平野俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平野俊夫(2009年5月11日)

平野 俊夫(ひらの としお、1947年4月17日 - )は、日本生物学者大阪大学第17代総長。専門は、免疫学、腫瘍病理学。医学博士(大阪大学 1979年)[1]

人物[編集]

大阪府出身。大阪府立天王寺高等学校を卒業後、大阪大学医学部を卒業し、大阪大学医学部の第三内科に入局する。

1980年から1984年まで熊本大学助教授。1984年大阪大学細胞工学センター助教授。1989年から大阪大学教授となる[2]

来歴[編集]

  • 1947年4月17日 - 大阪府で生まれる。
  • 1966年3月 - 大阪府立天王寺高等学校卒業
  • 1972年3月 - 大阪大学医学部卒業
  • 1972年4月 - 大阪大学医学部副手
  • 1977年6月 - 大阪大学医学部附属病院医員
  • 1978年10月 - 大阪府立羽曳野病院勤務
  • 1979年1月 - 大阪大学より医学博士。「In vitro immune response of human peripheral lymphocytes : the mechanism(s) involved in T cell helper functions in the pokeweed mitogen-induced differentiation and proliferation of B cells(ヒトヘルパーT細胞の定量法の確立とその作用機作の解析)」より
  • 1980年5月 - 熊本大学医学部附属免疫医学研究施設助教授
  • 1984年1月 - 大阪大学細胞工学センター助教授
  • 1989年11月 - 大阪大学医学部附属バイオメディカル教育研究センター教授
  • 1997年10月 - 大阪大学医学部附属バイオメディカル教育研究センター長(1999年3月まで)大阪大学評議員(1999年10月まで)
  • 1999年4月 - 大阪大学大学院医学系研究科附属バイオメディカル教育研究センター教授 
  • 2001年4月 - 大阪大学大学院医学系研究科教授  
  • 2002年4月 - 大阪大学大学院生命機能研究科教授
  • 2003年4月 - 大阪大学評議員(2004年3月まで)
  • 2003年11月 - 大阪大学医学部附属動物実験施設長(2004年3月まで)
  • 2004年4月 - 大阪大学大学院生命機能研究科長(2006年3月まで)
  • 2005年4月 - 国立大学法人大阪大学経営協議会委員(2006年3月まで)
  • 2007年4月 - 国立大学法人大阪大学教育研究評議員(2008年3月まで)
  • 2008年4月 - 大阪大学大学院医学系研究科長・医学部長(2011年3月まで)[3]
  • 2010年4月 - 国立大学法人大阪大学経営協議会委員(2011年3月まで)
  • 2011年8月 - 国立大学法人大阪大学総長(第17代)就任。

受賞歴[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 氏名表記、氏名の読み、生年月日、専門分野は、『新訂 現代日本人名録 2002 3.そ~ひれ』、編集・発行 日外アソシエーツ株式会社、2002年1月28日、2010頁による
  2. ^ a b c d 教授略歴:平野俊夫 M.D. Ph.D.”. 大阪大学. 2009年12月2日閲覧。
  3. ^ 導入部記述の学位の種類・分野(医学博士)・取得大学・取得年、阪大卒業後の略歴は、「新部局長紹介」『阪大NOW』NO.103 2008年 4月号、編集・発行 大阪大学総務部評 価・広報課広報社会連携事務室、2008年4月20日、55頁による
  4. ^ ベルツ賞 第21回 - 30回の受賞論文”. 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社. 2009年12月2日閲覧。
  5. ^ 平成18年度「ノバルティス・リウマチ医学賞」 (PDF)”. 日本リウマチ財団 (2006年4月21日). 2009年12月2日閲覧。
  6. ^ Past Prizes” (英語). Novartis. 2009年12月2日閲覧。
  7. ^ 大阪科学賞歴代受賞者と受賞の業績”. 大阪科学技術センター. 2009年12月2日閲覧。
  8. ^ 持田記念学術賞受賞者一覧 (PDF)”. 持田記念医学薬学振興財団. 2009年12月2日閲覧。
  9. ^ ISI Citation Laureate Award, 1981-1998”. 大阪大学医学部. 2009年12月2日閲覧。
  10. ^ Prizes Awarded:Latest prize:The Crafoord Prize in Polyarthritis 2009” (英語). Royal Swedish Academy of Sciences. 2009年12月2日閲覧。
  11. ^ 日本人初のクラフォード賞を受賞:大阪大学大学院教授の岸本忠三さんと平野俊夫さんに吹田市長賞 (PDF) 」 、『市報すいた』平成21年7月15日号、吹田市、2009年7月、 p6、2009年12月2日閲覧。
  12. ^ 2011年(第27回)日本国際賞受賞者決まる”. 国際科学技術財団. 2011年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]