金森順次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金森 順次郎(かなもり じゅんじろう、1930年(昭和5年)3月7日 - 2012年(平成24年)11月13日)は、日本物理学者理学博士。第13代大阪大学総長、前財団法人国際高等研究所所長、大阪大学名誉教授財団法人国際高等研究所上級研究員、財団法人山田科学振興財団理事長を務めた。

家族関係[編集]

大阪市出身。近畿日本鉄道(近鉄)の実質的な創業者の一族に生まれたが、順次郎は嫡流でなかったこともあり、学界へと進んだ。

略歴[編集]

役職[編集]

  • 財団法人労働安全衛生研修所顧問
  • 財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団理事
  • 財団法人千里国際情報事業財団顧問
  • 財団法人山田科学振興財団理事長
  • 財団法人仁科記念財団評議員
  • 財団法人懐徳堂記念会理事
  • 財団法人湯川記念財団理事

栄典[編集]

学術賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金森順次郎氏死去(元大阪大学長) 時事通信 2012年11月19日閲覧