真島利行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

真島 利行(まじま りこう、1874年11月13日 - 1962年8月19日)は、京都市生まれの有機化学者大阪帝国大学総長などを歴任。

来歴・人物[編集]

京都府中学を経て上京。共立学校など数校の進学予備校に学び第一高等中学校入学。のち、東京帝国大学理科大学卒業後、同大助手、1903年に助教授。1907年からドイツ、イギリスに留学し、後にノーベル化学賞を受賞したリヒャルト・ヴィルシュテッターらの下で研究を行う。

帰国後、1911年東北帝国大学理科大学教授に就き、1917年には漆の主成分ウルシオールの構造決定および合成に成功した。同1917年理化学研究所主任研究員を兼任。1926年に東北帝国大学理学部長となる。さらに1929年からは東京工業大学教授、1930年からは北海道帝国大学教授、1932年からは大阪帝国大学理学部教授・学部長を兼任。続く1933年からは大阪帝国大学の専任となり、1943年から同大総長に就任。1949年には文化勲章受章。

日本人女性として初めて化学者となった黒田チカも東北帝国大学理科大学時代に利行の指導を受けた。

資料[編集]