田 清一
(わしだ きよかず)
生誕 1949年9月2日(65歳)
日本の旗 京都府京都市
地域 日本の旗 日本
研究分野 臨床哲学倫理学
公式サイト 鷲田 清一 【哲学   倫理学】 | 教員一覧 | 大谷大学
テンプレートを表示

鷲田 清一(わしだ きよかず、1949年9月2日 - )は、日本哲学者臨床哲学倫理学)。大谷大学教授大阪大学名誉教授

関西大学文学部教授、大阪大学総長などを歴任した。2015年より京都市立芸術大学理事長・学長に就任予定。

来歴[編集]

1949年京都府京都市にて生まれた。京都大学大学院に進み、文学研究科の博士課程を単位取得退学した。関西大学にて教鞭を執り、教授などを務めた。その後、大阪大学に移り、大学院文学研究科の研究科長文学部学部長などを歴任した。さらに、大阪大学の副学長、および、その設置者である「国立大学法人大阪大学」の理事を経て、大阪大学の総長に就任した。2011年、大阪大学総長を退任し、名誉教授となる。同年9月に大谷大学に転じ、文学部哲学科の教授を務めている[1]

活動[編集]

専攻は臨床哲学倫理学現象学身体論を専門としており、ファッションを研究している。また、サントリー学芸賞桑原武夫学芸賞読売文学賞評論・伝記賞[2]など各賞を受賞している。大佛次郎賞サントリー学芸賞(思想・歴史部門)、和辻哲郎文化賞(学術部門)、河合隼雄学芸賞選考委員[3]などを務める。また、教育出版の高等学校教科書倫理の著者であり、全128ページ中、82ページを現代社会の諸問題に割くという独自色の強い教科書を作っている。

主張

「身体」を「からだ」と読む(捉える)鷲田は、「身体」は自分がどのように経験するかという視点から見たとき、「身体」は、「像(イメージ)」でしかありえないと指摘している。「身体」のなかで自分がじかに見たり触れたりして確認できるのは、手や足といったつねにその断片でしかなく、胃のような「身体」の内部はもちろんのこと、背中や後頭部さえじかに見ることはできない。そして自分の感情が露出してしまう顔もじかにみることはできない。「身体」を知覚するための情報は実に乏しく、自分の「身体」の全体像は、離れてみればこう見えるだろうという想像に頼るしかない。つまり、自分の「身体」は、「像(イメージ)」でしかありえないことになる[4]

受賞
栄典
社会的活動

人物[編集]

交友

詩人の佐々木幹郎は親友。三宅一生コシノヒロコ山本耀司などのファッションデザイナーとも親交深い。

家族・親族

息子の鷲田めるろメルロ=ポンティにちなんで名づけられ、金沢21世紀美術館学芸員。

年譜[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『分散する理性 ―現象学の視線』'89.4 勁草書房 「現象学の視線」講談社学術文庫
  • 『モードの迷宮』'89.4 中央公論社 のちちくま学芸文庫 
  • 『ファッションという装置』'89.4 河合文化教育研究所
  • 『最後のモード』'89.11 人文書院
  • 『夢のもつれ essaisphilosophiques』 '93.2 北宋社 のち角川文庫 
  • 『人称と行為』'95.2 昭和堂
  • 『見られることの権利―〈顔〉論 』'95.6 メタローグ 「顔の現象学」講談社学術文庫 
  • 『ちぐはぐな身体 ―ファッションって何?』'95.10 筑摩書房、のちちくま文庫、2005年
  • 『モードの迷宮』'96.1 筑摩書房・ちくま学芸文庫
  • 『だれのための仕事―労働 vs 余暇を超えて』'96.3 岩波書店、のち講談社学術文庫
  • 『じぶん-この不思議な存在』'96 講談社現代新書 
  • 『メルロ=ポンティ ―可逆性』'97.7 講談社(現代思想の冒険者たち) / '03.7 講談社(Select シリーズ版)
  • 『ひとはなぜ服を着るのか―文化装置としてのファッション』'97.10 NHK 人間大学テクスト、のちちくま文庫、2012年
  • 『普通をだれも教えてくれない』'98.7 潮出版社 のちちくま学芸文庫
  • 『悲鳴をあげる身体』'98.11 PHP新書 
  • 『顔の現象学』'98.11 講談社
  • 『ひとはなぜ服を着るのか』'98.11 日本放送出版協会(NHKライブラリー、のちちくま文庫、2012年
  • 『「聴く」ことの力―臨床哲学試論 』'99.7 TBSブリタニカ
  • 『五界彷徨-夢のもつれ2』'99.11 北宋社
  • 『皮膚へ―傷つきやすさについて』'99.11 思潮社
  • 『てつがくを着て、まちを歩こう―ファッション考現学』同朋舎/角川書店。2000 のちちくま学芸文庫 
  • 『ことばの顔』 '00.9 中央公論新社 / '04.4 中公文庫)
  • 『働く女性のための哲学クリニック』'01.3 朝日新聞社 「くじけそうな時の臨床哲学クリニック」 ちくま学芸文庫
  • 『〈弱さ〉のちから―ホスピタブルな光景』'01.9 講談社
  • 『「哲学」と「てつがく」のあいだ 』'01.10 みすず書房
  • 『気持ちのいい話?』対談集 思潮社 2001
  • 『死なないでいる理由』'02.5 小学館
  • 『時代のきしみ―〈わたし〉と国家のあいだ』'02.5 TBSブリタニカ
  • 『老いの空白』'03.6 弘文堂
  • 『教養としての「死」を考える』'04.4 洋泉社、新書y 
  • 『想像のレッスン』'05.10 NTT出版
  • 『感覚の幽(くら)い風景』'06.7 紀伊国屋書店 / '11.4 のち中公文庫
  • 『「待つ」ということ』'06.8 角川選書/角川学芸出版
  • 『京都の平熱 ―哲学者の都市案内―』'07.3 講談社/講談社学術文庫
  • 『思考のエシックス 反・方法主義論』'07.6 ナカニシヤ出版
  • 『噛みきれない想い』'09.7 角川学芸出版 「大事なものは見えにくい」 角川ソフィア文庫
  • 『わかりやすいはわかりにくい? 臨床哲学講座』'10.1 ちくま新書 
  • 『たかが服、されど服――ヨウジヤマモト論』'10.3 集英社
  • 『「ぐずぐず」の理由』'11.8 角川選書/角川学芸出版
  • 『語りきれないこと 危機と傷みの哲学』'12.2 角川ONEテーマ新書/角川学芸出版
  • 『<ひと>の現象学』'13.3 筑摩書房
  • 『おとなの背中』'13.9 角川学芸出版
  • 『パラレルな知性』'13.10 晶文社
  • 『「自由」のすきま』'14.3 角川学芸出版
  • 『哲学の使い方』岩波新書、2014 

編著[編集]

  • 『20世紀を震撼させた100冊』野家啓一共編 出窓社 1998
  • 『ファッション学のすべて』新書館 1998
  • 『所有のエチカ 叢書倫理学のフロンティア 』大庭健共編 ナカニシヤ出版 2000
  • 九鬼周造の世界 』坂部恵,藤田正勝共編著 ミネルヴァ書房 2002
  • 『「食」は病んでいるか 揺らぐ生存の条件』 ウェッジ 2003
  • 『表象としての身体 叢書・身体と文化』野村雅一共編 大修館書店 2005
  • 『身体をめぐるレッスン』岩波書店 2006
  • 『哲学の歴史(12)』中央公論新社 2008

共著[編集]

  • 『まなざしの記憶 だれかの傍らで 』植田正治共著 ティビーエス・ブリタニカ 2000
  • 『現代思想の源流』今村仁司,野家啓一,三島憲一共著 講談社 1996
  • 『立ち話風哲学問答』 加藤典洋,多田道太郎 朝日新聞社 2000
  • 『臨床とことば―心理学と哲学のあわいに探る臨床の知 』河合隼雄共著 阪急コミュニケーションズ 2003  「臨床とことば」朝日文庫
  • 『哲学個人授業―<殺し文句>から入る哲学入門』永江朗共著 バジリコ 2008 のちちくま文庫 
  • 『大人のいない国』内田樹共著 プレジデント社 2008 のち文春文庫
  • 『おせっかい教育論』内田樹,釈徹宗,平松邦夫共著 140B 2010
  • 『生きるってなんやろか?科学者と哲学者が語る、若者のためのクリティカル「人生」シンキング』石黒浩共著 毎日新聞社 2011
  • 『東北の震災と想像力 われわれは何を負わされたの』赤坂憲雄共著 講談社 2012.3

翻訳[編集]

  • 『ファッションとシュルレアリスム 』リチャード・マーティン Edition Wacoal 1991
  • 『衣服の精神分析』 E.ルモワーヌ=ルッチオーニ 柏木治共訳 産業図書 1993

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「経歴」『鷲田 清一 【哲学   倫理学】 | 教員一覧 | 大谷大学大谷大学
  2. ^ 「『語りきれないこと』鷲田清一著」『【新書】『語りきれないこと』鷲田清一著 - MSN産経ニュース産経デジタル2012年3月18日
  3. ^ http://www.kawaihayao.jp/gakugei.html
  4. ^ 河合出版『ことばはちからダ!現代文キーワード』126-135頁「身体」
  5. ^ 京大卒業後の略歴は、『阪大NOW』NO.97 2007 6月号、編集・発行 大阪大学総務部評価・広報課、2007年6月20日、3頁による

関連項目[編集]

外部リンク[編集]