黒星紅白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒星紅白(くろぼし こうはく、1974年 - )は、日本イラストレーター神奈川県出身、福岡県在住。飯塚武史(いいづか たけし)名義でも活動している。

概要[編集]

小説表紙挿絵ゲームキャラクターデザインなどを手がけている。九州産業大学芸術学部中退。ラフから完成までイラストレーションは主にSAIで作成している。 ゲームソフトサモンナイトシリーズ』のキャラクターデザインや、小説『キノの旅』の挿絵を手がけた。

茶色灰色黄色系統のを好んで使用する。子供を描く際は、そのふくよかなが特徴的である。

なお、2007年以降の時雨沢恵一作品である『学園キノ』2巻、『キノの旅』11-12巻、『メグとセロン』1-3巻では、イラストを中心とした1ページ分のあとがきを毎回掲載している。『メグとセロン』1巻および2巻のあとがきではジャージマニアであることを告白し、3巻のあとがきでジャージのイラストを描いている。また、『キノの旅』17巻カバー折り返しの自己紹介では、ジャージだけでなく制服スクール水着も厚着も薄着も女子ならなんでも好きと告白し直した。

作品一覧[編集]

小説の表紙・挿絵[編集]

キャラクターデザイン[編集]

キャラクター原案[編集]

アイキャッチイラスト[編集]

エンドカード[編集]

イラストレーション[編集]

画集[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]