岸本忠三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岸本 忠三(きしもと ただみつ、1939年昭和14年)5月7日 - )は、日本免疫学者。元・大阪大学総長、大阪大学名誉教授IL-6の発見者であり、免疫学の世界的権威としてその名を知られる。医学博士(大阪大学)(1969年)。大阪府富田林市生まれ。文化功労者文化勲章。2009年、日本人初となるクラフォード賞の受賞者に選出された(平野俊夫、チャールズ・ディナレロとの共同受賞)[1][2]

略歴[編集]

1939年(昭和14年)富田林市に生まれる。昭和39年大阪大学医学部卒業、第三内科(山村雄一教授)に大学院生として入局。1970年(昭和45年)から4年間米国ジョーンズホプキンス大学留学。帰国後、第三内科助手、昭和54年医学部病理病態学教授、1983年(昭和58年)細胞工学センター教授を経て平成3年より第三内科教授。この間一貫して免疫学の研究にとりくみ、Bリンパ球増殖、分化機構を解明し、インターロイキン6(IL-6)を発見する。その後、IL-6とその受容体、シグナル伝達、病気との関連等の一連の研究によりサイトカインに関するパラダイムを確立する。これらの業績に対し、朝日賞、恩賜賞・日本学士院賞をはじめ、内外の多くの賞を受けると共に、文化功労者、日本学士院会員、米国科学アカデミー外国人会員、文化勲章受章、ロベルト・コッホゴールドメダル(ドイツコッホ財団)受賞、クラフォード賞(スェーデン王立科学アカデミー)等の栄誉を受けた。平成9年大阪大学総長に就任。2003年(平成15年)8月に総長職を退官。2004年(平成16年)1月から2006年(平成18年)6月まで総合科学技術会議議員に就任。2006年(平成18年)7月より大阪大学教授生命機能研究科に復帰し、2007年(平成19年)4月より千里ライフサイエンス振興財団理事長に就任する。2007年(平成19年)4月第27回日本医学会総会会頭を務める。

学会役職
  • 1986年 - 1997年 日米医学免疫部会 会長
  • 1986年 - 1992年 国際免疫学会連合 理事
  • 1991年 - 1992年 日本免疫学会 会長
  • 1991年 - 1994年 国際免疫薬理学会 会長
  • 1994年 - 1995年 国際サイトカイン学会 会長
  • 1997年 - 1998年 日本アレルギー学会 会長
  • 1997年 - 日本臨床免疫学会 理事長
学外における役職
  • 文部科学省中央教育審議会委員(第1期 - 第2期)
  • 大阪ガス取締役(2007年6月28日より)
  • 日本学士院会員(1995年より)
  • 朝日賞選考委員(2008年度より)選考委員(2008年度より)
  • 財団法人持田記念医学薬学振興財団理事
  • 財団法人加藤記念バイオサイエンス研究振興財団理事
  • 公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団理事長
  • 財団法人細胞科学研究財団理事
  • 財団法人高松宮妃癌研究基金学術委員
  • 財団法人かなえ医薬振興財団理事
  • 財団法人山田科学振興財団理事
  • 財団法人村田学術振興財団理事
  • 財団法人東洋紡百周年記念バイオテクノロジー研究財団理事
  • 財団法人三共生命科学研究振興財団評議員
  • 財団法人臨床薬理研究振興財団評議員
  • 財団法人朝日新聞文化財団理事
  • 財団法人サントリー生物有機科学研究所理事

専門業績[編集]

インターロイキンなどのたんぱく質の構造を解明

受賞歴・叙勲歴[編集]

  • 1982年(昭和57年)11月 - 第2回ベーリング・北里賞
  • 1983年(昭和58年)10月 - 第1回大阪科学賞[3]
  • 1986年(昭和61年)12月 - 第23回ベルツ賞[4]
  • 1988年(昭和63年)11月 - 武田医学賞[5]
  • - 年度 - 朝日賞[6]
  • 1990年(平成2年)11月 - 日本医師会医学賞
  • - 年11月 - 文化功労者 顕彰
  • 1991年(平成3年)4月 - 米国国立科学アカデミー外国人会員
  • - 年10月 - 国際アレルギー学会賞
  • 1992年(平成4年)4月 - 米国免疫学会名誉会員
  • - 年6月 - 恩賜賞・日本学士院賞
  • - 年8月 - サンド免疫学賞(国際免疫学会)
  • - 年11月 - 富田林市名誉市民
  • 1995年(平成7年)12月 - 日本学士院会員
  • 1996年(平成8年)9月 - アベリー・ランドスタイナー賞(ドイツ免疫学会)
  • 1997年(平成9年)10月 - 米国国立科学アカデミー医学研究所外国人会員
  • - 年12月 - 米国血液学会名誉会員
  • 1998年(平成10年)11月 - 文化勲章
  • 1999年(平成11年)5月 - ドナルド・セルディン賞(国際腎臓病学会)
  • 2001年(平成13年)2月 - Universidad Technologica de Santiago (UTESA) 名誉博士
  • - 年6月 - 国際歯科学会名誉会員
  • 2003年(平成15年)6月 - マヒドン大学名誉博士
  • - 年10月 - ロベルト・コッホ ゴールドメダル(ドイツコッホ財団)[7]
  • 2004年(平成16年)11月 - Clemens von Pirquet Distinguished Professor, カリフォルニア大学デービス校
  • 2005年(平成17年)12月 - ドイツ科学アカデミー・レオポルディナ会員
  • 2006年(平成18年)8月 - Honorary Lifetime Achievement Awards(国際サイトカイン学会)
  • 2008年(平成20年)4月 - 日本リウマチ財団ワイス国際賞[8]
  • 2009年(平成21年)5月 - クラフォード賞(スェーデン王立科学アカデミー)
  • - 年5月 - 吹田市長賞[9]
  • 2011年 (平成23年) - 日本国際賞受賞。平野俊夫とともに、「生命科学・医学」分野での、「インターロイキン 6 の発見から疾患治療への応用」への貢献に対して。[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪大の2教授が受賞 クラフォード賞、日本人初”. MSN産経ニュース (2009年1月15日). 2009年11月20日閲覧。
  2. ^ Prizes Awarded:Latest prize:The Crafoord Prize in Polyarthritis 2009” (英語). Royal Swedish Academy of Sciences. 2009年12月2日閲覧。
  3. ^ 大阪科学賞歴代受賞者と受賞の業績”. 大阪科学技術センター. 2009年12月2日閲覧。
  4. ^ ベルツ賞 第21回~30回の受賞論文”. 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社. 2009年11月7日閲覧。
  5. ^ 武田医学賞受賞者”. 武田科学振興財団. 2009年11月7日閲覧。
  6. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年12月2日閲覧。
  7. ^ Träger der Robert Koch Medaille in Gold seit 1960” (ドイツ語). Robert-Koch-Stiftung e.V.. 2009年11月7日閲覧。
  8. ^ 平成20年度日本リウマチ財団医学賞授賞式」 (pdf) 、『日本リウマチ財団ニュース』第88号2008年5月、 p.p.1-5、2009年11月23日閲覧。
  9. ^ 日本人初のクラフォード賞を受賞:大阪大学大学院教授の岸本忠三さんと平野俊夫さんに吹田市長賞 (PDF) 」 、『市報すいた』平成21年7月15日号、吹田市、2009年7月、 p6、2009年12月2日閲覧。
  10. ^ 2011年(第27回)日本国際賞受賞者決まる”. 国際科学技術財団. 2011年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]