今村荒男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

今村 荒男(いまむら あらお、1887年10月13日 - 1967年6月13日)は、内科学者。元大阪大学総長。奈良県安堵町生まれ。

大阪府から奈良県独立・再設置に導いた民権運動家であった今村勤三の次男。勤三の長男は大正-昭和時代前期の銀行家・今村幸男、三男は大日本紡績(現ユニチカ)常務取締役・相談役を務めた今村奇男。天誅組の立役者であった今村文吾は勤三の伯父にあたる。


生い立ち・実績[編集]

東京帝国大学卒業。東京帝国大学伝染病研究所を経て、1925年大阪帝国大学教授に就任。大阪帝国大学微生物病研究所長を務めた。日本で初めてBCGワクチンの人体接種を行い、結核予防と治療に尽力した。1951年日本学士院会員。1960年文化功労者


阪大総長時代[編集]

大阪大学第5代総長を務め、総長時代には法文学部(旧制)の新設に尽力し、医学・理学・工学の3学部で発足した同大学の総合大学としての礎を築いた[1]


今村賞[編集]

日本結核病学会では、学会賞として「今村賞」を設けている。これは、今村が日本の結核研究の草わけのひとりとして貢献し、大阪大学での結核研究の伝統を築いたことを記念して、優れた結核研究の成果を上げた研究者を顕彰するものである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大阪大学歴代総長余芳 大阪大学編』大阪大学出版会、2004、 ISBN 4872591798

外部リンク[編集]